メニューを閉じる

活動報告/お知らせ/ブログ

<活動報告> ありがとうございました

1448日間、横浜市栄区・鎌倉・逗子・葉山の神奈川4区で多くの方にお話を伺い臨んだ12日間の選挙戦。約520ヶ所で立会演説を行い、たいへん多くの皆様から暖かいご声援や激励をいただきました。

<ブログ> この道を皆さんと共に進む~小選挙区一本勝負

いよいよ四年ぶりの総選挙です。今回も私は自民党籍を持つ、無所属の候補者です。一番で当選するしかありません。比例で復活することはありません。選挙の構図は四年前と変わりませんが、この間に世の中も私自身も大きく変わりました。浪人中に、隈なく地域を回り、たくさんの人の声を聞く機会を得ました。その貴重な声を必ずカタチにします。この四年間私の活動を物心両面で支えてくださった支援者・後援者の温かい激励が、私の大きな力となりました。

<活動報告> 「浅尾慶一郎さんを推薦したいと思います」東京大学名誉教授 養老孟司先生から応援メッセージ

これまで政治的にあえて無関心を装ってきた鎌倉在住の養老先生が、このままではいけないと推薦文を寄せてくださいました。

<活動報告> 「浅尾慶一郎さんに期待します!」~外交評論家の宮家邦彦さんからの応援メッセージ

外交評論家の宮家邦彦さんから応援メッセージをいただきました。

<活動報告> 「浅尾慶一郎君を応援します!」木谷高明ブシロード会長から応援メッセージ

何度でもチャンスのある社会を造るという浅尾慶一郎の理想を、実際に実現している株式会社ブシロード木谷高明会長からも応援のメッセージをいただきました。

<ブログ> 総選挙で目指すべきこと~今こそ、政治を動かす時

いよいよ政治の季節です。第100代内閣総理大臣として岸田文雄氏が就任しました。これから総選挙です。来月中には行われます。今回は、政治への関心の高さを感じます。きっと、コロナ禍による影響でしょう。

<ブログ> 危機に際して問われるリーダーの覚悟

どうやら、政界と有権者との間には深い溝があるようです。危機は人々の身近に迫っていますが、政界の反応は鈍いままです。

<活動報告> 『夜回り先生』として有名な水谷修先生から応援メッセージが届きました

浅尾慶一郎君を推薦いたします
夜回り先生 水谷 修
私は、今から31年前に夜の世界に入りました。

<ブログ> 政治家として、これだけはやりたい!

いま、もう一度、声を大にして訴えたいことがあります。それは、この日本を、チャンスにあふれた国に変えることです。人生のなかで、たとえ一度や二度失敗しても、挫折しても、何度でもチャレンジでき、チャンスをつかむことのできる希望にあふれる国です。閉塞感に満ちているいま、日本に最も必要なものは何か? それは希望です。チャンスです。明るい未来です。私は政治家として、この酸欠の日本に、吸いきれないほどの酸素を提供したいと考えています。

<活動報告> 山本一太知事(前自民党参議院議員)から応援メッセージが届きました

浅尾慶一郎に大いに期待する!
「慶ちゃん」こと浅尾慶一郎との長い付き合い
慶ちゃんとは、1998年に参議院議員に慶ちゃんが初当選してからの長い付き合いだ。これまで何本もの論文も共に書いてきた。中でも『文藝春秋』(1999年8月号)の特集記事となった『北朝鮮兵器 日本企業リスト』は共著の中でも印象深い。我々の提案が、のちに外為法改正(2004年改正)につながり、現在の北朝鮮への送金停止の根拠法となっている。

<活動報告> 「ビィズココデシカ」にて講演させて頂きました

「ビィズココデシカ」にて講演させて頂きました
講演タイトルは「コロナ後の日本、コロナ後の世界」となります

<ブログ> 任せられる政治家

What a Wonderful World
先月、緊急事態宣言が解除された後ルイ・アームストロングの名曲、“What a Wonderful World”の演奏を生で聞く機会がありました。演奏を聴きながら、一つのことに気が付きました。いま政治家に求められることはただ一つ、如何に元の「素晴らしき世界」を取り戻すか、だと。音楽家の方々もなかなか演奏活動が出来いと嘆いていました。コロナ禍前の、当たり前の世界を取り戻すこと。それがやはり一番大切なことなのです。

<活動報告> 長い付き合いのある漫画家の弘兼憲史先生から応援のメッセージをいただきました

浅尾慶一郎さんに期待しています!!!
この人なら日本の政治をリードしてもらえる!
浅尾慶一郎さんとの出会いは今から25年以上前になります。小選挙区制度導入後、当時の新進党が日本で初めて衆議院候補者の公募を行いました。その審査委員として、浅尾さんに合格の決定を下したのが私でした。

<お知らせ> 2021/06/25 パネルディスカッション「逗子・葉山の魅力を高める」を開催します

地元在住のキーパーソンによるパネルディスカッション。
逗子・葉山が大好きなあなたがこれからの地元を一緒に考える機会です。

<ブログ> 地球温暖化防止に関する大いなる技術革新

世界的に高まる温暖化防止の機運
毎月地域のボランティアの皆さまに配布させて頂く本活動レポート。
表の原稿の文責は、もちろん私自身にあります。

<ブログ> ワクチン接種における課題

鎌倉市議選
今年は必ず衆議院選挙が行われる年ですが、私の地元の鎌倉市では、先月、市議会議員選挙が行われました。コロナ禍での選挙戦で、私自身多くの初めての経験を致しました。マスクをしながら演説をした結果、マスクの紐の跡が着いた日焼けはご愛嬌ですが、集会等がなかなか出来にくく選挙のやり方が少し変わった感じがしました。ようやくワクチンの接種が始まりますが、秋までに行われる衆議院議員選挙の際も、選挙戦中のマスクは引き続き必需品でしょう。

<活動報告> 河野大臣との会議模様

連休前の最終日の昨日は、スタンフォードビジネススクールの同級生で株式会社ファーストスター・ヘルスケア代表取締役の西川久仁子さんが、問題意識を持って開発しているコロナワクチンの副反応をトラッキングするシステムの説明に河野大臣、そして河野大臣の提案で平井大臣に説明に伺いました。

<活動報告> 公職選挙法の関係でお礼のご挨拶は出来ません

公職選挙法の関係でお礼のご挨拶は出来ませんが、鎌倉市議会議員選挙で私と政治活動を共にする応援4候補、久坂 くにえさん、中村 そう一郎さん、いでた正道さん、ごとうごろうさんが全員当選致しました。

<ブログ> 官僚接待がもたらす新しい官僚制度

「総務省接待問題」中心の国会審議
2月、3月といえば国会は翌年度予算の審議の季節です。しかし今年の衆参の予算委員会は、予算審議よりも総務省接待問題一色に染まっているようです。官民接待の問題は、1990年代の大蔵省接待汚職事件を契機としてルールの厳格化が行われました。問題になっている接待は、このときに定められたルールに背くもので、罪は重いといわざるを得ません。しかし、それにしては国民の怒りは、かつての大蔵省接待スキャンダルの時ほどではないように思われるのはなぜなのでしょうか。

<活動報告> 支援者の方からいただいた昔の名刺

先日の新聞記事に続いて、昔の名刺を保管している有難い支援者の方がいらっしゃいました。有難うございます。初心忘れずに頑張ります。(1995年の写真です。)

<活動報告> 支援者の方からいただいた新聞記事

先日の街宣活動中に支援者の方からいただいた新聞記事です。初心を忘れないよう心掛けるとともに、これをずっと保管いただいていたお気持ちを思うと、より活動に力が入ります。本日も頑張ります。

<活動報告> 交通管制当局に掛け合い信号機を音が出る状態にしてもらいました

視覚障害のある方は街中の色々なところに不安を感じています。実は多くの信号機は音響式信号機としての機能が止められて、音が出ない状態になっています。視覚障害のある方々には大変危険な状態で、周りの音(車や足音)を頼りに渡っている状態です。

<活動報告> 「何故自民党に入党したのか?その②」をYouTubeにアップしました

「何故自民党に入党したのか?その②」をYouTubeにアップしました。
是非チャンネル登録よろしくお願いします。

<ブログ> 今年行われる選挙に有権者が求めることを探って

衆議院選挙はいつか?
今年は、必ず衆議院の総選挙が行われます。衆議院の任期4年は本年10月で終わります。つまり選挙は遅くとも10月までに行わなければなりません。その前に解散はあるのか。それは「神のみぞ知る」でしょうが、選挙は神頼みでは通りませんので予想をしてみたいのですが、それにはいくつかの前提があります。

<お知らせ> 【アフターコロナに向けた新たな可能性を探る】についてオンラインサロンを開催

2月25日(木) 20時30分~22時まで、オンライン会議『ZOOM』にて、湯澤大地氏と【アフターコロナに向けた新たな可能性を探る】についてオンラインサロンを開催致します。是非お申込みください。

<活動報告> 葉山の阿部倉山に登って蝋梅を植樹しました

今日は、葉山の阿部倉山に登って蝋梅を植樹しました。阿部倉山保存会の皆さまの山の手入れに敬服し、また55周年で植樹活動をしております逗子・葉山ライオンズクラブの皆さまに感謝です。
植樹した所から見る富士山と江ノ島は絶景でした。

<活動報告> 玉縄台のエリアで街頭演説を行いました

天皇陛下の誕生日!国民の祝日に私の地元で母校「栄光学園」のあります、玉縄台のエリアで街頭演説を行いました。

<活動報告> TV会議「コロナ時代を考える」を行いました

12月に葉山で行ったTV会議(ZOOM)を使っての地域の皆様とのミニ集会をYouTubeにアップしました。大変寒い屋外での撮影ではありましたが、「コロナ時代を考える」として様々な皆様からの質問に私がお答えする面白い機会でした。

<ブログ> 経済再生の起死回生策

日銀保有株活用
新年号の活動レポートでは、日銀が保有するETF(上場投資信託)を活用して、すべての国民に現下の株高の恩恵を行き渡らせる案を提示しました。二度目の緊急事態宣言下、経済の再生と感染抑止の二兎を追う戦略から、政府は当面、感染抑止に力点を移す方向へと舵を切り直しました。

<活動報告> YouTube動画「あさおチャンネル」で、新しく日々のニュース、出来事について私の考えをお伝えすることにしました

緊急事態宣言の中、なかなか皆さんとお会いする機会、集まっていただく機会が持てない状況にあります。そこでYouTubeを活用することにしました。 YouTube動画「あさおチャンネル」で、新しく日々のニュース、出来事について私の考えをお伝えします。

<活動報告> 選挙区内各所での街頭活動開始

冷たい雨でしたが、私は街にて辻立ちを始めることにいたしました。コロナ感染拡大でお会いできないのであれば、私から街の各所へ立って自分の政策をお伝えします。もし、お近くでマイクの声が聞こえましたら、窓を少し開けて耳を傾けて頂けましたら幸いです。

<活動報告> ワクチンの種類について解説します

先日、コロナワクチンについて投稿した所、いくつかの質問を頂きました。そこで、同級生に聞いて調べてもらった結果を以下にアップします。
感染症学会からの情報です。
全部で5種類のワクチンが現在開発されているようです。

<活動報告> 4日の仕事始めは腰越漁協から

新年は1月1日から各所の神社へご挨拶して回りました。4日平日仕事始めにあたる今朝は先ず腰越こ港から。残念ながら今年は恒例の船祝(みかん撒き)はありません。でも腰越の福娘の皆さんが、みかん撒き無いのを知らずに来られる方々へ飴を用意して待ってくれていました。私も一緒に新年のご挨拶いたしました。

<ブログ> 謹賀新年

コロナ後を見据えて
明けましておめでとうございます。大変な一年が終わり新年を迎えました。一年前、コロナがこれほど世界中に蔓延し、世の中を一変させると誰が予想できたでしょうか。今年こそ良い年にしたいと思います。まずはコロナ前の活気を取り戻すことです。もちろん100%元通りになることはありません。コロナをきっかけに始まったリモートワークもすぐにはなくならないでしょうし、リモートを活用する業種もあります。また海外旅行のダメージもしばらくは続くと考えられます。

<活動報告> 新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。
本年は、コロナ対策も含め、私にとっても勝負の年となります。今年もよろしくお願い申し上げます。

<活動報告> 年末のご挨拶

今年は、大変な年でした。来年は、良い年になる様にと願い、また、日頃の罪を払うべく葉山森戸神社の大祓のお祭りに参列致しました。
皆さまにとりまして来年が良い年になりますように祈念致します。

<活動報告> 地域の皆さまへお会いする3万軒訪問活動

3万軒の個別訪問を目指して、本日も一軒一軒のお宅を回りました。

<活動報告> 鎌倉・逗子・葉山・栄区の時代を皆さんとの会合

先週末の夜、鎌倉・逗子・葉山・栄区で時代を担う皆さんとの会。

<活動報告> タウンミーティング TV会議 (ZOOM)

今晩は新しい試みでタウンミーティングをTV会議(ZOOM)で開催しました。

<活動報告> 鎌倉市玉縄地域グランドゴルフ大会にてご挨拶

今日の朝のスタートは地元植木小学校での玉縄地域グランドゴルフ大会にて皆さんにご挨拶、コロナ禍の中感染拡大防止対策をしつつ、皆さんが楽しんで参加出来るようにと、運営されている方々に頭が下がります。

<ブログ> 大学に登校することの重要性

世界的なコロナ第三波
残念ながらコロナの感染者が全国的に増えています。再流行は世界的な現象ですから、寒くなって乾燥したことが原因なのでしょう。先日参加したテレビ会議でもWHO(世界保険機構)を兼務する大使が、「スイスのジュネーブでも今年の秋から感染者が増加しているが、その要因の一つに今年は割と早く涼しくなったことと秋以降乾燥していることが挙げられる」と述べておられました。

<活動報告> 横浜市栄区鍛冶ヶ谷町内会バスツアーお見送り、逗子葉山ソロプチミストバザーに参加

今朝は鍛冶ヶ谷町内会バスツアーのお見送りから活動開始。人と人のスペースを充分に保った座席配置や、ゴートゥートラベルを利用された価格設定等々、「今年は何も出来なかったからね」とここまで尽力された町内会関係者の皆様には頭が下がります。

<活動報告> 葉山の特別養護老人の施設である清寿苑を訪問

今朝は、大船駅モノレール口にて駅頭の後、葉山清寿苑を訪問し、社会福祉法人百鴎吉田理事長、守谷勝葉山清寿苑施設長、加藤逗子清寿苑施設長にコロナ禍の中の特別養護老人ホームの実情について伺いました。隣に、新たに出来た保育園とも連携し、0才から100才までを相手にする施設だと、嬉しい話しも伺いました。

<活動報告> 鎌倉小町の水彩画教室を主宰する矢野さんを訪問

今週末のタウンニュースでも取り上げられる予定の「YANO CARD」。地元鎌倉の風景や生物を題材に学びながら遊べるカードゲームとして考案した水彩画教室を主宰する矢野さんを訪問しました。

<ブログ> 2050年二酸化炭素排出ゼロ実現に人工光合成を!

自転車での地元活動
まだまだコロナの影響は続いています。しかし、そんななかでも販売を伸ばした業界があります。自転車です。誰もが密になることを避けたいのですね。地球温暖化防止の観点からも説明できるかもしれません。

<活動報告> 第3回大船ハロウィンウォーク2020に参加しました

本日は第3回大船ハロウィンウォーク2020にシャアの衣装で参加しました。

<活動報告> 個別訪問中に小学生の皆さんへサイン

千里の道も一歩からの戸別訪問3万軒作戦を展開中に私を目にした小学生からサインして下さいと声をかけられました。多くの小学生にサインをしました。「有難うございました」と大変礼儀正しいお子さん達でした。こちらこそ、元気を頂き有難うございました。

<活動報告> 個別訪問3万軒作戦を展開中です

田中角栄元総理は、「戸別訪問三万軒、辻説法五万回」を選挙勝利の法則として説いた。その例に習って、「千里の道も一歩からの戸別訪問三万軒作戦」を展開中ですが、今日は午前から月がみえるまで、地域を200軒以上回りました。

<活動報告> 逗子独立記念70周年記念イベントに参加しました

今日は、逗子独立記念70周年記念イベントに参加しました。戦争中横須賀市に合併させられた逗子町が、昭和25年7月1日様々な方の運動と住民投票、そして神奈川県議会の議決を経て独立を果たしたのです。

<活動報告> 視覚障害者の方と盲導犬の受入れ啓発活動をしています

昨日は、夕方、鎌倉駅周辺を盲導犬に関わる啓蒙活動を行いました。視覚障害者の方が盲導犬と共に飲食店に入店出来ることは、法的に飲食店側に入店許可が義務付けられていますが、そのことがあまり世間的に認知されていません。そこで、視覚障害者の方、盲導犬と共に、飲食店を中心に回りましたら。
極一部心ない声もありましたが、多くのお店は既に快く受け入れて頂き感謝申し上げます。

<活動報告> 鎌倉市深沢地区の芋堀り会に参加

今朝は深沢地区の芋掘り会に参加させて頂きました。地元の方々とお話しながら今まで見たことないような大きなサツマイモを収穫。記念に1枚。私自身は次の用事で一足先に失礼しましたが、多くの方々が次から次へと徒歩で現地に集まって来られているのが印象的でした。このような地域の集まりも大事にして参ります。

<ブログ> デジタル行政に最も相応しい歳入庁

ウインウインの政策
いまこそ歳入庁の設置が必要です。かねてから私が主張してきた歳入庁が生まれる条件が整いつつあります。徴収漏れの膨大な保険料をなくし、保険料を収める事業者の手間を省くことができる歳入庁は、菅新政権が謳う行政のデジタル化と相性抜群です。一気にデジタル歳入庁を設置し、国民の利便性、なかでも法人の給与処理の簡素化などを進め、企業の負担を軽減してゆくべきです。

<活動報告> 鎌倉市梶原の御霊神社の例大祭に参列

昨日の連休初日は地元各所で支援者の皆様と会合、その合間に鎌倉梶原の由緒ある御霊神社の例大祭に参列させて頂き、厳粛な気持ちになりました。

<活動報告> 毎日新聞 政治プレミアに提言をしました

「政治への信頼回復のために、政党交付金は返還を」
投稿しました。是非、ご覧下さい。

<活動報告> 小学生の疑問にあさお慶一郎が答えるYouTubeサイトのご紹介

昨日から私のYouTubeサイトで新しい動画シリーズを始めました。
小学生のお嬢さんからの素朴な質問に私なりに正面からお答えしています。皆さんはこの質問にどうこたえますか?

<ブログ> 新政権に望まれる政策

やはりコロナ対策
安倍総理が退陣を表明されました。新政権には課題が山積です。まず取り組むべき課題は何でしょうか。やはりコロナ対策です。8月末に行われた共同通信緊急世論調査は興味深い内容でした。2つまで回答可能な「政権の取り組むべき課題」という質問に対し、一位は新型コロナ対策で74ポイント、 二位は景気・雇用で33ポイント と第三位以下の財政再建20ポイント、 年金・医療・介護18ポイントを大きく引き離しました。

<活動報告> グレン・S・フクシマさん(米国先端政策研究所上級研究員)を迎えての勉強会

8月24日、元在日米国商工会議所会頭でもあったグレン・S・フクシマさんを迎えての勉強会を開催しました。
浅尾さんとは古い付き合いで、今日こうして勉強会に呼んでいただきました。
彼は若い時からワシントンでアメリカの上下院議員やシンクタンクとも流暢な英語で堂々と議論していました。こうした人はなかなかいません。

<ブログ> 潔く、政党交付金は返還を!

解散の憶測と共に浮き上がる新党構想
再び選挙の季節です。秋にも衆議院の解散との観測が流れています。新型肺炎対策が急務な折、そんなことを言えば「選挙に浮かれている場合か」とお叱りをいただきそうです。

<活動報告> 山ノ内八雲神社の神事に参加

午前中は北鎌倉・山ノ内八雲神社の神事にうかがいました。ここ何十年と雨の降ったことのない例大祭、今日も気持ちよい快晴となりました。また古くから疫病退散を祈願する神事でもありますので、コロナもすっきり退散するよう願っています。

<活動報告> 勉強会開催「コロナウィルス国内初の治験について」

今朝はかねてから親交のある大阪大学森下竜一教授をお招きして、神奈川県の企業経営者の方々の勉強会を開催いたしました。コロナウィルスのワクチン開発で国内初の治験をつい一昨日6月30日から始めたばかりの森下先生のお話は大変に興味深いものでした。

<ブログ> 災い転じて福となす!

新たなキャッチフレーズ
キャッチフレーズを変えました。『所得を、増やそう。』から『再起!ここから一緒に。』へと。緊急事態宣言は解除されましたが、引き続き感染者数が増加し、警戒を要する地域もあります。

<地域活動> 本郷ふじやま公園運営委員会公園愛護会(横浜市栄区)

「みどりの愛護」功労者国土交通大臣表彰受賞
本郷ふじやま公園愛護会は今年5月に国土交通大臣賞を受賞されました。「愛護会をはじめ、ふじやま公園を支えているのは、古民家歴史部会、里山部会、工作棟部会、農芸部会、クリーンアップ部会、広報部会等のそれぞれ団体で活躍される130名を超えるボランティアの皆さんです。」と話される愛護会の狩野事務局長。

<地域活動> 茅の輪(ちのわ)くぐり

全国各地の神社では6月と12月の年2回、半年間の罪や穢け がれを祓う為に大おおばらいしき祓式がおこなわれます。その中で行われる茅ち の輪わくぐりとは、茅か やで編んだ直径数メートルの輪を作り、これをくぐることで心身を清めて災厄を祓い、無病息災を祈願するというもので、1200年ほど前の平安時代から続く神事です。

<活動報告> あさお慶一郎ミニ対談:渡部 恒雄氏

今回は、笹川平和財団 上席研究員でいらっしゃる 渡部 恒雄氏 をお招きして『ジョージ・フロイド氏事件と大統領選挙』と題して開催致します。
さて、米国は5月の最終月曜日は「戦没者追悼記念日」で、夏の始まりとされます。
今年は各州の経済活動再開とも重なり、外出する人が増えました。加えて、この日には、ミネソタ州ミネアポリスで白人警官が黒人男性(ジョージ・フロイド氏46歳)の首を圧迫して死亡させる事件が発生しました。その直後から全米50州で抗議デモが広がりました。

<ブログ> アフターコロナで目標にすべきこと

出口戦略に必要なこと!
緊急事態宣言が解除されました。もちろん、第二波、第三波の感染拡大を警戒しなくてはならず、直ちに元通りになる訳ではありません。しかし、そろそろ私たちも出口に向けて動き出さなければなりません。その場合に何が必要なのか、真剣に考える時期が来ています。5月号の活動レポートにも記しましたが、まずは、「コロナ以前の日本の社会を取戻す」ことです。いえ、できれば「災い転じて福となす」何かを生み出したいものです。

<お知らせ> あさお慶一郎の新しいキャッチフレーズが「再起!ここから一緒に。」になりました。

今年の春からのコロナウィルス感染拡大を受けて、多くの方々が厳しい状況に直面しています。浅尾慶一郎はここから「コロナ以前の日本の社会を取戻す」、更には「災い転じて福となす」べく皆さんと一緒に立ち上がって行きたいと考えています。

<活動報告> 各種補助金・助成金(事業者対象)の説明会を開催

5月27日(水)浅尾事務所は「制度の応募方法が判りにくい」、「用意すべき書類が判らない」などの地元の事業者の皆様からの声にお応えすべく、コロナウィルス感染拡大下の各種補助金・助成金の無料の説明会を開催しました。会場の横浜市栄区の信光社様の会議室は参加者間の仕切り、マスク、フェイスガードと感染対策もしっかり実施。

<ブログ> コロナ後の世界を元の世界に戻すために!

コロナウィルス対策の政策目標
新型コロナウィルス対策で、喫緊の課題とは何でしょうか?日本はどんな未来を目指すべきでしょうか?一言で言えば、「コロナ後に元の日本社会を取り戻す」ことです。いつでも、全国あるいは世界中どこでも会いたい人に会いに行けて交流が出来る社会です。一刻も早くそんな環境を取り戻さなければなりません。

<活動報告> 月刊誌「正論」6月号に浅尾が寄稿しました。

月刊誌「正論」(編集:産経新聞社)に「韓国・北朝鮮から日本海の主権を取り戻せ」との浅尾慶一郎の原稿が掲載されています。

<ブログ> 新型コロナ問題〜取るべき政策

治療薬・予防薬開発の見通しを示すこと
新型コロナウィルスが世界に拡散され、世界経済も第二次大戦後、最大の危機に直面しています。治療薬のないこの感染症に対し、最初に取り組むべきことは何でしょうか。やはり予防薬、治療薬の開発の見通しを立てることです。そのために国が必要な資源を最大限に投入することが求められます。では、現状はどうなっているのでしょうか。3月上旬、旧友で現在新型コロナウィルス予防ワクチンの開発に取り組んでい大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学教授の森下竜一氏に話を聞きました。

<活動報告> 地元事業者の皆様へのアンケートを実施しています

新型コロナウィルスによって影響を受ける事業者の皆様の声を伺っています。地元各地で貴重なご意見や状況を現場で直接伺い、アンケートとして纏めています。この声を無駄にすることのないよう、この状況下において真摯にやるべきことに取り組んで参ります。

<活動報告> あさお慶一郎ミニ対談:豊澤 富助氏

今回は、人形浄瑠璃文楽座・三味線、重要無形文化財保持者(団体)五代 豊澤 富助氏 をお招きして『伝統芸能においての伝承の失敗例』と題して開催致します。
さて、戦後我が国の伝統文化が急速に衰退して来ました。
そこで1950年5月30日に文化財保護法を制定し自国の文化を保護する事となり、1966年7月国立劇場法により特殊法人国立劇場が設立され、同年11月1日に国立劇場が開場しました。

<ブログ> 地域課題解決の具体策

地域課題のアンケートを実施
神奈川4区(横浜市栄区、鎌倉市、逗子市、葉山町)は昭和30年代の後半から50年代にかけて開発された住宅地を多く含む地域です。同じ時期に開発されたので、共通の課題もあろうと思い一月下旬に地域課題についてのアンケートを実施しました。その後、課題の解決策を含めた結果報告会を開催致しました。詳細は以下の通り。今後他の地域でも地域の声を拾うアンケートと対話型の結果報告会を通じて、地域〜国政の課題解決の実現に向けて尽力して参りたいと思います。

<お知らせ> 浅尾慶一郎 早春の集い中止の御連絡

浅尾慶一郎と皆様との懇親の機会である今年のの早春の集いは開催を延期とさせていただくこととしました。

<活動報告> あさお慶一郎ミニ対談:柳井俊二氏

今回は外交官・外務事務次官・駐米大使でありました柳井俊二氏に『海洋紛争の解決における国際海洋法裁判所の貢献』と題して講演頂きます。
さて、柳井元大使は省内では、国際法・判断力・語学力に定評があり、PKO協力法設立に道筋を付けました。
駐米大使在住中、アメリカ同時多発テロ事件の直後の2001年9月アーミテージ国務副長官との非公式会談にて、ショー・ザ・フラッグと伝えられた事は記憶に新しい。

<活動報告> 畑に親しむ会の皆さんと地産地消イベントを行いました。

今日午前中は地域の皆さんで構成する畑に親しむ会のさんと育てたジャガイモ等をいただく「地産地消イベント」を行いました。沢山の家族連れや、地域の皆さんと共に土に触れながら話しをして、私もパワーをいただきました!

<ブログ> 情報が世界をかけめぐる時代 -地域の活動を世界に!-

ヒト・モノ・カネ・情報の移動と大統領選挙
世界が最も注目する話題といえば、もちろん米国大統領選挙です。それは、米国が世界最大の経済大国であるからだけではありません。グローバル化の進展で、ヒト・モノ・カネそして情報が国境を超えて移動する社会が実現し、米国の影響も瞬時に世界を揺るがすからです。

<活動報告> あさお慶一郎ミニ対談:坂野正崇氏

今回は日本の建築家、音楽家、宮大工とユニークなキャリアを持つ 坂野正崇氏に『建築に込めた寛容な精神』と題して講演頂きます。
先生は日本の建築家(1973年札幌市生まれ)、音楽家(サクソフォーン奏者)、宮大工としての経歴も持つ若手のホープであります。

<活動報告> 逗子・葉山の魅力を高める」パネルディスカッションが大盛況

1月17日(金)「逗子・葉山の魅力を高める」と題して、逗子・葉山の事業者の皆さんの後援会主催でパネルディスカッション形式の勉強会を開催しました。

<活動報告> パネルディスカッション:「逗子・葉山地域をさらに活性化し、地域の魅力を引き出す」

逗子葉山あさくる会1月研修会 (2020/1/17(金) 逗子市商工会館3階ホール)
今回は「逗子・葉山地域をさらに活性化し、地域の魅力を引き出す」をテーマにパネルディスカッションを行いました。

<お知らせ> 恒例!新春バスツアー「成田山初詣バスツアー」今年は柴又帝釈天とのダブル詣!

日時:2020年1月30日(木) AM7:30-帰りPM6:30頃(予定)
お申し込み締め切り:1月20日(月)または定員(80名)になり次第締切り

<お知らせ> あさお慶一郎を囲む「早春の集い」御案内第1弾

毎年恒例の「あさお慶一郎を囲む陽春の集い」を神奈川4区の各地で開催します。その第1弾として2月,3月中に開催します早春の集いをご案内します。あさお慶一郎と気軽にお話しいただける機会です。是非、お越しください(横浜栄区、葉山については来月号にてご案内)。

<活動報告> 小坪漁港開き 腰越漁港開きでみかん撒き

お正月4日は腰越漁港で恒例の開き、一昨日の逗子に続いて皆様の無病息災、漁協の皆様の無事故を願いながらミカン、お菓子を御配りしました。

<ブログ> 謹賀新年

明けましておめでとうございます。今年は東京オリンピックが開催される年になりますが、皆さまにとっても良い年になるように心より祈念致します。政治の世界では、今年も多くのことがおきそうです。国際的には、米国の大統領選挙が注目されます。トランプ大統領が二期目の当選をするのか、様々な報道がされるでしょう。そして、選挙を横目に、トランプ大統領も米国の株価を見ながら中国との貿易交渉をしたとう説も流れています。すべての政策はそれぞれの選挙を有利に働かせる為にあると言う不名誉な話も出ています。

<活動報告> 新年あけましておめでとうございます。

新年明けましておめでとうございます。歳末は横浜市栄区、鎌倉、逗子、葉山 各所で歳末警戒中の消防団の皆様へご挨拶して回りました。本当にご苦労様、と頭が下がりました。

<活動報告> あさお慶一郎ミニ対談:富坂聰氏

今回は拓殖大学海外事情研究所教授・ジャーナリスト 富坂聰氏をお招きして『緩やかな〝脱米〟に向かう中国』と題して開催致します。
先日の香港区議会議員選挙は、民主派の圧勝で終わりました。そのような状況の中での中国問題ですが、長期に亘り報復関税をかけあった米中貿易戦争にも緩和の空気が広がりつつあります。

<活動報告> 湘南リーグの決勝戦と閉会式を行いました。

私が会長を務めさせていただいている、湘南リーグ、5月に開幕を迎え、今日、決勝戦と閉会式を行いました。大変白熱した試合を終え、表彰式やインタビュー、閉会式の締めくくりでは、協賛をいただいている『鎌倉ビール醸造株式会社』様より特別なサイダーを提供いただいて恒例の、サイダーかけをし、子供達の満面の笑みを見る事が出来ました。

<ブログ> 一人ひとりにとっての『所得を、増やそう。』のメリット

「所得を増やそう」への質問
新しいキャッチフレーズ「所得を増やそう!」の浸透と共に、多くの方から二つの質問を頂くことが相当増えました。
(1) 年金所得者に何のメリットがあるの?
(2) 簡単にいうけど、どうやって増やすの?

<お知らせ> 働き盛り世代の会:ザ・チャレンジ 忘年会のご案内

働き盛り世代の皆さんによる浅尾慶一郎の支援組織であるザ・チャレンジが12月27日(金)大船ハニービーにて忘年会を開催。

<活動報告> あさお慶一郎ミニ対談:新保祐司氏

今回は文芸批評家、都留文科大学副学長・理事 新保祐司氏をお招きして『内村鑑三の「成功の秘訣」』と題して開催致します。
先生は、文久生まれの思想家 内村鑑三に造詣が深く、文芸評論家として高名な方です。
有名な星野リゾートの社長、星野佳路氏の祖父は、中軽井沢の星野温泉の三代目星野嘉助です。この星野温泉を夏の定宿にしていた内村鑑三は、大正十五年七月二十八日、当時「若主人」であった嘉助に「成功の秘訣」十か条を書いて与えました。これを、嘉助は一生涯、家憲としました。

<活動報告> 宮家邦彦氏を迎えての女性の集い記念総会を開催。

11月18日 あさお慶一郎を支援の女性の集いによる記念総会が逗子文化プラザなぎさホールにて開催されました。桐ケ谷逗子市長からの応援演説につづいて、記念講演として外交評論家の宮家邦彦をお迎えしました。各テレビ局のコメンテーターとしてお馴染みの宮家邦彦氏、アメリカ・中国をはじめとして世界各国の情勢について詳しく、面白く、そして相当に突っ込んだお話をしていただきました。

<活動報告> 「所得を増やそう」街頭イベントを実施しました。

「所得を増やそうって、実際にどうやるの?」というご意見をよく伺います。浅尾慶一郎がどのように実現しようとしているかをお伝えする為に一風変わった街頭活動を開始しました。

<ブログ> 災害に強い街創りの財源に 無利子・相続税非課税国債

列島を襲う台風の被害は、もはや想像を絶する規模になっています。私の地元、神奈川4区(横浜市栄区・鎌倉市・逗子市・葉山町)でも、多くの被害を受けています。強風、そしてゲリラ豪雨による浸水被害が各地で猛威を振るっています。
台風ばかりではありません。地震も、いつまた来るか分かりません。行政にとり「災害に強い街創り」が急務になっています。

<お知らせ> あさお祭り in 大船 開催のご案内

このたび「あさお秋まつり in 大船」を開催することとなりました。この秋祭りでは岩手県大船渡産サンマの炭火焼や大船長寿村さんの韓国風焼肉、213シェフ監修の特製ナポリタン、綿あめに似顔絵コーナーなどお越しいただいた皆様に楽しんでいただける趣向が用意されています。ご家族、ご友人をお誘いいただき、ご参加下さい。

<活動報告> あさお慶一郎ミニ対談:伊藤 さゆり氏

今回は、株式会社ニッセイ基礎研究所 経済研究部 研究理事 伊藤さゆり氏をお招きして『ブレグジットの行方』と題して開催致します。
ここ10年、西側諸国でポピュリスト傾向が強い指導者が台頭し、イタリア・ブラジル・ハンガリーそして英国のジョンソン首相が誕生しました。
合意なき離脱の可能性が高まり、10月末に国境や税関などで大渋滞・大混乱がおき英国経済に大きな痛手となり欧州経済・世界経済にも悪影響が出てくると思われます。

<活動報告> 大船でのハロウィンウォークに参加しました。

本日は第2回大船ハロウィンウォーク2019にて、ディズニー映画トイストーリーのウッディの仮装で参加しました。大勢のお子様・家族連れと一緒に、大船商店街をまわりました。

<活動報告> 地元各地のイベントに参加しました。

今日は朝から、選挙区内各地のイベントに参加しました。台風の被害も未だ残り、固定電話が不通で困っていられるご商売の方もいらっしゃいました。

<お知らせ> ミニ集会開催のお願い

あさお慶一郎は地元各所でミニ集会を開催しています。参加人数は2,3人から20人ほどまで様々です。

<ブログ> 消費税増税とキャッシュレス消費者還元

今月から消費税が10%になりました。同時にクレジットカード、デビットカード、電子マネー、QRコードなどの電子的な決済手段を用いて中小事業者で支払いする場合に5%還元、中小のフランチャイズ加盟事業者におけるお買い物については2%を消費者に還元する制度も始まりました。
盛んにメディアで報じられておりますが、読者の皆様にとっての感想は如何でしょうか?

<活動報告> 台風15号で被災した鎌倉市玉縄への臨時バス運行

鎌倉市玉縄の皆さまには、倒木の関係で台風が去った後も栄光坂が通行止めとなり、ご不便をおかけしています。神奈中バスさんと鎌倉市の協議の結果、9月下旬より臨時のピストン輸送バスを運行して頂ける運びとなりました。