あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2017年11月30日 (木)

最後のブログは平凡だ

2001年9月1日入所、2017年11月30日を持って退職となります。前職はごく普通のサラリーマンだったので早朝からの駅頭や夜遅くまでの運転など、只、只驚くことばかりだった。また、この神奈川4区では、地方議員選挙で過去にリコールが頻繁に行われていたので統一地方選挙から時期がずれている。結果、毎年、毎年選挙がある地域でもあったので必然的に選挙にも詳しくなる。それゆえ友好議員の応援に入ることも多々あった。その一つひとつが良い思い出だ。語り始めればきりがない政治の世界でここまでやってこれたのも関係各位のご協力のお陰と感謝の一言です。皆様本当に有難うございました。これからも浅尾慶一郎を宜しくお願い致します。

2017年11月29日 (水)

退職イヴ

 学校を卒業後に、一日たりとも失業したことが無かった私に明後日からプー(失業)という現実を突き付けられる。仕事の忙しい時には「あーあ休みたいな」と思ったことがあったが、これから毎日が日曜日だ。何をやっても構わないし、何もやらずに寝ていてもOKだ。しかし正直に言うと楽しくないのだ。要するに不安だらけなのだ。そう、この不安を取り除くには働くしかないのだ。でも余計には働きたくないのも本音だ。出来れば9時から5時まで毎週月曜日から金曜日まで、そして正月・ゴールデンウィーク・夏休みは10日間あれば良い。こんな夢みたいな職場は無いだろうな。そうだ実家の手伝いをして漁師になろうかな。

2017年11月28日 (火)

ご挨拶

 浅尾事務所に入所したころにお世話になった方々にお別れのご挨拶に伺った。まだ、後援会も無く一軒一軒浅尾先生と訪問して支援者になって頂いた方々である。初対面時に65歳の方も既に80歳を越す年齢になっている。あの頃の話が弾むし、各地方選挙で応援頂いた話になる。電話掛けやビラマキそして桃太郎。一時期は全戦全勝で向うところ敵無し状態であったので選挙が楽しかった。でも「今は歩けないのよ」とか「外に出るのが辛いのよ」と支援者の方々が話しをされると月日の流れを直に感じ取ることが出来る。もう少し政治の世界に携わっていたなら、この方々への恩返しに年配の方々の暮らし易さなどの政策が実行出来るのではと考えても後の祭りだ。これからの10年は後期高齢者がいっきに増える、そして若年層の社会保障費の割合が急激に増えるので早い対応が必要だ。やはり国会には浅尾先生が必要だな。

2017年11月27日 (月)

最後の晩餐

 先週、地元後援会である連合あさお会が行われ選挙総括を含めて活発なご議論をして頂いた。皆さんの一致した意見は次に向けて捲土重来を期し全員で活動を強化していこうというものだった。浅尾先生にも叱咤・激励が飛び全部が快いものでは無かったと思うし、側で聞いていた私も本当に済まない事をしたと改めて反省をした次第である。そんな浅尾先生だが、会議後に今回退職する私を含め3名の慰労会を計画してくれ、肉好きの私の為に高級焼肉屋さんに連れて行って貰った。とても美味しい肉を浅尾先生が焼いて私たちの皿に入れてくれる。それを無心に食べるとほっぺが落ちるほどの美味しさだ。そして浅尾先生から「次はこれを食べますか」と聞かれ「お願いしますー」と答え、「次は何を飲みますか」と聞かれると「ワインをお願いしますー」と遠慮なしで答える。ここは天国だと勘違いしてお腹一杯に食べてしまった。正しく最後の晩餐だ。しかし翌々考えると今一番辛いのは浅尾先生だ。私たちが慰労しなければならないのに、またまた配慮を欠いてしまったな。今度は私がご馳走しなければ・・・

2017年11月24日 (金)

役割

 浅尾事務所の朝は駅頭で始まる。今日はJR鎌倉駅でスタートといいつつ、私は私用が有りやむなく欠席することを担当秘書に告げた。担当秘書からは、明日の朝食は美味しいナポリタンですよ。本当にお休みですか・・・「ウーム心が揺れるな、最後にあのナポリタンを食べたかったな」しかし用事を回避出来るわけではないので休ませて貰った。その駅頭後には12月からの各秘書の役割分担が発表になった。私を除く各秘書が、これから浅尾事務所の活動を支えるための分担なので皆必死に聞いている。当然の事ながら今より巾のある範囲の仕事になるので尚更だ。捲土重来を期し、浅尾先生のみならず事務所を去る人の想いを適えて頂く為にも、是非頑張って欲しい。

2017年11月24日 (金)

12月2日「蕎麦収穫イベント」のご案内(終了いたしました)

一緒に蕎麦を収穫していただく方を募集します


あさお慶一郎は『地産地消』の活動を支援しています。
地元で自然に親しみながら作物を育て収穫を祝い食する迄のイベントをしたいという声に応えて、お手伝いをさせていただいています。
今年は試験的に小規模ながら蕎麦の実を植えました。
10月には白い花が咲き、11月に入り少しずつ実をつけはじめています。
来月12月に蕎麦の実の収穫を行います。
是非ご一緒にひと汗かきながら自然に親しんでいただきたいと思います。
参加費は無料。小さなお子様が御一緒のご家族も歓迎です。

【日時】12月2日 (土)9時~15時頃
【集合場所】横浜市栄区役所駐車場(横浜市栄区桂町303-19)
【集合時間】9時
【作業現地】栄区公田町1035近辺(栄区役所より車で送迎します)
【作業内容】蕎麦の実収穫(刈り入れ→実の叩き落とし→ふるい分け)
※用意するもの:軍手、 タオル、 お弁当 (各自ご用意願います)、水筒など
※服装:汚れて良い服装(畑作業用) 、靴は長靴など土が入りにくいもの

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626

2017年11月23日 (木)

魚ギョぎょ

 本日は浅尾先生の帯同で運転手として漁業協同組合へ行った。海は波が荒くサーファー達が沢山押寄せている。私も待ち時間を利用して波乗りを見ていたが飽きてきたので車に戻った。暫くすると私の車の目の前に若い女性の車が停まった。車の中にはサーフボートが積んであり波乗りに来たようだ。彼女は直ぐに波の状況をチェックしに海を見に行きやがて帰ってきた。すると突然私の乗った車の目の前で腰にタオルを巻き、ウエットスーツに着替え出したのだ。私は目のやり場に困り首を傾け違う方を見ているがいつまでも続くわけが無い。よーし正面を向こうと思ったら丁度着替えが終わったところ。やれやれこれで一安心。いや、まてよ。考えてみたら私が悪いことをした訳ではない。いくらじじいでも男は男、レディなんだからマナーを守ろうよ。

2017年11月22日 (水)

寒い朝

 北風吹きぬく寒い朝も心ひとつで暖かくなると、遠い昔、吉永小百合が歌っていたが、早朝の駅頭は心ひとつではとても暖かくならない。しかし隣で配っている浅尾先生のところによって「頑張ってね。また国会で活躍してね」との激励をしている人の声を聞くと、身体全体が熱くなり目頭に霧がうっすりと掛かってくる。特に浅尾先生のファンの多い逗子駅では頻繁に声を掛けて下さるので尚更だ。そして今日はビラの受け取りがいつもよりハケが良い。この状態が続けば次は大丈夫かなと自分なりに考えるが私の逗子駅での駅頭は今日が最後だ。普段の11月末にこんな寒さを感じたことが無いが、この業界を離れても忘れるなよと神様の贈り物かも知れない。終了後にはこれも最後になる駅の立ち食い蕎麦。私と変わらない年代のおばちゃんにいつも激励をうけて食べた朝食も今日で最後だ。それならば豪華に朝食セットを頼む、ご飯に卵と納豆付きとタヌキ蕎麦だ。これで420円。おばちゃん来月から無職になるが420円貯まったらまた会いに来るからそれまで元気で待っててね。美味しかったよ!そして心から暖まったよ!

2017年11月21日 (火)

荷物の整理

 長い間事務所にお世話になっていると色々な私物が溜ってくる。でも何でこんな物があるのかと不思議になる。卓上コンロやなべに加えホットプレート、そして驚く事にサーフボートなどだ。そんなふざけた物を持っているから厳しい結果になるのだと他人は言うだろう。しかしそれぞれのステージでは重要な役割を果してきたし、人間関係の和を作る上で必要不可欠なものであった。その品物を見ているとひとコマひとコマが思い出される。そして楽しかったこと、苦しかったことそのすべてを胸に秘めてこの事務所を旅たつ。あとは私の大好きな言葉を残し後輩諸君に託すだけ。「花の咲かぬ寒い日は、下へ下へと根を生やせ、やがて大きな花が咲く」   頼んだぞーーーーーーー

2017年11月20日 (月)

最終コーナーを廻った

10月22日に行われた衆議院議員総選挙では、沢山の皆様から温かいご支援を頂きながらも事務局を務めた私の戦略ミスで落選となりました。この落選は候補者本人は元より関係各位の皆様や投票して頂いた皆様に対して、大変申し訳なくお詫びするばかりです。昔政治が全然分からない40年前ぐらいに福田赳夫元総理が選挙に負けたときに「敗軍の将、兵を語らず」といった言葉を鮮明に覚えていたが、選挙に負けるとはこういう事だったのかと実感している。この結果を受けて私も今月いっぱいで退職する事にしたが、辞めることを決断した割には「あれもやったら、これもやったら」とついつい残る人達に割り込んでしまっている。敗戦を糧に新たな戦略をしなければならない人からは「うるさいな」と思われていることだろう。よーし残り2週間、へんな口出しは止めて今まで書いてきた秘書ブログで最後を締めようと思う。

お知らせ

カテゴリ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ