メニューを閉じる

活動報告/お知らせ

 <活動報告>

パネルディスカッション:「逗子・葉山地域をさらに活性化し、地域の魅力を引き出す」

  • パネルディスカッション:「逗子・葉山地域をさらに活性化し、地域の魅力を引き出す」
  • パネルディスカッション:「逗子・葉山地域をさらに活性化し、地域の魅力を引き出す」

逗子葉山あさくる会1月研修会 (2020/1/17(金) 逗子市商工会館3階ホール)
今回は「逗子・葉山地域をさらに活性化し、地域の魅力を引き出す」をテーマにパネルディスカッションを行いました。

※この動画は3本構成になります
(1/3) https://youtu.be/6pvkzS35zWk
(2/3) https://youtu.be/cOIgbaAudx8
(3/3) https://youtu.be/bnw9dxCmFYA


「パネリスト紹介」
●地域・教育魅力化プラットフォーム代表理事 水谷 智之
逗子在住。1988年慶應義塾大学商学部卒。元㈱リクルートキャリア代表取締役。現一般財団法人地域・教育魅力化プラットフォーム代表理事、社会人大学院大学「至善館」理事兼特任教授、海士町魅力化プロデューサー。経済産業省「我が国産業における人材力強化に向けた研究会」、内閣官房「教育再生実行会議」の委員会の委員も務める。

●葉山 石井牧場 代表 石井 裕一
葉山町上山口の石井牧場においてブランド和牛「葉山牛」の生産を行う。神奈川県内で肉用牛の牧場として初となるHACCP認証を取得。徹底した衛生管理で健全な飼養環境を構築し、疾病減少にも成果を上げる。地域に関わる取り組みにも積極的に参加、海外からの視察なども受け入れている。夢は湘南国際村に「道の駅」を作ること。

●逗子市長 桐ケ谷 覚
1972年立教大学経済学部卒。1984年株式会社桐ケ谷材木店(現株式会社キリガヤ)入社。1992年株式会社キリガヤ代表取締役に就任。2015年より逗子市商工会会長・逗子市観光協会会長。2018年、逗子市が陥った財政難への強い危機感から市長選に立候補し当選。経営者の視点から、逗子ならではの発展を目指す様々な政策を実行している。

「モデレータ紹介」
前衆議院議員 浅尾 慶一郎
1987年東京大学法学部卒。日本興業銀行入行後、米国スタンフォード大学経営大学院に留学し、1990年7月に修了。退社後1998年より参議院議員を2期、2009年より衆議院議員を3期務め、その間参議院財政金融委員長、外交防衛委員会筆頭理事を歴任。現在「所得を増やそう」をキャッチフレーズとする政策の実現を目指し活動中。