あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2017年06月29日 (木)

あさお慶一郎ミニ対談:武貞 秀士氏

「日本のヴィジョンを考える会」講演前の対談(2017年6月28日)

今回の勉強会は、拓殖大学大学院 特任教授 武貞 秀士(たけさだ ひでし)氏をお招きして『朝鮮半島情勢を読む』と題して開催致しました。
世界が注目する北朝鮮は最近ミサイルを連続して発射しています。5月14日には「火星12型」、21日に「北極星2型」そして29日には「スカッド系のミサイル」を3週連続で発射しました。しかも、この3回目のミサイルは「新型精密誘導ミサイル」で着弾誤差は7mと発表しました。これは元山から発射して400km程度飛んだとされ、隠岐諸島のEEZに落下した模様です。26日、27日にイタリア・シチリア半島でのタオルミーナ・サミットが閉幕した直後のことです。
これに対してアメリカは30日には、北朝鮮を意識してのICBM迎撃実験を成功させて世界がその動向を注目しているところです。
これらの事実を踏まえて、武貞先生には北朝鮮のミサイル開発の実態、能力や目的などについて解説して頂きました。
次に韓国の新政権の陣容、北朝鮮政策の展開を予想し、朝鮮情勢を見極めて最後に日本の取るべき防衛政策や外交政策を提言して頂きました。

<略歴>
武貞 秀士(たけさだ ひでし)氏
拓殖大学大学院特任教授。専門は朝鮮半島論、国際関係論、安全保障論。
1949年兵庫県神戸市生まれ。
1968年-1972年  慶應義塾大学法学部政治学科で国際関係論を専攻、卒業。
1977年3月、慶応義塾大学大学院博士課程修了。
1975年7月-2011年2月、防衛庁防衛研修所(現、防衛省防衛研究所)に36年間勤務した。
1979年、韓国延世大学韓国語学堂卒業。
1983-1985年、米国スタンフォード大学、ジョージ・ワシントン大学の客員研究員をつとめる。
1991年-1992年、韓国中央大学客員教授(国際交流基金日本研究プロジェクトによる)として国際学部で韓国語による講義を行う。
2011年6月-2013年2月 韓国延世大学国際学部アジア専攻コースの専任教授として、英語による教育を実施。「戦後東アジア国際関係史」「戦後日本の外交と防衛政策」など4科目 を担当。
2014年1月-現在 拓殖大学海外事情研究所特任教授、兼拓殖大学大学院特任教授(「東アジア研究論」と論文指導を担当)。その他の研究活動として、図們江フォーラム(延辺大学主催)に、2008年の第1回以降、5回参加して論文発表をした。
2015年10月、モンゴル大統領府安全保障会議傘下、国家戦略研究所において中国、ロシアの専門家以外で初の外国人客員研究員をつとめる。

著書
『なぜ韓国外交は日本に敗れたのか』(PHP研究所、2016年)
『東アジア動乱』(角川学芸出版、2015年)
『金正恩の北朝鮮』(共著、角川学芸出版、2014年)
『韓国は日本をどれほど嫌いか』(PHP研究所、2013年)他。
NHKテレビの「日曜討論」、BS JAPANの「日経+10」、フジテレビの「プライムニュース」、TBSテレビの「ひるおび」、日本テレビの「深層ニュース」、テレビ朝日の「朝まで生テレビ」「報道ステーション」「いま世界は」などにゲストとして出演している。

2017年06月02日 (金)

8月8日(火)あさお塾1day インターンシップ2017 参加者募集中!(2018年も募集します)

政治ってなんだろう・・・?
社会に出るってなんだろう・・・?
あさお慶一郎衆議院議員と共に、学んでみませんか??
あさお塾は学生主体で企画・運営され、若者が政治に興味をもち、また社会に出る際に役立つ知識やスキルを共に学んでいくことができる1day インターンシップです。
大学生は勿論、高校生の参加も大歓迎です!!
是非ご参加ください。

日時:8月8日(火曜日)
■実践の部(ディスカッション・街頭活動など)12:30~18:40
集合場所:鎌倉市役所(神奈川県鎌倉市御成町18-10)
JR鎌倉駅西口から徒歩3分
■懇親の部~社会人との交流~(※飲食費実費)19:00~21:00
会場:イタリアン「Dolce Vita」
大船駅東口

【申込方法】
下記の事項をご記入の上、(wada@asao.net)へメールを返信してください。
☆お名前
☆年齢
☆住所(任意)
☆学校名
☆連絡先(電話番号、メールアドレス)
☆実践の部 参加・不参加 / ☆懇親の部 参加・不参加
※締切 7月21日

【当日のプログラム】
■実践の部
・衆議院議員あさお慶一郎による国政報告と質疑応答
・こんな感じか!街頭活動
・社会で役立つ!外交評論家・政治評論家・学生によるパネルディスカッション
■懇親の部
・世に出て行く事とは?!社会人の方々との懇親会

お問合せ:衆議院議員浅尾慶一郎事務所(和田)
TEL:0467-47-5682
E-mail:wada@asao.net
facebookページもあります!随時更新中!!

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます

 

2017年06月02日 (金)

7月30日(日)「鎌倉タウンミーティング」のご案内(終了いたしました)

恒例となっております「鎌倉タウンミーティング」を7月も開催いたします。
皆様お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。参加費は無料です。

日時:7月30日(日曜日)10:30~
会場:鎌倉生涯学習センター4F 第6集会室
(鎌倉市小町1-10-5)
参加費:無料

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626
PDFファイルはこちら

 

2017年06月02日 (金)

7月24日(月)「女性の集い・ランチミーティング in 逗子」開催のお知らせ(終了いたしました)

ご好評を頂いております「女性の集い・ランチミーティング」を7月も開催します。
今回は逗子「トラットリア ア・ターヴォラ」さんで美味しいイタリアンを楽しみながらの歓談。
当日は浅尾代議士から国政報告があり、その後にお食事がスタートします。

日時:7月24日(月曜日)12:00~
会費:2,000円
定員:16名
場所:逗子 トラットリア ア・ターヴォラ
(逗子市逗子2-6-22 TEL.046-871-0150)
※女性限定です。
当日のメニュー:前菜プレート、パスタ、デザート、コーヒーもしくはティー

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626
PDFファイルはこちら

 

2017年06月02日 (金)

新企画!「活動レポート談義~お蕎麦屋さん編~」開催のお知らせ(7月12日水曜日)(終了いたしました)

いつも皆様に読んでいただいています活動レポートを、浅尾代議士がざっくばらんに解説いたします。
当日は西鎌倉エリアで地元の皆さんに愛されているお蕎麦屋のよしむら(美村)さんにご協力いただいて、美味しいおつまみ、香りあふれるお蕎麦を楽しみながら、ゆったりと皆様と談義。
ぜひ、お越しください!

日時:7月12日(水曜日)19:00~21:00
場所:そば よしむら(美村)
(鎌倉市津西1-11-1 TEL.0467-31-6305)
会費:2,000円(美味しいおつまみ・お蕎麦付き)
※飲み物代は別途となります。

お問い合わせ・参加申し込み
浅尾慶一郎事務所 担当:三谷(みたに)
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626
PDFファイルはこちら

2017年06月02日 (金)

「公務員人事評価の昇給への連動の矛盾点」活動レポート2017年6月号


自民党行革推進本部への提言

自由民主党行政改革推進本部には人事院勧告見直しチームがあります。
先日、私はそこで「公務員の人事評価とその昇給制度への連動」の矛盾点について講演をしてきました。
そして講演の中で制度改正の必要を訴えました。
私は国会議員として、公務員の処遇とその矛盾点について、これまでもさまざまな指摘を行い問題解決にも取り組んできました。
全国会議員の中で、最もこの問題に精通しているとも自負しております。
今回はその改善に向けた自民党行革推進本部への提言の第一歩でした。


常に第一位の一人当たり雇用者報酬

では、私が最初にこの問題に取り組むきっかけとなったのは何だったのでしょう。
それは、内閣府のSNAに基づく一人当たりの雇用者報酬で、常に公務が他の産業を抑えて第一位になっていたことでした。
直近の数字を見てみましょう。
平成27年、全国平均が453万円であるのに対して公務は830万円です。
製造業で最も高い情報・通信機器の726万円と比較しても100万円以上も高いのです。
不思議なことです。


定年まで毎年続く定期昇給

公務員はトップの方が多く給与をもらう処遇体系にはなっておりません。
むしろトップとその他の差が極端に少ない処遇体系になっています。
高くなる理由は二点あります。
一つは資格が上がらなくとも、定年まで毎年定期昇給に与かれるためです。
もう一つは退職金です。
これが民間の企業年金相当分が事実上の二重支給になっていることが影響しているのです。
前者について、かつては特別昇給という制度があり、全体の15%が通常の昇給の倍も昇給していました。
つまり、約6年に一度2号俸給与が上がっていました。
1号俸上がると平均で8千円給与が上がりますので、6年に一度は、資格が上がらなくとも1万6千円給与が昇給していたということです。


おかしな制度の改善に向けて

それは流石におかしいということで、現在では5段階の人事評価を昇給に反映する仕組みになっています。
この人事評価と昇給の問題点は、通常の倍も昇給する所に全体の5%を割り振り、通常の1.5倍昇給する所に全体の20%を割り振るのに対して、通常の半分の昇給枠と全く昇給しない所には割り振りがないとされている点にあります。
結果として、上位25%以外は、71.9%の職員が通常通り平均で8千円程度毎年昇給し、通常の半分に昇給幅の者は全体の1.8%、まったく昇給無しのものは1.3%しか存在しない点です。
こうしたことが財政上出来るのは、もともと全職員の15%に特別昇給の枠を確保していたからですが、こうしたおかしな制度を改善していくことに今後も尽力していきたいと思います。


衆議院議員 浅尾慶一郎

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます


1

お知らせ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ