あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2018年03月30日 (金)

「証人喚問について」活動レポート2018年4月号



■最も多く証人喚問の質疑に立つ

先日、偶然テレビをつけたら、過去の証人喚問において証言をうまく引き出した事例として私の守屋元防衛事務次官に対する質疑の際に久間、額賀両元防衛大臣の名前を引き出したことが紹介されていました。
佐川前国税庁長官に対する証人喚問への関心が高まっている中での放送でした。
私は、今でも最も多く証人喚問で質疑をした者の一人だと自負しております。
そもそも、証人喚問は、そう度々行われる訳ではありません。数回の経験でもかなり経験をした方になります。


■新たな証言を引き出す難しさ

証人喚問で相手方から驚く様な証言を引き出すことは、刑事訴追を恐れる証人の側がガードを非常に硬くして臨みますので大変難しいことです。
佐川前国税庁長官の喚問でも、刑事訴追の恐れがあるという理由で、新たな事実に関わる証言が出なかったことはご案内の通りです。
一方、世間の関心は高く、質疑をする議員の側もよほど準備をしていないとメディアから空振りと批判されるので通常の質疑以上に緊張致します。


■守屋証人喚問における準備

守屋元防衛事務次官に対する証人喚問の準備では、防衛商社の株式会社社山田洋行から守屋氏への接待が話題に上っておりましたが、同社以外の商社が守屋氏にした接待の事例等も私は綿密に調査して臨みました。
調査にあたっては、そうしたことに詳しい人物と個人的に信頼関係がないと参考になる情報は入りませんので、相当人脈のある議員でないと証人喚問はうまくいかないと思います。


■印象に残る過去の証人喚問相手

過去に行った証人喚問で最も印象に残っておりますのは、私が最初に喚問をした証人である株式会社商工ファンド代表取締役であった大島健伸氏対するものです。
同氏も最終的には刑事訴追をされましたが、当時大変巧妙に法律を駆使して貸金の回収をしていたことが私の質疑で明らかになりました。
具体的には、根保証限度額で一覧払い支払地商工ファンド○○支店という手形に保証人に裏書をさせた上で貸出を行い、期限に支払いがなければ手形訴訟として、東京地裁に回収依頼をしていました。
裁判所にいわば回収をアウトソースする形を取っていたのです。
これは、法律に反するものではありませんが、法律の想定外のことです。
実際、私の質疑の三年後には、裁判所から自粛要請を受ける程でした。
一般的に言えば、証人喚問の相手方は非常に頭が良い上にガードを固くしていることが多いので、よほど準備をしないと世間が期待する証言を引き出すことは難しいです。

前衆議院議員 浅尾慶一郎

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます




2018年03月30日 (金)

5月31日(木)「女性の集い in 逗子」のご案内

「ペットとの接し方 対談昼食会」葉山どうぶつ病院 金子院長

5月の女性の集いは、葉山どうぶつ病院の金子英生院長をお迎えして、あさお慶一郎と対談をいたします。
動物好きな方、日々のペットとの接し方に悩みや疑問をお持ちの方など皆さんのご参加をお待ちしています。
お食事は、JR逗子駅近くのイタリアン「トラットリア・ラ・ヴェルデ」で、イタリアで8年間修行を積んだシェフの料理を楽しんでいただきます。

日時:5月31日(木)11時30分~14時00分
場所:ラ・ヴェルデ(逗子市逗子2–10–3)TEL:046–871–2439
会費:2,500円
定員:40名限定(お申込み〆切5月25日)



お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626

 

 

2018年03月30日 (金)

5月12日(土)「第12回 湘南リーグ開会式」

浅尾慶一郎は地元のお子さんたちの健全な育成を願って、湘南リーグ親善少年野球大会を立ち上げ、今も会長を務めております。
横浜市栄区、鎌倉市、逗子市、葉山町に加えて藤沢市と金沢区のチームも参加、毎年元気よく試合に臨んでいます。
今年もいよいよ開会式。
お子さんたちの晴れ姿を見にいらしてください。

日時:5月12日(土)8時45分~9時30分(開会式に続いて第一試合があります)
場所:三菱グラウンド(鎌倉市上町屋675)

2018年03月03日 (土)

学生インターン募集中!(高校生から大学生)

あさお慶一郎事務所では事務所で日々の活動に加わっていただく、学生インターンを募集しています。
インターンとして様々な活動を経験するだけでなく、自身で企画し、イベントの運営も行うこともできます。
また大学での「政治学」授業のレベルに匹敵するあさお慶一郎自身による座学もあります。
学生同士の新たな繋がり、人生の大先輩たる社会人との出会いなど、皆さんの視野を広げる良い機会となるでしょう。
ぜひ、ご参加ください。

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626

2018年03月03日 (土)

4月29日(日/祝)「第14回 湘南芸能同交会 発表会」のご案内

あさお慶一郎が栄区をはじめ、鎌倉・逗子・葉山の芸能文化の継承を願って立ち上げました湘南芸能同交会。
子どもから大人まで幅広く楽しめる会です。
皆様、お誘い合わせの上、ご覧いただければ幸いです。

日時:4月29日(日/祝)11時開演(10時30分開場)
会場:横浜市栄公会堂(横浜市栄区桂町279– 29)
会費:無料です

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626
FAX(印刷)用PDFファイル

2018年03月03日 (土)

4月22日(日)「第7回 あさお竹の子大会」のご案内

2011年東日本大震災の後、被災地で頑張る若者を応援しようとの趣旨で、あさお慶一郎を中心としたボランティアの皆さんが開催するイベントです。
竹の子がすくすくと育つように、震災の年に生まれた子ども達が成人を迎える20回まで(今年で7回目)の開催を目標にしています。
(収益は、被災地の若者、支援団体に寄附しています)。

旬を迎える鎌倉産の竹の子と鎌倉野菜をメイン・レシピとするお料理を楽しむ懇親会。
「とても美味しい!」と毎年好評です。
ご参加いただけましたら幸いです。

日時:4月22日(日)11時30分~14時30分
会費:2,500円
会場:鎌倉市福祉センター2階(鎌倉市御成町20–21)

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626
FAX(印刷)用PDFファイル

2018年03月02日 (金)

「トランプ大統領の演説を聞いて」活動レポート2018年3月号


■National Prayers Breakfastに参加して

2月の初旬、米国・ワシントンで行われたNational Prayers Breakfast(全国朝食祈りの会) という朝食会に参加してきました。
朝食会にはトランプ大統領も参加されました。
この朝食会は今年が66回目。アイゼンハワー大統領が出席して以来、米国大統領が毎年参加するという権威のあるもので、キリスト教徒、ユダヤ教徒、仏教徒、イスラム教徒など、宗教や政治の立場を超えて集い、相互理解を目的に世界から多種多様な人材が集まりました。


■様々な新たな発見

今回の出張で、色々な新たな発見がありました。
空港とホテルの往復は行きがウーバー(※注)、帰りは普通のタクシーで、運賃はウーバーが40ドル、タクシーが70ドルでした。
ウーバーのドライバーもタクシーの運転手もアフリカからの移民でしたが、印象的だったのは、ウーバーの運転手さんが自身も所属するウーバーに対し懐疑的で、むしろ勝者がすべてもっていくというビジネススタイルを否定する意見を持っていたことです。
ITを活用して便利になることは、良いことですが、その負の側面にも当事者が目を向けている、そんな余裕を感じました。


■基本的人権は奪うことの出来ないものと再認識

朝食会でトランプ大統領が訴えたのは、人間の権利は人によって与えられたものではなく創造主から与えられたもので、如何なる地上の権力もそれを奪うことが出来ないということでした。
だからこそ、「圧制的で残虐な政権と戦わなければならない」と、北朝鮮の問題に触れ、脱北者であるチ・スンホ氏が平和と自由を求めた祈りについても触れました。
もう一人会場にいた難病を克服した9歳の女の子の話にも触れ、お医者さんが、彼女が歩けなくなるかもしれないと話をした際に、「私が出来なくなることの話は聞きたくない。ただ、歩けるようになる様に努力させて下さい。」との発言を紹介し、小さいけれどみなのヒーローだとして彼女を紹介していました。


■違いより共通項が多い世界の人々

今回の会合に参加して、私自身多くの方と触れ合い、改めて、世界の人とは異なる点よりも、共通することの方が多いと感じ、それは特に言葉ではなく行動を通して理解できるものだとの認識を深めました。


前衆議院議員 浅尾慶一郎


※注)ウーバー(Uber)とは、アメリカ合衆国の企業であるウーバー・テクノロジーズが運営する、自動車配車ウェブサイトおよび配車アプリである。現在は世界70カ国・地域の450都市以上で展開している。
特徴としては、一般的なタクシーの配車に加え、一般人が自分の空き時間と自家用車を使って他人を運ぶ仕組みの構築が挙げられる。

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます


 

2018年03月01日 (木)

あさお慶一郎ミニ対談:木村 伊量氏

「日本のヴィジョンを考える会」講演前の対談(2018年2月27日)

2月の勉強会は、国際政治アナリスト、前朝日新聞社 社長 木村 伊量(きむら ただかず)氏をお招きして
『グローバル時代のリーダーシップとは~異業種交流・他流試合のすすめ~』と題して開催致しました。
木村先生は崇高な文化人の見地から、価値観が大風に舞う木の葉のように揺れ動く中で、国際人の条件とは、そしてあるべきリーダー像とは、また、先生の政治記者、国際記者としての経験や、古今東西のリーダーのユーモアのセンス、知らざるエピソードにも触れながら、これからのリーダーに求められるものとは何かについて語って頂きました。具体的には、
【国際人の条件 その1‐発信力】
【国際人の条件 その2‐ユーモア】
【国際人の条件 その3‐細やかな気配り】
【新時代のあるべきリーダー像とは】、3つのリーダー像:
1)率先垂範する 2)部下を信じ、まかせる 3)最終責任を取る、大局を見る
【慎重な楽観主義でいこう】
などについて、分かり易くご講演して頂きました。

【講師略歴】
木村 伊量(きむら・ただかず)氏 略歴
1953年(昭和28年) 香川県高松市生まれ
1976年 早稲田大学政治経済学部政治学科卒業
1976年 朝日新聞社入社
1982年 東京本社政治部(首相官邸、自民党、公明党、国会、外務省などを担当)
1992年 政治部自民党キャップ
1993年 米コロンビア大学国際関係大学院東アジア研究所客員研究員
1994年 アメリカ総局員(駐ワシントン ホワイトハウス、国務省などを担当)
1999年 論説委員(政治、外交、安全保障、国際政治担当)
2002年 政治部長
2005年 東京本社編集局長
2006年 ヨーロッパ総局長(駐ロンドン)
2008年 GLOBE創刊、初代編集長
2010年 役員待遇西部本社代表
2011年 取締役広告・企画事業担当
2012年 代表取締役社長に就任
2015年 代表取締役社長を退任
2016年 英セインズベリー日本藝術研究所シニア・フェロー
2017年 国際医療福祉大学大学院特任教授

2009年 東京アートディレクターズクラブ(ADC)賞受賞
2014年 英国エリザベス女王より名誉大英帝国勲章(CBE  Honorary Commander of British Empire)受章
世界経済フォーラム(ダボス会議)メンバー(1997-2012)
公益財団法人ジェスク音楽文化振興会評議員
政策シンクタンク「構想日本」アドバイザー
香川県産業活性化アドバイザー

著書 「竹下派支配」「ヨーロッパ社会主義はいま」「湾岸戦争と日本」「公共政策 メディア」(共著)など。
国際関係の論文に岩波書店「世界」2016年7月号「ヨーロッパを覆う新たな『鉄のカーテン』」など

 

1

お知らせ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ