メニューを閉じる

メッセージ

いま「所得を、増やそう。」に込めた思い。

「所得を、増やそう。」とは、国力を高めること。

私の成しとげたい政策への新しいキャッチフレーズは、「所得を、増やそう。」です。

新しい「令和」という時代の始まりにずいぶんと大胆な提案をしたなと思われるかもしれません。

どうやって実現するのかと疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、いま、わが国の抱える課題を根本的に解決するためには、私の考える「所得倍増」計画こそ不可欠なのです。

活動報告/お知らせ

<活動報告> あさお慶一郎ミニ対談:豊澤 富助氏

今回は、人形浄瑠璃文楽座・三味線、重要無形文化財保持者(団体)五代 豊澤 富助氏 をお招きして『伝統芸能においての伝承の失敗例』と題して開催致します。
さて、戦後我が国の伝統文化が急速に衰退して来ました。
そこで1950年5月30日に文化財保護法を制定し自国の文化を保護する事となり、1966年7月国立劇場法により特殊法人国立劇場が設立され、同年11月1日に国立劇場が開場しました。

<活動報告> あさお慶一郎ミニ対談:柳井俊二氏

今回は外交官・外務事務次官・駐米大使でありました柳井俊二氏に『海洋紛争の解決における国際海洋法裁判所の貢献』と題して講演頂きます。
さて、柳井元大使は省内では、国際法・判断力・語学力に定評があり、PKO協力法設立に道筋を付けました。
駐米大使在住中、アメリカ同時多発テロ事件の直後の2001年9月アーミテージ国務副長官との非公式会談にて、ショー・ザ・フラッグと伝えられた事は記憶に新しい。

<活動報告> あさお慶一郎ミニ対談:坂野正崇氏

今回は日本の建築家、音楽家、宮大工とユニークなキャリアを持つ 坂野正崇氏に『建築に込めた寛容な精神』と題して講演頂きます。
先生は日本の建築家(1973年札幌市生まれ)、音楽家(サクソフォーン奏者)、宮大工としての経歴も持つ若手のホープであります。

ブログ

あさお慶一郎が、この時代の出来事に思うことや具体的な政策を語ります。

コロナ後の世界を元の世界に戻すために!

コロナウィルス対策の政策目標
新型コロナウィルス対策で、喫緊の課題とは何でしょうか?日本はどんな未来を目指すべきでしょうか?一言で言えば、「コロナ後に元の日本社会を取り戻す」ことです。いつでも、全国あるいは世界中どこでも会いたい人に会いに行けて交流が出来る社会です。一刻も早くそんな環境を取り戻さなければなりません。

新型コロナ問題〜取るべき政策

治療薬・予防薬開発の見通しを示すこと
新型コロナウィルスが世界に拡散され、世界経済も第二次大戦後、最大の危機に直面しています。治療薬のないこの感染症に対し、最初に取り組むべきことは何でしょうか。やはり予防薬、治療薬の開発の見通しを立てることです。そのために国が必要な資源を最大限に投入することが求められます。では、現状はどうなっているのでしょうか。3月上旬、旧友で現在新型コロナウィルス予防ワクチンの開発に取り組んでい大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学教授の森下竜一氏に話を聞きました。

地域課題解決の具体策

地域課題のアンケートを実施
神奈川4区(横浜市栄区、鎌倉市、逗子市、葉山町)は昭和30年代の後半から50年代にかけて開発された住宅地を多く含む地域です。同じ時期に開発されたので、共通の課題もあろうと思い一月下旬に地域課題についてのアンケートを実施しました。その後、課題の解決策を含めた結果報告会を開催致しました。詳細は以下の通り。今後他の地域でも地域の声を拾うアンケートと対話型の結果報告会を通じて、地域〜国政の課題解決の実現に向けて尽力して参りたいと思います。

プロフィール

浅尾慶一郎

(あさおけいいちろう)

昭和39年 2月11日生まれ。鎌倉市に妻、愛犬とともに暮らす。
少年時代を外交官であった父の赴任先であるアメリカ、カナダで過ごす。
帰国後、栄光学園中学校(大船)入学。

<略歴>
昭和58年 神奈川県私立栄光学園高等学校 卒業
昭和62年 東京大学法学部 卒業
昭和62年 日本興業銀行 入社
平成04年 米国スタンフォード大学経営大学院 卒業(日本興業銀行より留学)(MBA)
平成07年 日本興業銀行 退職
平成10年 参議院議員(神奈川選挙区)初当選
平成16年 参議院議員(神奈川選挙区)2期目当選
平成21年 衆議院議員(比例区 南関東ブロック)初当選
平成24年 衆議院議員(小選挙区 神奈川4区)2期目当選
平成26年 衆議院議員(小選挙区 神奈川4区)3期目当選
平成29年 衆議院議員(小選挙区 神奈川4区)無所属で出馬も落選

応援する

特別賛助会員・賛助会員になる

あさお慶一郎の政策・理念にご賛同いただき、政治活動を応援しながら、会員同士の親睦、地域発展に寄与することを主な目的にしています。

献金する

清廉な政治活動を行うためには、広く、浅く、皆様からの個人献金(浄財)を通じて、政治家・あさお慶一郎をお支えください。
みなさまからのご理解とお力添えを心よりお願い申し上げます。

ボランティアに参加

ポスター掲示や、街頭での政治活動をお手伝いのほか、郵便物発送作業やポスターの裏へのテープ張りなど、事務所内作業もお手伝いいただける方も募集しております。

メールマガジンを購読

あさお慶一郎が毎月責任編集する「活動レポート」をメールマガジンとしてお届けします。政治や経済、社会情勢をわかりやすく解説しています。
楽しいイベントのお知らせも掲載しています。

ご意見/お問合せ

あさお慶一郎への提言、活動に対するご意見、ご質問などなんでもお申し付けください。
可能な限りご回答いたします。