あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

ビデオライブラリ

2018年08月29日 (水)

あさお慶一郎ミニ対談:川西 剛氏

日本のヴィジョンを考える会講演前の対談(2018年8月28日)

今回の勉強会は、東芝元副社長・TEKコンサルティング代表 川西 剛(かわにし つよし)氏をお招きして『日本の産業の課題』と題して開催致しました。

国内外の産業界を震撼させた総合電機の大企業東芝が問題を起こして二年が過ぎました。
不正会計問題に端を発し、徐々に多種の問題へと波及していった事は記憶に新しいニュースです。
長らく東芝のトップとして活躍された元副社長川西氏が、なぜこんな事態に陥ったのかを冷静・沈着に分析され、経営者のあるべき姿等について率直にお話して頂きました。

Ⅰ 経営者のあるべき姿
東芝の二つの不祥事(不正会計問題、ウエスティングハウス買収)を受けて、その反省と経営者のあるべき姿を問う。
底流は従来外向きのオープンな会社であった東芝が、内向きになった事があげられる。
経営者は「人を見る目」と「先を見る目」の二つを持たねばならない。
Ⅱ 日本の半導体
かつて世界シェアの50%を占めた日本の半導体は今や10%を切るまでに衰退した。
未だ世界に通用するNANDメモリーやイメージセンサー、パワー素子は健在だし、半導体製造装置、半導体材料等は強い地位を確保しているが、産業のコメと言われるこの分野の復活は、日本の産業の必須の課題である。
先見性、資金力、努力と忍耐で挽回を図りたい。
Ⅲ 日本の発電エネルギーの問題
地球温暖化の主因と言われる化石燃料による発電、CO2の排出は無く、安いが放射線汚染が恐怖の原子力発電、とても採算化に遠い太陽光発電。ではどうしたらいいのか。
日本に適した、効率の良い無公害の究極のエネルギーは水素エネルギーであり、未だコスト、インフラ等に課題はあるが、水素社会の実現が待たれるところ。

以上三点について講演して頂きました。

【講師略歴・職歴等】
1929年2月19日生
現肩書 TEKコンサルティング代表
学歴  東京都立一中(1941~45)、海軍経理学校(1945)、東京工業大学(1949~52電気工学科卒)
職歴1 1952年4月東芝入社 1977年大分工場長 1984年取締役半導体事業本部長 1990~4年副社長
職歴2 米国アプライドマテリアル社外役員(1994~2000)中国SMIC社外役員(2001~12)他
現職歴 日本イスラエル商工会議所副会頭 アクセンチュア顧問他
賞罰  1999年シンガポール国よりスター勲章授章
著書  「わが半導体経営哲学」日、英、中語1996年、「イスラエルの頭脳」2000年他
信念  「意思あるところに道あり」

ビデオライブラリ

バックナンバー

youtube

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ