メニューを閉じる

ブログ

あさお慶一郎が、この時代の出来事に思う事や具体的な政策を語ります。

教育格差の原因とその解消へ。

  • 教育格差の原因とその解消へ

前回のブログに21世紀出生児(2001年、平成13年出生児)の継続調査の結果から、
家で全く勉強をしない高校1年生が増えたと載せたのに対し、多くのご意見を頂戴いたしました。
統計調査に鑑みると、勉強時間は学力階層によって大きな隔たりがあります。
例えば、チャイルド・リサーチ・ネット(CRN)によれば、偏差値60以上の上位層は、塾や予備校での時間を含めて、平日校外学習を「ほとんどしない」学生は7.7%しかおらず、2時間以上勉強する学生が46.9%もいます。
一方、偏差値40未満の下位層では、「ほとんどしない」学生が47.1%になり、2時間以上勉強する学生は16.4%になります。
ベネッセ教育総合研究所の高校1、2年生の調査で校外学習時間を多い順に並べると、私立中高一貫(79.3分)、私立・3年制(64.6分)、公立・3年制(63.6分)となります。

偏差値の高い子の方が塾や予備校も含めた校外学習の時間が長く、私立中高一貫に通う学生の方がより校外学習時間が長いのはなぜでしょうか。
社会学者で詩人の水無田気流さんからのご指摘によれば、親の所得が高い家庭の方が子どもに勉強する環境を提供しやすいということになるようです。
実は、我が国の子どもの7人に1人は所得の中位の半分の家庭で暮らしている、いわゆる相対貧困家庭の子どもです。
特に、1人親世帯のお子さんの相対貧困率は50%を超えます。

親の所得が子どもの教育機会に影響し、結果として将来のその子どもの所得にも影響することは絶対に避けなければならない問題です。
もとより、特効薬はありませんが、何度かこのレポートでも取り上げた最低賃金を大幅に引き上げる対策は急務です。
1人1時間あたりGDPの半分まで最低賃金を引き上げると、全国平均で1時間あたり1300円になります。
一日8時間年間250日働く人の収入は260万円にまで高まり、相対貧困から離脱出来る計算になります。
人手不足の今だからこそ、思い切った格差の是正策を打ち出し、子どもの貧困とそれに伴う教育格差をなくすべきです。