あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

応援メッセージ

屋山 太郎 (政治評論家)

屋山 太郎 日本の政治を浅尾慶一郎君のような、若くて国際感覚に富み、かつ勇気ある青年に任せようではないか。北朝鮮の工作船が韓国海軍に爆沈された時、浅尾君は、いち早く訪韓し、工作船の部品の7 ~ 8 割が日本製だったことをレポートした。政治的なカンと行動力に感服した。その後、北朝鮮の拉致事件が明らかになり、核開発に乗り出している。こういう恐ろしい事態が深く潜行していることを政治家は知らなかったのか。何という鈍感さだ。こういう古くて鈍い政治家達に、とうてい日本の政治は任せられない。政界は人材を総取っ換えせよ。その中で浅尾君は賢明で、将たるにふさわしい人物だ。 浅尾君を首相に育て日本を再建しよう。

白石 真澄 (関西大学政策創造学部教授)

白石 真澄 政治、経済など、あらゆる面で閉塞感に包まれた今の日本を変えられるのは、誠実で行動力に満ち溢れた浅尾慶一郎さんのような人材です。

平成10 年の初当選以来、浅尾さんは、雇用確保、社会保障制度改革、行政の情報公開をはじめ、多くの課題に精力的に取り組んできました。

また、政治に興味を持つ学生との勉強会、「浅尾政経塾」を開催するなど、後進の育 成にも情熱を持って活動しています。「一人一人が真の自己実現が出来る社会、夢の実現の為に誰にでも何度でもチャンスのある社会」。これが浅尾さんが理想として描く社会の姿であり、重点政策です。日本人が誇りと自信を取り戻し、すべての人が能力を発揮できる、こうした人間性溢れる優しい社会を実現するため、是非、皆様に浅尾さんの応援をお願い申し上げます。

平田 オリザ (劇作家・演出家)

平田 オリザ 欧米の多くの国々は、文化政策を、外交の戦略の一環と位置づけ、多様な施策を実行しています。こういった外交文化戦略という考え方が、日本の外交にはまったくありませんでした。いまこそ、浅尾さんのような、外交にも文化にも、そして経済や教育に明るい新しいタイプの政治家が求められているのだと思います。

対話型の政治という事がよく言われます。本当の対話型の政治家とは、市民とも、他国の元首、大臣とも、同じ目線で話せる人を指すのだと思います。浅尾さんはそれができる、数少ない若手政治家の一人だと、強く期待しています。

弘兼 憲史 (漫画家)

弘兼 憲史 漫画家の弘兼憲史です。若い世代の代表の浅尾慶一郎君を応援しています。政治家というものは熱く語ることも大切ですが、冷静に物事を判断する力、そして客観的に物事を判断できる力を持っている人が大切だと思います。そういう意味でも浅尾慶一郎君はこれからの日本を背負ってたつ将来の総理大臣になっていただきたい最大の人物だと思います。彼は、これからの日本が直面する様々な問題に対処するだけの知識を持っています。銀行で培った力を最大限に活かせる経済のわかる政治家でもあります。彼をこれからの日本の代表にしていきたいと思っております。

私は、国会議員のやる仕事は大きくわけて4 つだと思っております。1 つは平和・防衛問題、2 つ目に外交問題、3 つ目に経済政策、4 番目に教育政策です。この4つが国会議員の仕事だと思っております。浅尾慶一郎君は、これら4 つの問題に精通しています。特に最大のプライオリティの第一位は、平和・防衛問題だと思います。現在の憲法はこのままで良いのか、彼も色々考えておりますし、私もこういう問題に大変興味があります。ぜひ、浅尾君と平和・防衛問題に関して、皆さん一緒に考え、一緒に話し合っていってください。皆さんともども応援していきましょう。

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ