あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2017年09月29日 (金)

あさお慶一郎ミニ対談:宮家 邦彦氏

「日本のヴィジョンを考える会」講演前の対談(2017年9月28日)

9月の勉強会は、外交政策研究所 代表 宮家 邦彦(みやけ くにひこ)氏をお招きして『力の大真空と日本の安全保障』と題して開催いたしました。
勉強会では、直近の地域国際情勢を解説して頂きまして、今後の行方だけでなく、日本の歩むべき道についても考えていきました。
特に今回は、国際情勢を予測する手法として「力の大真空」なる概念をご紹介いただきました。
まず、過去の人類の歴史の中で「力の大真空」が生まれた原因、経緯、結末を詳細に分析し、「力の大真空」が生じた際の結果について7つの類型を考えます。
その上で、これら7類型を北朝鮮と南シナ海に当てはめ、両地域における今後の地域情勢の行方を占い、それぞれの場合に、日本を含む関係国が如何に対応すべきかを考えていくという切口が興味深いお話になりました。

略歴:
宮家 邦彦(みやけくにひこ)氏
外交政策研究所 代表
1953 年 神奈川県生まれ
*****
78年 3月 東大法卒
78年 4月 外務省入省
86年 5月 外務大臣秘書官
91年10月 在米国大使館一等書記官
96年 7月 中近東第二課長
98年 1月 中近東第一課長
98年 8月 日米安全保障条約課長
00年 9月 在中国大使館公使
04年 1月 在イラク大使館公使
04年 7月 中東アフリカ局参事官
05年 8月 外務省退職、外交政策研究所代表に就任
06年 4月 立命館大学客員教授
06年10月-07年9月 総理公邸連絡調整官
09年 4月 キヤノングローバル戦略研究所・外交安全保障研究主幹

2017年09月24日 (日)

9月29日(金) 第62回 そろばん塾 「あさお慶一郎、政治への想いを語る!」 のご案内

第62回 そろばん塾 「あさお慶一郎、政治への想いを語る!」
今回の衆議院選挙を前に、あさお慶一郎が自身の政治活動をふりかえり、日本のこれから世界のこれからに、政治家としてどのように取り組むのか、浅尾の想いを皆様にお伝えします。
ぜひ、皆様お誘いあわせの上、お越しいただきたくよろしくお願いいたします。
※予定しておりました空間演出家の 石多 未知行(いした みちゆき)のご講演は改めてご案内します。

【Facebookイベントページ】
https://www.facebook.com/events/550788265252321/

■日時:
9月29日(金)
1)そろばん塾 20:00~
2)懇親会   21:15~

■会場:
1)そろばん塾会場:浅尾慶一郎事務所
住所:鎌倉市大船1-23-11 松岡大船ビル5階
会費:無料

2)懇親会会場:「いろは茶屋」
住所:鎌倉市大船1-26-41 千馬ビル3F
電話:0467-44-4883
会費:4,000円

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626

2017年09月05日 (火)

10月30日(月)「女性の集い ランチミーティング」のご案内

浅尾議員と水谷川優子さんとの対談「ヨーロッパの女性の政治意識と環境問題」

水谷川優子さんはドイツと日本を拠点に活躍するチェリストです。
ご実家の鎌倉へのお帰りに合わせて浅尾議員と対談をしていただきます。
また、当日はサプライズがあるとのことです。お楽しみに!

日時:平成29年10月30日(月)12:00~
会場:タケル クインディチ(鎌倉市山ノ内1384)北鎌倉東慶寺門前
講師:水谷川 優子様(チェリスト)
参加費:3,000円
※女性限定です

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626
PDFファイルはこちら

2017年09月05日 (火)

10月28日(土)「浅尾活動レポート談義」のご案内

浅尾代議士が毎月発行しております活動レポートに書かれている提言の裏側には何があるのか。
鎌倉市深沢地区の「秀福」さんで美味しい蕎麦を頂きながら、浅尾代議士本人から直接話を聞いてみませんか。

日時:平成29年10月28日(土)19:00~21:00
会場:秀福(鎌倉市常盤309)
参加費:3,000円

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626
PDFファイルはこちら

2017年09月04日 (月)

「人工光合成への一歩」活動レポート2017年9月号



人類の活動の源になる光合成

今月はちょっと夢のある話をしましょう。
私はかねてより、植物が行う光合成を人工的に行える様にすることが出来れば、我国の国力を高め、環境問題の解決にも寄与すると訴えて参りました。
植物は空気中や水中にある二酸化炭素と水を光のエネルギーだけを使って、ブドウ糖と酸素に変換しております。
太陽のエネルギーを貯めておく材料として、地球上にまんべんなく存在する二酸化炭素と水を活用しているのです。
そして、人類を含めて動物は植物が作ったものを食料として食べ、あるいは、石油や石炭等光合成由来のものを人類は燃料として活用しております。


新たな発見

植物の行う光合成の原理は解明されておりますが、まだ、人類はそれを人工的に効率良く再現出来るには至っておりません。
しかし、少しずつですが、新たな発見も出来ており、人工的に再現出来ることに近づいています。
そうした研究の成果について、国会閉会中に調べて参りました。
私の高校時代の同級生でもある東京農工業大学工学部長三沢和彦教授のグループは兵庫県播磨科学公園都市のX線自由電子レーザー施設(SACLA)で、光触媒に光を当てることで動く電子の動きを10兆分の1秒の単位で観測することに成功しました。


植物より効率よく二酸化炭素を固定化

光合成の原理は、光が植物に当たることで、光のエネルギーが電気エネルギーに変換され、そのエネルギーを使って水を電気分解し、炭素が複数結合した有機物が作られるというものです。
三沢教授等の実験は、光が当たって電流が流れる所の撮影に成功したというものです。
三沢教授の話しを聞いた後に、豊田中央研究所に伺って、我国で最初に光のエネルギーだけを使って、植物より効率よく二酸化炭素をギ酸という有機物に固定することに成功した森川健志シニアフェローにもお話を伺うことができました。


エタノールを作ることで日本を産油国に

残念ながら、ギ酸はいまのままではさほど有用な物質ではありませんが、森川博士は、「炭素が二個結合したエタノールもやがて植物を超える効率で人工的作っていくことも可能になるのでは」との考えをお持ちでした。
エタノールを生成出来れば、それは我国にとってまさに産油国になるような夢のある話です。
また、温暖化の抜本的な対策にもなり得ます。
もとより、私自身は文系の人間ですが、国家プロジェクトとして、そして人類に新たな夢を与えるプロジェクトとして人工光合成の推進を応援して参りたいと考えております。


衆議院議員 浅尾慶一郎

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます


2017年09月02日 (土)

あさお慶一郎ミニ対談:黒川 清氏


「日本のヴィジョンを考える会」講演前の対談(2017年8月23日)

今回は、政策研究大学院大学名誉教授、東京大学名誉教授 黒川 清(くろかわ きよし)氏をお招きして『日本の良さ・強さ、そして弱さ:これからの世界にあって、日本人に大事なこと』と題して開催致しました。
黒川先生は東大名誉教授、政策研究大学院大学名誉教授、日本学術会議会長、そして長い内科医のキャリアをお持ちで、14年余の在米の中ではUCLA医学部内科教授、その後、東京大学医学部内科教授、東海大学医学部長などを務めた稀有なキャリアの医師であります。
先生は世界を股にかけた内科医として有名であり、キャリアからみた世界の中の日本のありさまについて、また、この20年、急激に大きく変わり始めた世界、いわゆる「グローバリゼーション」を超えて何が起こっているかの現状について解説して頂き、そして、それはなぜなのか、今までの世界は何だったのか、等についてお話を伺いました。

講師略歴:
黒川 清(くろかわ きよし)氏
政策研究大学院大学名誉教授
日本医療政策機構 代表理事
一般社団法人グローバルヘルス技術振興基金(GHIT Fund)代表理事・会長(2013-)
東京大学名誉教授
東大医学部卒。69-84年在米。79年UCLA内科教授。89年東大内科教授、96年東海大医学部長。97年日本学術会議会長、総合科学技術会議議員(2003-06年)、内閣特別顧問(2006-08年)、WHOコミッショナー(2005-08年)、沖縄科学技術大学院大学学園理事(2011年2月-)、野口英世アフリカ賞委員長等。
2011年12月 国会の福島原子力発電所事故調査委員会委員長(-2012年7月)。
2013年内閣官房健康・医療戦略室 健康・医療戦略参与。国際科学者連合体の役員・委員を務め、幅広い分野で活躍。
2014年4月からは英国政府に招聘されWorld Dementia Councilのメンバー。
2011年の国会事故調委員長としての功績によりForeign Policy ‘100 Top Global Thinkers 2012’, “2012 Scientific Freedom and Responsibility Award” of AAAS (American Academy for the Advancement of Science)を受賞。
ブログ http://www.kiyoshikurokawa.com/
書籍
『規制の虜―グループシンクが日本を滅ぼす』 講談社 2016年
『世界級キャリアのつくり方』東洋経済新報社 2006年
『大学病院革命』 日経BP社 2007年
『イノベーション思考法』 PHP研究所 2008年
1

お知らせ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ