あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

ビデオライブラリ

2019年04月25日 (木)

あさお慶一郎ミニ対談:斉藤 惇氏

日本のヴィジョンを考える会講演後の対談(2019年04月23日)

今回は、日本野球機構会長、KKR会長、前日本取引所GrCEO 斉藤 惇(さいとう あつし)氏をお招きして『日本の経営課題』と題して開催致しました。

斉藤先生は野村證券に入社し、初期の国際部、債券部、MOF担など中枢を歩かれて、55歳で副社長に昇進し、会社を大いに発展させてきました。
その後も略歴欄にある通り、百数十年の歴史ある証券界の雄として日本をリードする偉大なる功績の数々を残しました。

そこで経営問題については、今後の世界を支配すると想定されるITの基礎となるフラッシュメモリー技術やQRコード、さらには革命的運搬手段の変化をもたらすEV用のリチュームバッテリーの技術など多くの基礎技術が日本の企業で開発されたにもかかわらず、一社も世界を支配するような企業になれていません。

はやりの言葉で言えば日本を成功に導いた垂直統合型経営から離脱して水平分業型経営への転換が出来なかったことが原因なのかもしれません。

この国では長らく生産性が課題になりながら、平成の30年間でもその画期的改善現象は見られていません。
日本の会社経営は痛みを伴った破壊的改革にチャレンジすることを忌避してきたのではないでしょうか。

課題は明白であり行動が求められていると提言されています。

【講師略歴・職歴等】
1939年 誕生
1963年 慶應義塾大学商学部卒業
1963年 野村證券入社
1995年 野村證券副社長
1999年 住友ライフ・インベストメント社長・最高経営責任者
2002年 住友ライフ・インベストメント会長
2003年 産業再生機構社長
2007年 東京証券取引所社長
2007年 東京証券取引所グループ社長
2013年 株式会社日本取引所グループ最高経営責任者(CEO)就任
2015年 米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)日本法人会長
2016年 春の叙勲で旭日大綬章を受章
2017年 日本野球機構コミッショナー顧問を経て、第14代コミッショナー就任

 

ビデオライブラリ

バックナンバー

youtube

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ