あさお慶一郎(衆議院議員 神奈川4区)

秘書のブログ

2016年06月10日 (金)

肉らしい

 昨日は集会が終わり帰り支度をしていると、某地方議員が疲れたときに肉を食べると疲れがとれるから皆で食べに行こうとお誘いがあった。お店に行くと外に行列が出来ている。中を覗き込むと空席があり、なんで入れないんだろうと観察していると直ぐに原因が判明。定員の動きが悪く、その上に効率的な事をしていない。この店そのうち無くなるのではとの予感がした。間もなく店内に入り肉を注文する時にびっくり。お誘い頂いた某地方議員さんは600gの肉をオーダーした。この小柄な身体の何処に食べ切ろうとのパワーがあるのだろうと考えてみたが、宇宙人のような方なので私には理解不能でした。また、あれだけのろのろぐずぐずしていた店とは思えない、オーダーから5分ぐらいでステーキが運ばれて来た。「皆でやれば出来るじゃん」って言いながら肉を平らげたが、仕事のやり方やリーダーの采配で職場の改善はいくらでも出来ることを学ばせて頂いた。今、我々の抱えている問題は食べるときも仕事の時も(二区・肉)らしいので、優しく乗り切ろうと思う。あくまで憎らしいのではないのだから。

2016年06月10日 (金)

すれ違い・行き違い

 先日の夜、遅く帰宅したので最寄の駅からタクシーを乗って帰る事にした。ドライバーは70歳を超えた女性だった。乗車したとたん「雨が降ってきましたね」と言われたので、「今降ってきたんですか」と問いただすと「もう30分も前から降っていますが」あれ話が咬みあわないぞと思った矢先、お客さん宴会だったんですかと聞かれ「いや違います」と答えると、「お客さん私お酒飲まないんですよ、だから私は昼カラ(昼のカラオケらしい)でストレスを発散するんですよ。と一方的に攻めてくる。「歌う歌は演歌専門ですよ」と言われたので、私から、歌は石川さゆりさんですかと聞いたら同じ様な年代だが歌うのは島津あや専門ですよ、だから今この局を聞いているんですとボリュームを大きくアップした。「へえ島津あやさんって紅白に出たことがあったと思ったのにこんな歌歌っていたんですか」と再質問したら、「お客さん何言っているんですかこれは他の人の歌ですよ」えっと絶句した私に、さて、「歌っている人は誰でしょう」と行き成りクイズに突入。暫くして「声が渚ゆうこさんに似ていますね」と答えると「ピンポン」の声、続いて「これは」と、また聞かれたので「島津あやさんですか」と答えると「何言ってるのこれはまだ渚ゆうこよ」と言われ、唖然とした私から「だって渚ゆうこと言ったら京都慕情が代表作では?」と返したら、「へえあんた古いねえ」だって。久々に会話にならない行き違いのお陰で眠気は起きず無事自宅に戻ることが出来た。それが狙いで話しかけたとしたら「あのおばちゃん」ほんまもんやで。

2016年06月07日 (火)

人格

 日々充実しているのかそれとも能力がないのか一日があっという間に過ぎ去っていく。だから今日が何曜日だとか何日だとか意識する事もない。目の前にある仕事を淡々とこなすだけである。しかし嬉しい事もいっぱいある。それは多くの方々と話をする機会が増えたことだ。人は生まれも育ちも違っている、その中からその人の人生感や経験を教えて頂くことは大変勉強になるし成る程とうなづくことが多々ある。私も人に言えるような人生を送れたかなと考えれば甚だ疑問だ。残された人生、後輩に誇って言える人生になるようにもう少し頑張ろう。

2016年06月06日 (月)

梅雨入り

本日関東地方に梅雨入りが宣言された。梅雨と言えばムシムシ、ジメジメで不快指数がうなぎのぼりになる。何とこの時期に参議院議員選挙があるのは不思議だ。衆議院と違い参議院は6年間解散がないので、毎回この6~7月に選挙を迎えているので雨との戦いになる。普通なら誰かが言いだしっぺになって選挙期間を変えようと努力しなければならないが、そんな気のつく人もいない。従って今回の22日公示で行われる参議院選挙も雨対策が重要だ。この雨対策を上手く活用する事が出来た人が当選に近づく。衆議院選挙や地方議員選挙ではチャリンコ部隊などの編成で選挙を行う事が多いが、ここは一発「Happyバス(街宣車)で梅雨」で勝利を勝ちとろうかな。

2016年06月05日 (日)

いつでも中西!ずっと中西!

昨日の衆議院議員浅尾慶一郎・参議院議員中西けんじ合同国政報告会は、時節柄、実質中西けんじ決起集会となり大盛況で開催することが出来ました。関係各位の皆様方に心より感謝申し上げます。これで先週の関内ホールと2週間連続での開催となりましたが、皆さんの熱気は更に強くなっているようです。ですから私たちも負けてはいられません。その会合の後に大船駅西口で街頭活動を行い、多くの方々に握手をして頂き政策レポートも飛ぶように受け取って頂きました。これで気を良くして次は鎌倉駅です、全員で電車に乗って移動ですが車内でもスタッフの笑い声がこだましています。明るい雰囲気の中で鎌倉駅頭を実施しましたが、ここにも鎌倉市議会議員や逗子市議会議員が集結し、鎌倉の有名なアジサイに負けじと応援演説にステキな花が咲き乱れます。「この雰囲気を大事にして行こう」と思っていますが、この次は9日の厚木集会の開催です。毎回、毎回登れきれないほどの大きな山がやってきますが、自分自身の捉え方が試練と採るかこの状況を楽しむかによって違ってきます。当然私は後者だと思いますので9日午後7時から厚木商工会議所で行われる中西けんじ決起集会にお越し頂ければ幸甚です。

2016年06月03日 (金)

お暇なら来てよね

 6月22日公示、来月10日の日程で参議院議員選挙が行われる事が決定した。当事務所では中西けんじ参議院議員と浅尾慶一郎衆議院議員の国政報告会を明日開催する予定であったのでこの発表はナイスタイミングだ。私たちは別に選挙を意識してこの企画をした訳ではないけれど、色々な方に国会議員の考え方を聴いて貰える良いチャンスだ。是非皆様も足を運んで頂き生の声を聴いてほしいものだ。しかも明日の予定では700名の方々が参加予定でおられるので事前準備が大変である。先週の日曜日には関内ホールで満員の1200名の方々にご参加頂けたので、明日も満員にしなければとの思いで凄いプレッシャーが掛かっている。いつもならこのプレッシャーから逃れるために、お約束の居酒屋に行くところだが今日は我慢しよう。そして明日の夜は「まずは経済! だから中西」の言葉通り、夜の経済活動に寄与しようと考えている。

2016年06月02日 (木)

合わせ技1本

合わせ技1本というと柔道を思い出しますが、今日の話はいつものようにお酒です。昨晩のこと、いつものメンバーでお酒を飲むことになりました。最初はビールでスタートして次に何を飲むのかの決めるのにちょっとした議論になりました。ここのところ疲れているので今日は軽く行こうと一杯づつオーダー派と、いや1本だけの約束で焼酎のボトルを頼もう派とに分かれました。私は当然一杯づつ派でしたが皆の気持ちを汲んで焼酎のボトルを頼むことにしました。最初にビールでその後に焼酎で「合わせ技1本」で終了と思ったのも束の間、1本目のボトルが空になると店員さんにこれお変わりと追加注文をする人がいました。「あれ、今日の約束は1本では」と思いながらも気の弱い私からは言い出せずにしぶしぶ呑むことになりました。やっと終わりに近づき帰りの仕度をしていると、「すいません、もう一本」の声がした。みんな理性を失っていると思いながらも注文したものは全部飲み干す主義の私はちびちびと呑みながら考えました。柔道なら1本が決まればそれで終了だがお酒の世界は違うようだ。これからは約束を破った人には、手をくるくる回しながら教育的指導を与えようと思うし、自分自身へは暫くお酒を止めるように自分の心に抑えこみ1本を狙っている。

2016年06月01日 (水)

裸の付き合い

 いつもこのブログを観ていて下さる方々(多分3人ぐらい)にブログ更新が遅れましたことにお詫び致します。時期が時期だけに非常に忙しい毎日をおくっています。さて、そんな忙しい生活なのに、世には悪友と呼ばれる人がいますがその方達から夜の会合へのお誘いがあります。昨日は男四人で裸の付き合いをしようとスーパー銭湯へ行ってきました。一人はお酒が入らないときは余りにも静かなので、人呼んで「うつ一郎」そしてお酒を飲むとテンションが上がり喋り出す「聡(そう)一郎」さん、そしてもう一人はお酒が入らなければ頼りないがお酒が入るととても「琢磨(たくま)」しい人に変身する某元秘書。そしてこの二人からお酒を飲まないので運転手として活動の場を提供され、いつも誘われる「わーダッチャマ」。のメンバーでした。銭湯といっても前述2名はお風呂よりお酒なので早々と風呂から出て食堂で一杯です。そういう私は寝湯で熟睡してしまい呼びに来られるまで夢の彼方です。そして私も風呂を出て食堂に向い全員が揃い乾杯です。日常の仕事の情報交換やらこれからの戦略にはこういう場が非常に大切です。これからもこんな裸の付き合いが出来ればと考えておりますが、希望を言えば焼酎のボトルかワインか日本酒の美味しいのを置いて下さるともっと行けるのにと思いました。

2016年05月28日 (土)

被爆地広島

私の生まれた場所は三浦にある小浜(コバマ)という地名である。残念ながらオバマとは読まないが、子供の頃から親しんだコバマによく似た米国大統領オバマさんに親近感を持つ。そのオバマ大統領が被爆地広島を訪問した。原爆資料館を見学後、原爆慰霊碑に献花した。その神妙な面持ちにオバマ大統領の核兵器撲滅への真摯な態度に好感を持った。その後オバマ大統領が所管を述べた後に被爆者の坪井さんに近寄り言葉を交わした。また、広島で被爆した米兵捕虜らの身元特定に尽力した森さんを抱きしめた。両者に配慮する米国大統領オバマ氏の姿に世界中が拍手を送ったのではないかと思う。オバマ大統領の訪問により、本当の意味の戦後が迎えられたし日米の新たな1ページが始まったように思える。この長き戦後の71年、今後は絶対に戦争がない国を目指して頑張ろう。

2016年05月27日 (金)

スリラー?

 横浜市内の会合等の仕事終わりに参議院議員の事務所に立ち寄る事が多々ある。しかしその時間が午後3時頃なので私に付いたあだなは茶菓子の田村である。別に私が茶菓子をいただきに上がっているのではなく、たまたまその時間になる事が多いからである。それは別としてこの事務所の驚くべく行動があるのだ。午後2時54分になると全員が立ち上がり、肩回しや腰を捻り出したりなにやら準備運動を始めるのだ。何これと思ったら55分にりNHKのテレビ体操(ラジオ体操)が始まるのだ。部屋の中にいる全員が一斉にテレビにあわせ踊り始めると差し詰めマイケルジャクソンのスリラーみたいだ。はじめて見た人は度肝を抜かれるのだ。それでも老若男女が同じ方向で一つの事に取り組むそのチームワークに力強さを覚えました。そして、たった5分しかやらなかった体操だが全身に清々しさが舞戻り、終わった後に飲むお茶は格別だ。このまま引き続いて7月上旬まで皆で美味しいお茶を飲み続け、身体も心もハッピーになりたいものだ。

2016年05月22日 (日)

こんなこともある

 昨日、政治活動の広報のために街宣カーを運転していた時の事。細い道の交差点に差し掛かったときに私の二台前の車が急に止まった。何十秒か経って運転席から女性の人が降りてきた。何したんだろうと覗き込むと車の前に自転車が倒れているのが見えた。「あ、人身事故だ」と思い車から降りていくと、運よく対向車線からワンボックスカーのパトカーが来た。自転車に乗っていたのは小学生の男の子で鼻血が少し出ているのと手に擦り傷がある。しかし受け答えは普通に出来るし、幸いにして大きなケガではなさそうだ。そんなこんなしているうちに道路は大渋滞だ。すると警察官が私に「あなた急いでいますか」と聞かれたので「そんなに急いでいません」と答えたら、「私たちは2名しかいないので、交通整理のお手伝いをして頂けませんか」と言われました。まだ、事故にあった小学生も救急車が来るまで事故のあったところに横たわっているので、救急車が来るまでに道路を空けておかなければなりませんので即答で引き受けました。大きなバスやトラックを通過させ渋滞が緩和したころに、救急車と別のパトロールカーが来ましたのでメンバー交代になりました。帰りに警察の人からお礼と事故の状況分かりますかとの質問があり「分かりません」と答えたら、また、何かあったら電話するので携帯の番号教えて下さいといわれました。 街宣カーには参議院議員と総理の写真がついています。その近くで事故された方が横たわっていて見方によっては私が事故を起こしたと勘違いした人がいないか心配です。私たちも小さい事ながら少しは世の中の為になっているのです。

2016年05月17日 (火)

土壌・どじょう?

 沖縄・奄美地方で梅雨入りしたとの報道がなされた。梅雨といったらアジサイの花が思い浮かぶし当事務所のある鎌倉のアジサイが有名だ。これから暫くの間は長谷寺や明月院や成就院の鎌倉三大アジサイの名所に観光客の皆さんが訪れることだろう。私もアジサイの花の魅力に翻弄されている一人であるので時間を作って観て廻りたいと思うが今の状況では無理なのだろう。アジサイの花の色は土壌で決まるのはご存知だろうか。酸性とアルカリ性の土壌で色が変わるといわれています。酸性なら青色に、アルカリ性ならピンク色になるそうです。さて、話は変わるが「どじょう」といえば「柳の下に二匹目のどじょう」のことわざがが有名だ。柳の下にどじょうがいたから、また捕れると思い二度目に行ったが捕れなかったと云う事だ。今どの陣営も夏の参議院選に準備をしている真っ最中だが、前回選挙と同じ事をしているから当選出来る保証は何もない。前回以上の努力や熱意や誠実さが求められる。一瞬でも油断したら落選するのが選挙である。どの陣営も真に国民のことを考え、政策に磨きをかけて欲しい。政治家の使命は、今日より明日が、明日より明後日が少しでもより良い生活が出来る社会を構築する事だから。「だから、まずは経済、だから中西」あっ本当だ。この人の政治活動応援しよう。

2016年05月16日 (月)

大船まつり

昨日、当事務所の下の道路(通称・芸術館通)で第13回大船まつりが行われ沢山の人で賑わった。特に昨年からは映画のキャラクターに扮した人達が練り歩く仮装パレードが行われた。元々大船は撮影所があり、あの超有名な「男はつらいよ」の映画はここで作られたことは全国的に知られている。寅さんや、シュレック、白雪姫などの仮装した人は大人気であり沿道の人達と握手をしている。本格的な鼓笛隊を観ようとする人や大船で普段からお店を出している方々が飲食品などで出店し、ヤキソバやたこ焼きや生ビールの販売など黒山の人だかりである。朝の10時から午後4時ぐらいの時間で開催された大船まつりは街興しのためにも、お越し頂いたお客様のためにも、そして出店された地元の商店街の皆様のためにも大成功だったと思う。ただ会場の真正面の事務所で仕事をしていた私は、事務所への出入りもままならないほど大変だったので来年は一緒に参加したいな、この日だけは仕事をしたくないなと思ったのは本音である。

2016年05月15日 (日)

通院

 20歳を過ぎる頃まで超スリムで小さかった私だがそれ以後は年々増加の一途を辿っている。そんな関係で成人病と縁が切れない身体になっている。先日も睡眠時無呼吸症候群とやらで病院に行った。ここに来る患者さんは、殆ど全員といって良いほどおデブさんだ。だから反対に治療法はただ痩せればいいだけだが、ここに居る人は私を含め全員それが出来ないのだ。したがってシーパップという器具を使っての治療となる。これは寝ているときに口で息をしないで鼻呼吸にするようにしてあり、その呼吸が止まると自動的に空気が送り込まれるようになっている。しかし私は花粉症も持ち合わせており、この器具を使った翌日は鼻水たらたらで一日苦しむために、この器具をこの三ヶ月間余り使っていなかった事を医師に告げた。すると医師からは衝撃の言葉が「あなたの病気は深刻ですよ。この治療を怠けるとこの10年以内に脳梗塞か心筋梗塞で亡くなります。万が一、命があっても認知症になりますよ。」と、普通の人はここでショックを受けるのでしょうが、反対に先生に「脳梗塞や心筋梗塞は分かりますが何故認知症になるんですか」と聞くと先生が呆れた顔で「あなたねえ、寝てる時に脳に酸素がいかなければ細胞が弱ってしまうでしょ」って。うーん、明快な回答に納得。しかし病院の帰り道で一人で考えたが、こんな惚けた人だから、あと20~30年は生きるのだろうと自己診断。やっぱりバカは死ぬまで治らないのだろうな。

2016年05月13日 (金)

スマホ

 一昨日の夜に失敗してしまった話です。仕事のストレスが溜ることを理由にお酒を飲む機会が増えてきますが、その帰り道での出来事です。お酒の臭いを和らげようとガムを噛んでいました。自宅近くで急にくしゃみがしたくなりガムを口から取り出し大きな「ハックション」が飛び出しました。その時手に持っていたガムは持っていたカバンに「ぐじゃー」と付いてしまいました。それを摂ろうとすると更に被害が拡大してしまいましたので昨日はカバンを持たないで出社しました。このガム何とかしなきゃあと悩んでいると、昔コールドスプレーで凍らせると直ぐ摂れると教えてくれた人を思い出したので即コールドスプレーを買いに行きました。さて、家に帰って早速試してみましたが効果がありません。そこで登場したのがスマホです。ガムのくっつき摂り方で送信したら、色々な方法が書かれています。チョコレートとガムを一緒に口に入れたらガムが溶けるのはなぜか、それはガムがオイルに弱いということです。そこで台所にあったオリーブオイルでカバンを拭くと綺麗に摂れました。スマホに感謝した一日でした。

2016年05月12日 (木)

ひろみ・郷

私の永遠のライバル郷ひろみ。同い年なのに若々しすぎる60歳なのだ。今度101枚目のシングルを出す、曲名は「IRREGULAR」(イレギュラー)だ。軽やかなステップでこれからの季節にぴったりの曲だ。それにしても脅威の60歳であることに違いない。60歳にもなると高血圧や糖尿病に加え高血糖など成人病にかかり薬を何種類も飲むものだ。だからたまに会った同級生との会話はもっぱら病気と通院や薬を何種類飲んでいるかなどだ。そんな人達と同年代の郷ひろみは成人病関係の薬は飲んでいないのだろうか、そして腰や肩や膝は痛くならないのだろうか。本当に不思議だなあと思う。私は毎日胃が痛むので太田胃酸を毎日飲んでいるので私なりの「胃レギュラー」なのだ。初老の星、郷ひろみに益々の若返りを期待している。そして自分も郷ひろみに近づくように歌に踊りに努力しようと考える毎日である。

2016年05月11日 (水)

田中角栄

今朝のあるテレビ番組で田中角栄元総理のコーナーがあった。学歴は今でいうと中学2年までしか学校に言っていないが、人を曳き付ける魅力に溢れていたという。政策面でも当時政界を賑わした日本列島改造論では、現在の高速道路や新幹線に触れており田中案がそのまま採用されている。とのことだ。さて、その田中さんの人柄についてのエピソードが紹介されていた。人が困っているとき、人に頼みに来るときはその人は弱っているので決して怒ったりしてはいけないそうだ。ある若手が田中元総理に借金返済のために100万円のお金を借りに来た時に、田中さんは一言分かったと言ったそうだ。そしてその相手に300万円を渡し、百万円は借金を返し、もう百万円は借金をしてしまった為に迷惑を掛けた人のために使い、残りの百万円を貯金しろと言ったという。そして最後に一言。「それは返済しなくて良いから」と。これがトップリーダーなのだ。他人の心をしっかり受け止め、その人に忠誠心を植え付ける掌握術だ。現代の政治家には、こういう心がそして資質が足りないように思う。是非こういう政治家が現れてくれることを祈っている。今週刊誌で騒がれている都知事さんがいるけど「遣る事がせこいしちっちぇーな」。

2016年05月09日 (月)

井戸端会議

 大船駅頭の後に定例の会議があった。今後の活動の中であれをやろうとか、これをやろうとか色々な提案がでた。その案件を整理するだけで午前中はパニックになった。気持ちを落ち着けるためにお昼時間を遅らせてひとり静かなランチを摂る事にした。店に入るとお客さんも少なくホッと一息ついた。お客様は禁煙にしますか、喫煙ですかと聞かれたので当然禁煙ですと答えたら、そちらの部屋へ案内をされた。その部屋には外交員風のお姉さま四名が懇談をしている。あれ、食事は終わってないのかなと見てみたら既に終わっているようだ。それなのに話に花が咲いて、四人で速射砲の如くしゃべり続けている。まるで、昔お正月にやっていたNHK青年の主張のようだ。人の話は利かず自分のことを一方的に話しをしているので当然話はかみ合わない。申し訳ないが他人の私には騒音そのものだ。よく考えたらここは喫茶店でもないし、食事どころだ。家の奥さんもこんな事しているのかな。皆大人なんだからマナーは守ろうよ。

2016年05月08日 (日)

いいな、このテレビ

 土曜日夜7時54分から始まるテレビ東京の「家について行ってイイですか」が非常に面白い。というより成る程と感心したり感動したり非常に勉強になる。駅の最終電車に乗り遅れた人に、家に帰るタクシー代を支払うので家の中を撮影させて下さい。との内容だ。自分だったら絶対に引き受けないと思うが、世の中には太っ腹の人がいるもんだ。タクシーに乗って家に帰りテレビクルーを入れて家の中を撮影だ。家の中は綺麗に片付いている几帳面な人から、えって、声が出そうなお構いなしの人まで色々な方が居る。そんな部屋の中でスタッフが質問を始めると人生、人それぞれにドラマがある。離婚経験者や子供のときに苦労された方などだ。一方で肝っ玉母さんぶりを発揮してお父さんをコントールしながらも愛情を注ぐ夫婦など幸せになっている方たちだ。素人であるが故、先を見越せない突然の変化がわくわく感をよんでいる。誰がこんな事を考えたのだろうか、兎に角面白いこの先が楽しみな番組だ。いやあ人生色々、家庭も色々、中に入ってみなきゃあ分かんないよね。

2016年05月07日 (土)

人酔い

 本日は中西けんじ参議院議員の国政報告IN川崎の街頭演説のお手伝いをしました。土曜日とあって沢山の方が川崎駅を利用します。人、人、人でごった返しています。国政報告のビラをお渡しするのにも、通行の邪魔にならないように大変気を使います。これを長い時間続けていると人酔いの状態になります。昨日のお酒が抜けないままに人酔いになると何ともいえない脱力感が襲ってきます。ただ、このだるさは時間が経てば治ってきます。それが証拠に電車で帰ってきて大船に着くと元気はつらつです。なぜかといえば川崎駅に比べ人は少ないし、別の意味の夜の酔いが待っているからです。別に約束があって飲むことが決まっている訳ではないけれど、今晩も飲みすぎで二日酔い?にならないように気をつけよう。

秘書のブログ

カテゴリ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ