あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

国会活動

衆議院-議院運営委員会-12号 平成25年03月05日(2)

2013年03月05日 (火)

183-衆-議院運営委員会-12号 平成25年03月05日



○浅尾委員 みんなの党の浅尾慶一郎です。
きょうの中曽参考人の御答弁を伺っておりまして、もう皆さん聞かれておりますけれども、きのうの黒田参考人、そしてきょうの岩田参考人とずれがあるというふうに認識をいたしました。
それは、黒田参考人も岩田参考人も、二年で二%は達成できる、それは目標だというふうに明確に言っておられますが、そのことについて中曽参考人は断言されていないように思います。
それは、考え方は違っても合議体の日銀ですから別にいいんですが、考え方が違うのか、それとも二年間で二%達成できるのか、端的にお答えいただきたいと思います。

○中曽参考人 先ほど申し上げましたように、達成の時期というのは、世界経済などさまざまな要因によって左右をされます。不確実性もございます。そういった要因に左右される部分が残ります以上、必ず二年でというところは言いがたいところがあります。
ただ、私どもは、二%というのはお約束してございます。共同声明の中にも、極力早期にと明記してございます。これはお約束です。
したがって、私どもは、その約束を達成することに向けて全力でやってまいりたいというふうに思っております。

○浅尾委員 確認ですが、そうすると、若干幅があるという理解でよろしいですか、黒田さんや岩田さんとは。

○中曽参考人 デッドラインについてはなかなか難しいところがありますけれども、極力早期にと、ここは意識がそろっているというふうに認識をしてございます。

○浅尾委員 中曽参考人は、長らく日銀に勤めておられて、さまざま金融政策に携わってこられましたが、これまで達成できていなかったわけですね、その二%ということ、あるいは一%ということも達成できていなかったわけですが、今回、できるようになるのは、金融政策の中身を変えるからなのか、日本経済が持っている力が変わったからなのか、それはどちらの比重が大きいのか、伺いたいと思います。

○中曽参考人 両方だというふうに思っております。
つまり、マクロ的には、今、リーマン・ショックの後ある程度時間がたちまして、米国におきましては家計のバランスシートが回復する、あるいは、欧州の債務問題については最悪のシナリオは回避されるのではないか、そういう期待も出てきております。多少期待先行のところはあるんですけれども、これが経済の好循環に結びついていくのではないかという期待が今生まれているところだと思いますので、こういう機会を捉えて、実際に実体経済の面でも好循環が働いていくように、これは今、絶好のそのチャンスが訪れているのではないかというふうに認識をしています。
したがいまして、このチャンスを逃すことのないよう、金融政策面でも強力な金融緩和を続けてまいりたい、そのように考えている次第でございます。

○浅尾委員 過去、例えば十年とかの範囲で、今が唯一のチャンスなのか、そうでないのかについて伺いたいと思います。
私、先ほどの、例えば、リーマン・ショックの後、日本の金融システムが安定していたという見方について、確かにそうなんですが、それには理由があって、非常に金融問題をきれいにした、結局、危ない融資がなかったから安定したということだと思いますので、今が唯一のチャンスなのかどうかということについては少し違和感があるんですけれども、今が唯一のチャンスだというふうに思っておられるかどうか、伺いたいと思います。

○中曽参考人 過去にチャンスがあったかどうかという点につきましては、これは金融政策という観点に引きつけて見ますと、ある程度、もう少し工夫の余地があった、局面があったのではないか、そういう部分があるのは事実ではないかというふうに思います。
金融システムにつきましては、九〇年代の後半の金融危機以降、非常に長い時間をかけて、バランスシートが、二〇〇〇年代の初頭くらいにかけて、ある程度これが過去のものになった。そういう意味におきまして、日本の金融機関、今は相対的に資産内容も健全ですし、信用仲介能力も損傷を受けてございません。
そういう信用仲介能力がほぼ無傷でいるということは、デフレの克服に向けても大きな利点になると思いますので、私が申し上げているチャンスというのは、そういう点も含めてでございます。

○浅尾委員 終わります。

 

 

国会活動

バックナンバー


国会会議録検索システム

衆議院TV

youtube

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ