あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

ビデオライブラリ

2018年10月31日 (水)

あさお慶一郎ミニ対談:池田 信夫氏

日本のヴィジョンを考える会講演前の対談(2018年10月29日)

今回は、株式会社アゴラ研究所 代表取締役所長 池田 信夫(いけだのぶお)氏をお招きして『大きすぎる政府にどう歯止めをかけるか』と題して開催致しました。

安部政権は10月2日内閣改造と自民党役員人事を行い、第4次安部改造内閣が発足しました。
総裁選での論功行賞で入閣待機組を処遇し、12人が初入閣、経済閣僚など主要大臣は留任させました。

そして、経済政策は、財政政策が限界に達した中で金融政策で活路を開こうとするものですが、結果的には増税の先送りで政府債務が膨張し、社会保障の「隠れ借金」と合計すると2000兆円を超え、安倍首相も3期目のテーマに「社会保障の見直し」を挙げていますが、給付の削減は政治的にはきわめて困難です。

このままでは日本は2040年には国民負担率が60%を超える「超大きな政府」になり、世代間の不公平や経済の停滞を招く。
なぜこういう状況になったのか、それにどうやって歯止めをかけるか。

【講師略歴・職歴等】
株式会社アゴラ研究所代表取締役所長
SBI大学院大学客員教授
1978年東京大学経済学部を卒業後 NHK入社
1993年NHK退職後、国際大学GLOCOM教授、経済産業研究所上席研究員などを歴任
学術博士(慶應義塾大学)

著書に『日本経済「余命3年」』(共著)、『古典で読み解く現代経済』、
『丸山眞男と戦後日本の国体』、『「強すぎる自民党」の病理』

個人ブログの他、言論サイト「アゴラ」を主宰

 

ビデオライブラリ

バックナンバー

youtube

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ