メニューを閉じる

メッセージ

いま「所得を、増やそう。」に込めた思い。

「所得を、増やそう。」とは、国力を高めること。

私の成しとげたい政策への新しいキャッチフレーズは、「所得を、増やそう。」です。

新しい「令和」という時代の始まりにずいぶんと大胆な提案をしたなと思われるかもしれません。

どうやって実現するのかと疑問に思われる方もいらっしゃるでしょう。

しかし、いま、わが国の抱える課題を根本的に解決するためには、私の考える「所得倍増」計画こそ不可欠なのです。

ブログ

あさお慶一郎が、この時代の出来事に思うことや具体的な政策を語ります。

謹賀新年

明けましておめでとうございます。今年は東京オリンピックが開催される年になりますが、皆さまにとっても良い年になるように心より祈念致します。政治の世界では、今年も多くのことがおきそうです。国際的には、米国の大統領選挙が注目されます。トランプ大統領が二期目の当選をするのか、様々な報道がされるでしょう。そして、選挙を横目に、トランプ大統領も米国の株価を見ながら中国との貿易交渉をしたとう説も流れています。すべての政策はそれぞれの選挙を有利に働かせる為にあると言う不名誉な話も出ています。

一人ひとりにとっての『所得を、増やそう。』のメリット

「所得を増やそう」への質問
新しいキャッチフレーズ「所得を増やそう!」の浸透と共に、多くの方から二つの質問を頂くことが相当増えました。
(1) 年金所得者に何のメリットがあるの?
(2) 簡単にいうけど、どうやって増やすの?

災害に強い街創りの財源に 無利子・相続税非課税国債

列島を襲う台風の被害は、もはや想像を絶する規模になっています。私の地元、神奈川4区(横浜市栄区・鎌倉市・逗子市・葉山町)でも、多くの被害を受けています。強風、そしてゲリラ豪雨による浸水被害が各地で猛威を振るっています。
台風ばかりではありません。地震も、いつまた来るか分かりません。行政にとり「災害に強い街創り」が急務になっています。

プロフィール

浅尾慶一郎

(あさおけいいちろう)

昭和39年 2月11日生まれ。鎌倉市に妻、愛犬とともに暮らす。
少年時代を外交官であった父の赴任先であるアメリカ、カナダで過ごす。
帰国後、栄光学園中学校(大船)入学。

<略歴>
昭和58年 神奈川県私立栄光学園高等学校 卒業
昭和62年 東京大学法学部 卒業
昭和62年 日本興業銀行 入社
平成04年 米国スタンフォード大学経営大学院 卒業(日本興業銀行より留学)(MBA)
平成07年 日本興業銀行 退職
平成10年 参議院議員(神奈川選挙区)初当選
平成16年 参議院議員(神奈川選挙区)2期目当選
平成21年 衆議院議員(比例区 南関東ブロック)初当選
平成24年 衆議院議員(小選挙区 神奈川4区)2期目当選
平成26年 衆議院議員(小選挙区 神奈川4区)3期目当選
平成29年 衆議院議員(小選挙区 神奈川4区)無所属で出馬も落選

応援する

特別賛助会員・賛助会員になる

あさお慶一郎の政策・理念にご賛同いただき、政治活動を応援しながら、会員同士の親睦、地域発展に寄与することを主な目的にしています。

献金する

清廉な政治活動を行うためには、広く、浅く、皆様からの個人献金(浄財)を通じて、政治家・あさお慶一郎をお支えください。
みなさまからのご理解とお力添えを心よりお願い申し上げます。

ボランティアに参加

ポスター掲示や、街頭での政治活動をお手伝いのほか、郵便物発送作業やポスターの裏へのテープ張りなど、事務所内作業もお手伝いいただける方も募集しております。

メールマガジンを購読

あさお慶一郎が毎月責任編集する「活動レポート」をメールマガジンとしてお届けします。政治や経済、社会情勢をわかりやすく解説しています。
楽しいイベントのお知らせも掲載しています。

ご意見/お問合せ

あさお慶一郎への提言、活動に対するご意見、ご質問などなんでもお申し付けください。
可能な限りご回答いたします。