あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

ビデオライブラリ

2019年01月29日 (火)

あさお慶一郎ミニ対談:渡部 恒雄氏

日本のヴィジョンを考える会講演後の対談(2019年1月22日)

今回は、笹川平和財団安全保障事業グループ上席研究員 渡部 恒雄(わたなべ つねお)氏をお招きして『2019年のトランプ政権と世界』と題して開催致しました。

渡部先生はトランプ政権発足当初から政権運営の危うさを指摘されていました。
2018年は前政権の政策を打ち消し、世界を驚かす政策もやりましたが、後半のトランプ大統領は大荒れでした。
シリア撤兵をめぐり、マティス国防長官の意見を聞かずに、退任に追い込み、さらに辞任の手紙に怒り、退任を前倒しするなど、もはや誰も止められない孤立した精神状態に追い込まれました。

2019年からは、下院で過半数を得た民主党からの追及が始まり、株価は低下傾向となり、トランプ大統領はFRB議長解任も検討しています。
その出鱈目な政権運営こそが、株価低下の原因の一つだと思いますが、誰のアドバイスも聞かないトランプ大統領の耳には届かないでしょう。

2019年の世界はこれまで以上に先の行動が全く読めないアメリカの指導者に向き合うことになり、現実、年初のNYダウはアップルの業績悪化などで一時700ドル安で始まりました。
東証も700円超安、ドル円は104円など世界の株価が暴落でスタートしました。
保護貿易主義、米中貿易摩擦など問題山積みであり、これらを踏まえてトランプ政権の行く末とそれが世界に及ぼす影響について議論して頂きました。

【講師略歴・職歴等】
笹川平和財団 上席研究員
1963年福島県に生まれる。
1988年、東北大学歯学部卒業、歯科医師となるが、社会科学への情熱を捨てきれず米国留学。
1995年ニューヨークのニュースクール大学で政治学修士課程修了。
同年、ワシントンDCのCSIS(戦略国際問題研究所)に入所。客員研究員、研究員、主任研究員を経て2003年3月より上級研究員として、日本の政党政治、外交安保政策、日米関係およびアジアの安全保障を研究。
2005年4月に日本に帰国。以来CSISでは非常勤研究員を務める。
三井物産戦略研究所主任研究員を経て、2009年4月から2016年8月まで東京財団政策研究ディレクター兼上席研究員。
9月より上席研究員専任となり、10月に笹川平和財団に特任研究員として移籍。2017年10月より現職。外交・安全保障政策、日米関係、米国の政策分析に携わる。
2007年12月から2010年3月まで報道番組「サンデープロジェクト」(テレビ朝日系列)のコメンテーター。
2010年5月から2011年3月まで外務省発行誌「外交」の編集委員。

著書に「大国の暴走―『米・中・露』三帝国はなぜ世界を脅かすのか」(共著、2017年 講談社)、「戦後日本の歴史認識」(共著、2017年 東京大学出版会)、「Asia Pacific Countries and the US Rebalancing Strategy」(共著、2016年Palgrave Macmillan)、「いまのアメリカがわかる本・最新版」(2013年 三笠書房)、「二〇二五年米
中逆転―歴史が教える米中関係の真実」(2011年 PHP研究所)等。

 

ビデオライブラリ

バックナンバー

youtube

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ