あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

ビデオライブラリ

2018年05月30日 (水)

あさお慶一郎ミニ対談:富坂 聡氏

「日本のヴィジョンを考える会」講演前の対談(2018年5月29日)

今回は、拓殖大学 海外事情研究所 教授、ジャーナリスト、富坂 聡(とみさか さとし)氏をお招きして『中国経済の抱えるリスクと、勃興するニューエコノミー』と題して開催致しました。

中国のオールド経済は過剰債務で先行きは暗いと見られており、崩壊が懸念されて久しい状態です。
しかし、ニューエコノミーは大いに躍進し今や日本に先行しています。
そして、米国に次いで現在世界第二位のGDPは、2035年には世界第一位を目指しています。

2期目の習近平体制が中国を率いるようになり、かつて「混乱の危機」にあった中国はまがりなりにも立ち直ったかに見えます。
ただ多くの貧困農民を抱える農業大国には、いまだ解決の難しい問題が山積しています。
従来から引きずる諸問題をあらためて検証するのと同時に、一方では今後の中国を支えていく産業の太い柱が何本も育ち始めています。
その「明 」と「暗」を比較したとき、中国が力強い発展を続けることが予測されます。
これらについて中国研究の第一人者に聞きました。

【講師略歴】
1964年、愛知県生まれ。
拓殖大学海外事情研究所教授。ジャーナリスト。北京大学中文系中退。
『週刊ポスト』、『週刊文春』記者を経て独立。
1994年、第一回21世紀国際ノンフィクション大賞(現在の小学館ノンフィクション大賞)優秀作を「龍の『伝人』たち」で受賞。
著書には「中国の地下経済」「中国人民解放軍の内幕」(ともに文春新書)、「中国マネーの正体」(PHPビジネス新書)、「習近平と中国の終焉」(角川SSC新書)、「間違いだらけの対中国戦略」(新人物往来社)、「中国という大難」(新潮文庫)、「中国の論点」(角川Oneテーマ21)などがある。
近著として、「トランプVS習近平」(角川書店)、「中国がいつまでたっても崩壊しない7つの理由」(ビジネス社)がある。

 

 

ビデオライブラリ

バックナンバー

youtube

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ