あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2016年02月25日 (木)

あさお慶一郎ミニ対談:高田 創氏



「日本のヴィジョンを考える会」講演前の対談(2016年2月23日)

今回は、みずほ総合研究所株式会社 常務執行役員 調査本部長 チーフエコノミスト 高田 創(たかた はじめ)氏をお招きして『2016年の世界はどうなるか、日本はどうなるか』と題して開催致しました。

現在の世界情勢は、原油問題、シリア問題、中国経済またサウジアラビアとイランの問題等、一気に予測困難な時代となりました。
2016年は、2000年代以降の世界経済の長期にわたるバランスシート調整の「第3局面」として新興国問題を抱える局面と考えられます。
それは、同時に原油安経済として過去10年にわたる資源ブームの終焉を意味します。さらに、世界的に地政学的不安も加わり、内外の株式市場の調整も不安視されます。

一方、2016年の日本は「アベノミクス2.0」として後半戦を迎えていますが、今年はアベノミクスそのものの真価が問われる状況でもあります。
今回は、厳しい海外情勢のなかで日本経済が迎える課題や行方を政治環境も含めて考察して頂きました。

高田氏は興銀時代から著名なエコノミストでみずほ総研の看板エコノミストであり、現在、東京テレビWBSにレギュラー出演されています。
分り易い解説と鋭い指摘に定評があり、また、日銀の金融緩和にも見事な予測をしています。

【講師ご紹介】
生年月日:1958年8月2日生
現職 みずほ総合研究所株式会社 常務執行役員 調査本部長 チーフエコノミスト
学歴:
1982年 東京大学経済学部卒、
1986年 オックスフォード大学修士課程終了(開発経済学)
経歴:
1982 日本興業銀行 入行
1986-1992 日本興業銀行 市場営業部
1993-1997 同 審査部
1997 興銀証券 市場営業グループ 投資戦略部 チーフストラテジスト
2000-2011 6月 みずほ証券 執行役員 チーフストラテジスト等
2011 7月 現職
外部委員・役職他:
日本証券アナリスト協会 証券アナリストジャーナル編集委員
日本不動産金融工学会評議委員
日本証券アナリスト協会検定会員(CMA)
内閣府 税制調査会 委員
財務省 国の債務管理の在り方に関する懇談会 メンバー
内閣府 政策コメンテーター委員会 コメンテーター
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会
「経済・テクノロジー」専門委員会 委員
著書:
「日本のプライベートエクイティ」日本経済新聞社(共著)、「国債暴落」中央公論新社(共著)、
「金融不況脱出」日本経済新聞社(共著)、「銀行の戦略転換」東洋経済新報社(共著)、
「金融市場の勝者」東洋経済新報社(共著)、「金融社会主義」東洋経済新報社(共著)、
「世界国債暴落」東洋経済新報社(共著)、「20XX年 世界大恐慌の足音」東洋経済新報社、
「国債暴落-日本は生き残れるのか」中央公論新社、「これだけは知っておきたい国際金融」金融財政事情研究会

 

2016年02月17日 (水)

3月21日(月・祝)「あさお慶一郎を囲む 大船陽春の集い」開催のお知らせ(終了いたしました)

毎年恒例となっております「あさお慶一郎を囲む 大船陽春の集い」を開催いたします。
国政報告の後、立食形式の懇親会も行います。皆様お誘い合わせのうえ、お気軽にご参加ください。

日時:2016年3月21日(月・祝)14:00~
内容:国政報告および懇親会
会費(飲食代):3,000円

お問い合わせ・参加申し込み
あさお慶一郎鎌倉事務所
TEL:0467-47-5682
FAX:0467-47-5626(印刷用PDFファイルはこちら

2016年02月10日 (水)

「政策の実現のために」 活動レポート2016年2月号

 



政治家の使命は理想の社会像を掲げ個別の政策を実現していくことです


私の親友であり、みんなの党以来の盟友である中西健治参議院議員に対して、本年の参議院議員選挙での自民党推薦が決定しました。
常に申し上げて参りましたが、政治家の第一の使命は理想の社会像を掲げその実現に向けて個別の政策を一つ一つ実現していくことです。
政党も政界再編も政策実現のための手段であり、そのこと自体が目的ではありません。


政権交代が起きるような政治体制が理想です


ただし、望ましい政治体制は存在します。
権力は長く持ち続けると腐敗する傾向がありますので、外交・安全保障について大きな違いのない二大勢力による政権交代が10年位のスパンで起きるような政治体制が理想です。
その意味で、改革が不十分であるならば、現実的な政策を掲げる改革勢力を選挙後結集して、いつでも政権を担っていける姿勢を示す体制を作ると、一昨年の総選挙に際して訴えて参りました。
残念ながら、私自身の力不足もあり、現実的な政策をベースにした勢力の結集には至りませんでした。


私たちが掲げてきた改革政策を加速し、実現することが求められています


だとすれば、政策を実現するためにどういう行動を取るかが手段として重要になって参ります。
今の日本にとって必要なことは失われた20年を失われた30年にしないことです。
みんなの党は経済政策と行政改革の政策に特色がありました。その内のいくつかは、現在の政権にも取り入れられた形で実現されています。
一方、年初来からの株安をはじめ、雲行きのあやしい経済環境からすれば、今こそさらに、私たちが掲げてきた改革政策を加速し、実現することが求められています。


中西議員とともに掲げてきた政策実現に邁進して参ります


中西健治参議院議員に自民党の推薦が出たということは、もともと私と彼とが一緒に掲げてきた政策を実現する第一歩に立てたということだと考えています。
私は今後、掲げてきた政策の実現に邁進して参ります。
引き続きご支援の程をよろしくお願い致します。


衆議院議員 浅尾慶一郎


↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます


 

1

お知らせ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ