あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2016年11月25日 (金)

「政策実現に向けて」 活動レポート2016年11月号

政策実現を目指すために最大会派に

私はかねてより、政治家の使命の第一は理想とする社会像を示し、その実現に向けての手段としての政策を掲げ、その政策の実現を目指すことだと訴えて参りました。
政策実現を目指すためには、国会議員として活動する議会の中でどのような会派に属するかも、重要な要素となります。
従来、私は無所属の一人会派として、衆議院で活動して参りましたが、10月25日付で、衆議院の最大会派である自民党・無所属の会に入会致しました。
所属政党は無所属のままですが、衆議院の最大会派に入会したことで、従来掲げてきた政策を少しでも、実現すべく努力して参りたいと考えています。


グローバル化による社会の分断が大きな課題に

グローバル化の進展による社会の分断が、国際共通言語ではない日本語を母国語とするわが国においては大きな課題になっていませんが、国際的には対処を要する最も大きな課題だと思います。
一般論として、国際化・グローバル化は社会の平均所得を引き上げます。途上国においては、平均所得の引き上げと全体の底上げが一般的に同時に起こります。
しかし、先進国、特に、国際共通言語である英語を母国語とするような国においては、単純労働も含めて外部からの人材の置き換わりが容易に可能で、また、インターネットなどの技術革新が、従来、国内で処理されてきたコールセンター等のサービス業的な業務の海外流出を加速させます。
その結果として、社会の平均所得は上昇しても、中間値の所得は下がるという社会の二極化が進み、社会の分断が生まれ、大きな課題となります。
アメリカにおけるトランプ現象もこうした側面が影響していると思われます。


掲げてきた一つ一つの政策実現を目指して

先日、東京で開催されたある国際会議の中で、人工知能の発展に伴い、将来も残る職種は、芸術関連、人による洗練されたサービス、最終的な意思決定・決断をする職種の三種類しかないのではと指摘されていました。
いずれにせよ、付加価値の高い仕事しか残らなくなる可能性があります。
幸い、日本語が国際共通言語でない現状で、ある種の参入障壁があるうちに、産業の高度化を進め、国内企業の過当競争体質を改善していく構造改革政策の実現が求められています。
最大会派に入会したことで、こうした政策を含めて、掲げてきた一つ一つの政策実現を目指して邁進して参ります。


衆議院議員 浅尾慶一郎

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます


2016年11月25日 (金)

あさお慶一郎ミニ対談:渡辺 允氏



「日本のヴィジョンを考える会」講演前の対談(2016年11月24日)

今回は、元侍従長 渡辺 允 (わたなべ まこと)氏をお招きして『両陛下にお仕えして』と題して開催致しました。
過日の天皇陛下のお言葉以来、政府有識者会議が始まり、マスコミも大きく取り上げています。
そこで、経歴欄にある通り長期間侍従長をされました渡辺氏に貴重なお話を伺う講演をお願い致しました。

<略歴>
渡辺 允(わたなべ まこと)氏
昭和十一年東京生まれ
昭和三十四年 東京大学卒業後、外務省入省。池田勇人、佐藤栄作、田中角栄各総理の英語通訳、また、昭和天皇の御通訳を務める。駐米公使、中近東アフリカ局長、駐ヨルダン大使、儀典長を経て、宮内庁式部官長、平成八年十二月十二日侍従長に就任、同一九年六月十五日退官
現在、宮内庁参与

昭和六十二年,当時の皇太子殿下(現在の両陛下)の米国御訪問を担当したのが、両陛下にお仕えする最初となった。
曾祖父・渡辺千秋は、明治天皇最後の宮内大臣。父・昭は、昭和天皇の御学友の一人であった。
著書に「天皇家の執事」がある。

 

2016年11月10日 (木)

トランプ大統領

 日本時間の昨日アメリカ大統領選挙が行われた。結果トランプ大統領が当選を果した。任務に就くのは来年1月17日だという。一般的な予想ではトランプ氏が最後にジョーカーを引き当てて負けるのではと言われていた。しかしトランプ氏のゲームはトランプではなくてマージャンだったのだ。ラスハイで国士無双十三面待ちを見事積りダブル役満で上がったのだ。ただこの人の経歴でひとつ気になる事がある、それは政治経験なし、軍人経験なしの民間不動産王だということだ。政治の世界では民間企業と違い失敗が許されないのだ。失敗が人の命を奪うこともあるからだ。トランプ氏の任期は解散のない4年間もあるのだからスロースタータでじっくりと一つ一つ慎重に物事を進めて頂きたい。それにしてもトランプ氏恐るべし。

2016年11月02日 (水)

またまたダイエットに挑戦

 純粋ココアを手に入れショウガはチュウブを購入。明日から三週間手頃なダイエットに挑戦する事になった。でも結果は期待しないのだ、何故かと言うと結果有りきだとそれがストレスになり暴飲暴食に走るからだ。それで無くても過去に色々なことをしてきたが、長続きせず挫折ばかり経験している。ダイエットは理論上簡単なことだ、体内に入れるエネルギーより排出するエネルギーが多ければ痩せる、ただそれだけの事なのに達成することが出来ない。健康面からも命が掛かっているのにだ。生活習慣病も痩せれば良くなりますよと医師は言うし管理栄養士もご飯はこれだけ、おやつは控えて下さいと、これが出来ないから生活習慣病になっているのだ。「誰か飲食が嫌いになる薬を考えてくれないかな」と思う気持ちがあるが、そもそも自分で考えて運動などを実行出来ないでいる限りデブはデブで解消出来ません。ローマの道も一歩から「明日から挑戦しよう」

2016年11月01日 (火)

ジンジャー(神社)頼み

 昨日ブログに注意を払って頂いているお姉さまが来所。「この一週間ブログが更新されていないよねー、ちゃんとやりなさいよ」と注意を受けた。そうなんです、こういうご指導を頂く方がいないと、ついついサボって更新をしなくなってしまいます。そして昨日はそれに加えてダイエットに関しての情報を頂きました。純粋なココア(糖分・脂肪分無し)にショウガのすり潰し(はちみつ添加も可)を朝晩一杯づつ飲むと3週間後にお腹の脂肪が解けて、ウェストが細くなるとの事だ。そういえば11月末までに後5K痩せなければならない私にとって何よりの情報だ。先月もお酒は2回しか呑まずダイエットに挑戦しているが痩せる気配はまったくない状況だ。早速買い出しに行ってみたが純粋のココアはないしショウガおろし器も見つからなかった。摂り合えず何も買わずに帰ってきたが、早くやらないと◎村のお姉さまに怒られるので「しょうがないなあ、ジンジャー(神社)でお願いでもするか」何てバカなしゃれなど言ってないで真剣に取り組むことにしよう。三週間後に報告します。
1

お知らせ

カテゴリ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ