あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

ビデオライブラリ

2018年06月29日 (金)

あさお慶一郎ミニ対談:長谷川 幸洋氏

「日本のヴィジョンを考える会」講演前の対談(2018年6月26日)

今回は、ジャーナリスト、前東京・中日新聞論説委員 長谷川 幸洋(はせがわ ゆきひろ)氏をお招きして『激動する世界~日本の進路を考える』と題して開催致しました。

現在、朝鮮半島情勢が激しく動いています。
6月12日歴史的な米朝首脳会談がシンガポールで開催されるであろうと伝えられています。
金正恩・朝鮮労働党委員長は果たして本当に非核化しかもCVIDの約束を果たすのでしょうか。
そして、南北朝鮮が平和条約を締結すれば在韓米軍の徴収問題が現実の課題になります。
その時、米国はどう対応し、また、中国、ロシアは…。

一方日本では相変わらず、モリカケ問題が一年以上もくすぶっています。
しかも今回森友学園との国有地取引に関する決済文書改ざん問題で大阪地検は当時財務省の佐川局長らを全員不起訴としました。
だが、野党への期待は高まっていません。なぜ野党はダメなのか。

自民党内に目を転じれば、9月の総裁選を控えて「安部3選阻止」に蠢いている勢力もあります。
安倍政権は続くのでしょうか。
激動する最新の世界情勢を踏まえて日本の進路について展開して頂きました。

【講師略歴】
1953年千葉県生まれ。慶応義塾大学経済学部卒。
ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究大学院(SAIS)で国際公共政策修士(MIPP)。
77年に中日新聞社に入社し東京本社(東京新聞)経済部、ブリュッセル支局長、論説副主幹などを経て2018年3月末に退社。
ジャーナリストとして活動中。
06~09年に政府税制調査会委員、05~08年に財政制度等審議会臨時委員、12~13年に大阪市人事監察委員会部会長など。
07年から2015年に日本記者クラブ企画委員、13年~16年に規制改革会議委員、16年から規制改革推進会議委員など多数の公職を務める。

著書『日本国の正体 政治家・官僚・メディア—本当の権力者は誰か』(講談社)で09年の山本七平賞受賞。
最新刊は 『ケント&幸洋の大放言!』(ビジネス社・ケント・ギルバート氏との共著)。
趣味はスキー。SAJスキー指導員の資格を持つ。

テレビ・ラジオ
YTV「そこまで言って委員会NP」(日曜13:30~15:00)
LF「飯田浩司のOK! Cozy up!」(隔週火曜6:00~8:00)※出番は7:00~
BS朝日「日曜スクープ」(日曜18:54~21:00)
EX「ビートたけしのTVタックル」(日曜11:55~12:55)
TOKYO MX「モーニングCROSS」(月曜~金曜 7:00~8:25)
EX「朝まで生テレビ!」(金曜25:25~28:25 ※一部地域は25:34~)
BS朝日「激論!クロスファイア」(土曜10:00~10:55)

連載
現代ビジネス「ニュースの深層」(講談社サイト)
夕刊フジ「ニュースの核心」(毎週金曜日掲載)
月刊Willコラム「足許提灯」連載中

 

ビデオライブラリ

バックナンバー

youtube

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ