メニューを閉じる

活動報告/お知らせ

 <活動報告>

グレン・S・フクシマさん(米国先端政策研究所上級研究員)を迎えての勉強会

  • グレン・S・フクシマさん
  • グレン・S・フクシマさん

8月24日、元在日米国商工会議所会頭でもあったグレン・S・フクシマさんを迎えての勉強会を開催しました。

浅尾さんとは古い付き合いで、今日こうして勉強会に呼んでいただきました。彼は若い時からワシントンでアメリカの上下院議員やシンクタンクとも流暢な英語で堂々と議論していました。こうした人はなかなかいません。
さて、アメリカの大統領選挙についてですが、現状ではバイデン氏が相当リードしています。今年2月まではトランプ再選が取り沙汰されていましたが、コロナウイルスや黒人問題などの対応から逆転しています。ただ、まだ大統領選挙まで2ヶ月あり、どう変わるか判りません。
今の政権はほとんどの政策をトランプ大統領が仕切って、私からすると戦略性があるとは思えません。もしバイデン氏が大統領になったとしたら、様々なエリアの専門家が閣僚として戦略を練り、現在の状況とは相当に変わると思います。

グレン・S・フクシマ:
カリフォルニア州出身の日系3世。米国通商代表部で対日・対中通商政策の立案、調整、実施を行い、その後在日米国商工会議所の会頭を務めた経歴を持つ。経団連、経済同友会をはじめ数多くの団体・協会等で講演。著書に『日米経済摩擦の政治学』