あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2017年03月25日 (土)

4月14日(金) 第60回「浅尾そろばん塾」のお知らせ(終了致しました)



今回の勉強会は、海上保安庁 湘南海上保安署長の和田聡明氏をお迎えして「海の公益を守る」と題してお話を伺います。
皆さま是非ご友人、知人をお誘い合わせの上ご参加ください。

1 講演予定内容「海の公益を守る」
(1)海上保安庁の紹介
組織、権限、他官庁との関係
(2)日本の海について
領海、接続水域、排他的経済水域(EEZ)
(3)海に関する雑学
海事用語の紹介
2 講師プロフィール
和田聡明(わだとしあき)現・湘南海上保安署長
東京都出身、昭和53年海上保安庁入庁
巡視艇船長、御前崎海上保安署次長、茨城海上保安部警備救難課長を経て、平成28年4月、第三管区海上保安本部運用司令センター所長から現職。

※浅尾そろばん塾とは、現役世代を中心とした勉強会です。“そろばん”とは、「そろそろ我々の出番(でばん)!」の略。

■日時:
4月14日(金)
1)勉強会 20:00~
2)懇親会 21:15~
■会場:
1)勉強会会場:浅尾慶一郎事務所
住所:鎌倉市大船1-23-11 松岡大船ビル5階
会費:1,000円
2)懇親会会場:
居酒屋 いろは茶屋
住所:鎌倉市大船1-26-41 千馬ビル 3F
電話番号:0467-44-4883
会費:3,000円/4,000円(勉強会参加者/懇親会から参加の場合)

■お申込み・お問い合わせ
衆議院議員 あさお慶一郎事務所
担当:白仁(しらに)
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626

2017年03月25日 (土)

湘南ビーチFM インタビュー(木村太郎氏)

湘南ビーチFM 代表取締役の木村太郎氏から受けたインタビュー(録音)が公開されています。
今後も企画されておりますので、その都度、お知らせいたします。
お楽しみに!

http://shonanbeachfm.com/interview/syugi.html

 

 

2017年03月24日 (金)

あさお慶一郎ミニ対談:森下 竜一氏


「日本のヴィジョンを考える会」講演前の対談(2017年3月22日)

今回の講演会は、内閣府規制改革推進会議委員、内閣官房健康医療戦略室戦略参与、大阪府・市特別参与、大阪大学大学院医学研究科教授、森下竜一(もりした りゅういち)氏をお招きして、『アベノミクスにおける規制改革と健康医療戦略の狙い』と題して開催いたしました。
安倍内閣において、アベノミクスを推進するに当り、日本の健康医療戦略は大きく変貌しました。
2013年8月には総理自ら本部長となり、健康・医療戦略推進本部が設置され、日本版NIHといわれる日本医療研究開発機構(AMED)もスタートしました。
森下先生は、規制改革推進会議と健康・医療戦略本部において、これらの健康医療戦略に関わっておられ、
1)再生医療推進のための薬機法改正と再生医療新法の成立
2)いわゆる健康食品(サプリメントなど)の機能性表示容認
3)混合診療の原則解禁
4)遠隔医療の解禁
などが既に実現しております。
また、人類の健康・長寿への挑戦をテーマとして2025年日本万国博覧会の開催が議論されており、ダイナミックに健康医療とリンクした産業化への動きが加速してきています。
本講演では、アベノミクスにおける規制改革と健康医療戦略に関して現状と展望について述べるとともに、自らの健康を自ら守る「セルフメディケーションのすすめ」として、最新のアンチエイジングの知識についても紹介して頂きました。

<講師略歴>
【氏名】森下 竜一(もりした りゅういち)
【生年月日】昭和37年5月 12日  本籍 岡山県
【勤務先】大阪府吹田市山田丘2-2 大阪大学大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学
【学歴】昭和62年 3月25日 大阪大学医学部 卒業
【職歴】
平成 3年 3月31日 大阪大学医学部老年病講座大学院卒業
平成 3年 8月 1日 米国スタンフォード大学循環器科研究員
平成 4年 7月 1日 アメリカ循環器学会特別研究員
平成 6年 4月30日 米国スタンフォード大学循環器科客員講師
平成 7年 4月 1日 学術振興会特別研究員
平成10年10月16日 大阪大学助教授大学院医学系研究科遺伝子治療学
平成10年10月16日 大阪大学助教授大学院医学系研究科加齢医学(兼任)
平成15年03月17日 大阪大学寄附講座教授大学院医学系研究科臨床遺伝子治療学
平成15年03月17日 知的財産戦略本部本部員(2007年任期満了:本部長 内閣総理大臣)
平成25年01月23日 内閣府 規制改革会議委員(安倍内閣)健康医療戦略本部 戦略参与(本部長 安倍晋三内閣総理大臣)
平成25年03月18日 健康・医療戦略本部(本部長 安倍晋三)戦略参与
平成25年04月17日 大阪府・市統合本部 医療戦略会議参与
平成28年06月28日  日本万博基本構想委員
平成28年09月 9日 内閣府 規制改革推進会議委員(安倍内閣)
【資格】医学博士 第9695号、抗加齢医学専門医、老年病学会指導医、臨床内科認定医、動脈硬化学会指導医、大阪府内科医会臨床内科推薦医、日本脈管学会認定脈管専門医、日本再生医療学会再生医療認定医
【受賞歴】アメリカ高血圧評議会Harry Goldbratt 賞、日本医師会研究奨励賞、日本循環器学会佐藤賞、産官学連携推進功労者表彰産官学連携文部科学大臣賞(アンジェスMG株式会社)、大学発ベンチャー2016
【表彰】文部科学大臣賞(ファンペップ株式会社) 他多数
【委員会】文部科学省科学技術・学術審議会委員 他
【代表世話人】脳心血管抗加齢研究会
【学会理事】日本血管生物医学会、日本抗加齢医学会、日本遺伝子治療学会、日本知財学会、日本ベンチャー学会、NPO法人日本抗加齢協会副理事長、大学発バイオベンチャー協会代表代行
Editor-in-Chief: The Open Gene Therapy Journal (2008-), Immunology, Endocrine and Metabolic Agents in Medicinal Chemistry (2011-), World Journal of Hypertension (2011-)
Editorial Board: Circulation (1999-), Hypertension (2006-), Gene Therapy (2008-), Arteriosclerosis, Thrombosis & Vascular Biology (2009-) 他 30以上
【著書】「アルツハイマーは脳の糖尿病だった」(青春出版)など

平成11年には、大学発バイオベンチャー初の公開企業メドジーン(現アンジェスMG株式会社)創業、現在アンジェスMG社創業者・医学顧問。平成14年には、バイオベンチャー支援のためのバイオサイトキャピタル社創業。平成26年には、ファンペップ株式会社創業。

 

2017年03月11日 (土)

東日本大震災から6年

 6年前の午後2時46分、東日本を襲った大地震の直接の被害は地震ではなく津波であった。その津波に襲われた海岸線の町並みは一瞬にして姿を消した。現存する自然現象の中で最大の被害をもたらすものは恐らく津波であろう。福島では原子力発電所が被害にあり、近隣の住人は避難命令を受けて日本中に生活の場を移した。その中でのいじめや暴力は許されないのだが、学校によっては先生が自らが加害者になっている。この人達はあの居た堪れない現場を見たのだろうか。今一度、6年前を思い出し一人ひとりに何が出来るのか、何がこれからの東日本の復興に役立つのかを考えてみよう。「災害は忘れた頃にやってくる」明日はわが身だから。

2017年03月06日 (月)

4月29日(土/祝)「第13回湘南芸能同好会 発表会」開催のお知らせ(終了致しました)

あさお慶一郎が会長となり、立ち上げた湘南芸能同好会も今年で13回目を迎えます。
皆様お誘い合わせの上、ご観覧頂ければ幸いです。(入場無料です)。

日時:平成29年4月29日(土/祝)午前10時00分 開演(9時30分 開場)
会場:横浜市栄公会堂(横浜市栄区桂町279-29)
入場:無料

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626
PDFファイルはこちら

2017年03月06日 (月)

4月9日(日)「恒例!第6回あさお竹の子大会」開催のお知らせ(終了致しました)

毎年ご好評を頂いておりますイベントとして、旬を迎える鎌倉産の竹の子と鎌倉野菜をメイン・レシピとするお料理を楽しむ懇親会を開催します。
皆様お誘い合わせの上、ご参加頂ければ幸いです。

日時:平成29年4月9日(日)11時30分〜14時30分
会場:鎌倉市福祉センター2階(鎌倉市御成町20-21)
会費:2,500円
※雨天開催

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626
PDFファイルはこちら

 

 

2017年03月06日 (月)

4月9日(日)「大船タウンミーティング」開催のお知らせ(終了致しました)

恒例となっております「大船タウンミーティング」を4月に開催致します。
皆様お誘い合わせの上、是非ご参加ください。参加費は無料です。

日時:平成29 年4月9日(日)18時30分〜
会場:玉縄学習センター分室 第3集会室(鎌倉市台1-2-25)
参加費:無料

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626
PDFファイルはこちら

 

2017年03月06日 (月)

「地方議会の役割」 活動レポート2017年3月号



国政へ外部からの二つの風

今年の国政は、外部からの大きな風に揺れることになりそうです。
それは二つあります。一つは海外からの風、そしてもう一つが東京に吹く風です。
東京の影響とは何でしょうか。
まず、今年は東京都議会議員選挙が行われるということがあります。
小池知事が応援する候補がどの位当選するのか、それが一つの注目点です。
地方選挙という意味では、私の選挙区の鎌倉市でも今年の四月には市議会議員選挙が予定されています。
そこで少し、根本的な疑問に立ち返って、そもそも都議会や市議会の役割とは何かということについて考えてみましょう。


地方自治体は二元代表制

各都道府県、市区町村には、それぞれ議会があり、知事や市区町村長など首長がいます。
日本の自治体は、首長と議会の議員をそれぞれ有権者が直接選挙で選ぶ二元代表制になっています。
首長には予算や条例など議案の提出権限や人事権があり、議員は自ら条例案を提出します。
ただ、議員にとって主要な職務はやはり議案の議決や行政運営のチェックを行うことでしょう。


行政のチェック機能としての議会

もちろん、行政のチェック機能として議会で予算の使われ方をチェックしたり、首長提出の条例案、人事案を審議することも重要なことです。
しかし、今後、人口減少社会に日本が突入し、各自治体が国に頼らず独自の住民サービスを提供し、それを拡充する方向に向くことは避けられません。
そうなれば地方議会の議員も自らどの様な街を目指すのかといった方向性を明示し、その実現に向けた条例制定に力を入れることが求められます。


条例制定力の高い議員を選ぶ選挙に!

例えば、鎌倉市を例に取れば、市民の幸福度を高めるため、具体的な住民サービスを実現しようとすれば、税収を増やす政策が不可欠になります。
鎌倉の住環境を守りながら、鎌倉の税収を増やすためにはどうしたら良いか、その具体策を考えると同時に、鎌倉全体として、どこにどの様な機能を置くことが最適かを検討する必要性もあるでしょう。
そうした全体像に基づいた条例を議会側から制定していく能力も議員に求められるのではないでしょうか。
そう言う意味では、ソフト面でのサービスも含め、どのような街づくりを目指すのか、その為の手段として税金をどう使うのか、法的規制たる条例をどう制定するのか、そうした問題を考え実現することこそ市議会議員の重要な仕事になるはずです。


衆議院議員 浅尾慶一郎

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます

1

お知らせ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ