メニューを閉じる

ブログ

あさお慶一郎が、この時代の出来事に思う事や具体的な政策を語ります。

日本の伝統を生かして「所得を、増やそう。」

  • 日本の伝統を生かして「所得を、増やそう。」

日本語はグローバル化の負の側面の防波堤?

シリーズで、展開している「所得を増やそう!」ですが、今月は、日本という枠組みで考えた「所得の増やし方」です。これは「生産性の引き上げ方」にもつながる話です。ちょっと大上段な表現ですが、現代は資本主義、民主主義という普遍主義の拡大・進化の時代です。いち早くにグローバル化した欧米では、リーマンショック、トランプ政権誕生、英国のEU離脱、そして反移民運動といったグローバル化の負の側面が露呈しています。わが国では、グローバル化の遅れもあり、欧米ほど深刻なグローバル化の副作用は現れてはいません。これも日本語という参入障壁のためでしょう。

「日本語で考えるからこそノーベル賞が取れる」

とはいえ、さらなる国際化はわが国においても不可欠でしょう。英語の普及やAIシフトの深化などに力を入れなければならないことは言を俟ちません。問題はそれだけやっていたのでは、日本独自の多様性に基づく発展は望めず、かつ生産性の伸びも英語が母国語の国に劣ることは避けられません。
先日、私が主催する勉強会に元文化庁長官・近藤誠一氏を講師としてお招きしました。その際、大変興味深い話をうかがいました。ノーベル化学賞を受賞された野依良治博士の言葉です。野依先生は、「日本語で考えるからこそノーベル賞が取れる」と発言されそうです。その真意は、日本語はあいまいなものをあいまいなまま表現するのに適しており、まだないものを発見するにはその方が適している、ということです。

英語やAIをタテ糸に、地域の伝統文化や匠の技をヨコ糸に、世界に羽ばたく

生産性を引き上げ、所得が増える環境を整備するには、需要は可能な限り多く、競合他社は出来るだけ少ない方が理想です。世界全体が市場となりながらも、他の国では作っていないもの、思いつかないものを創り出すことが所得増の近道です。日本語ないしはそれを土台にする日本文化の伝統から、あいまいなもののなかから新たなモノを生み出して、世界に羽ばたく。そんな姿が所得を増やす道として見えてきます。英語やAIをタテ糸として、地域の伝統文化や匠の技をヨコ糸として、世界にまだないものを世界に向かって発信することが出来れば、わが国の生産性は飛躍的に伸びるかもしれません。大量生産・大量消費とは一線を画す、日本の匠の自然に学ぶ、仕上げのしっかりとした手仕事と言った精神を活かした発想も必要なのです。

匠の技を活かし生産性向上

匠の技を生かすという意味で、私も日本の和室の文化を残していくことのお手伝いを関係者の方々としております。それは、補助金をつけるという発想だけではなくむしろ匠の技の素晴らしさや和室の機能性を世界に発信し、その機能を日本及び世界に押し出す為の政策を作るという発想です。こうしたことの積み重ねで、和の精神をヨコ糸にした生産性向上策に邁進します。