あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2015年04月25日 (土)

Support system and human resource development for Japanese staff working in international organizations

Opinion (or view) concerning support system for Japanese staff working in organizations

Recently, I met a friend who changed his career from government official at Ministry of Economy, Trade and Industry to an officer at World Trade Organization (WTO).  We exchanged a view concerning Japanese staff working in international organizations.  While there are wide varieties within the family of international organizations, only few Japanese staff working in international organizations dealing with economy activities.  I would like to put out a reason why there are few Japanese staff working in international organizations and how to increase Japanese staff.

Required qualifications include professional skill and English language ability

There are two reasons, why there are few Japanese staff in international organizations dealing with economy activities.  One reason is the ability of candidate to show professional skill and English language ability at the time of interview.  It means that the candidate who holds high professional skill but poor English language ability will not be selected.  The candidate who is fluent in English with poor professional skill will not be selected either.  Among Japanese there is the fact that only a few Japanese can fulfil both qualifications.  This is one reason.

Private companies pay better than international organizations

Another reason concerns pay system. Japanese who meet the above two qualifications can get more reward by working in private sector dealing with economic matters, not including benefits after retirement such as annual pension.  This payment system discourages Japanese to apply for a job in international organizations.  There is an obvious fact that the payment system in international organizations is attractive to people in developing nations, but not to qualified Japanese.  Educated people in Europe speak multiple languages such as English, French and Spanish without difficulties, thus meet the language qualification.  There is a large number of Europeans working in international organizations.

Need to strengthen support system and human resource development program for Japanese staff working in international organization

A problem for Japan is said to be relatively weak support system to Japanese staff for promotion to a top management position, compared with that of other countries.  It is pointed out that, when one becomes a candidate to top management position, experiences in his or her native countries are accounted to be an important factor during selection process, on top of experiences at international organizations.  It will give positive impact if one gets prestigious experiences such as Ambassador or Minister, to develop human resources to upper management positions in international organizations.

In recent years, support system and human resource development program seem to be weakening.  I would like to keep addressing the necessity of strengthening these systems from a strategic view point.

 

Keiichiro ASAO
Member of the House of Represetatives

2015年04月16日 (木)

Kiss FM KOBE 「森下竜一のバイオRadio!」ラジオ収録(4月4日)

Kiss FM KOBE 「森下竜一のバイオRadio!」ラジオ収録の模様です。



 

2015年04月07日 (火)

「国際機関で働く日本人の支援体制と育成」 活動レポート2015年4月号

日本人が国際機関で働くための問題点を考えてみます


過日会議で、通商産業省(現 経済産業省)に入省し、その後、世界貿易機関(WTO)の事務局職員として転籍をした友人と会い、国際機関の事務局で働く日本人職員について意見交換をしました。
国際機関と言っても多種のものが存在しますが、WTOのように経済関係の機関は、特に、そこで働く日本人の数が少ないようです。
そこで、なぜ国際機関で働く日本人が少ないのか?どのようにしたら日本人が多くなるのかを考えてみます。



求められるのは仕事の上での能力と英語力です


その背景としては二つの理由が挙げられました。
一つの理由は、採用試験の際に求められるのが、その人物の仕事の上での能力と英語力の二つであるということです。
つまり、いくら仕事を遂行する能力が高くても英語力が低ければ採用されないし、英語がいくらできても仕事面での能力が低ければ、もちろん採用されません。
意外とこの二つ条件を満たす人が少ないということが、一つの理由です。



国際機関より民間企業の方が報酬は大きい


もう一つの理由は、上記の条件を満たす日本人にとっても、年金等の退職後の処遇を考慮しなければ、国際機関よりも民間企業等で経済関係の仕事に従事した方が得られる報酬が大きいので、そもそも応募する人が少ないという理由です。
発展途上国の人から見ると大変恵まれた国際機関の処遇も、日本人の該当者からはそれほどではないということでしょうか。
英語やフランス語、スペイン語が苦にならない欧米人は、そもそも語学の条件を満たす人が多いので、必然的に職員も多くなります。



国際機関の日本人職員に対する支援体制と育成を強化すべきです


問題は日本国において、そもそも少ない日本人職員がその機関で上層部に上がれるような支援体制が他国と比較して弱いということです。
それに加えて、ある機関のトップに就任するにあたっては、その機関での経験だけでなく、出身国での公的なポストの経験が影響を与える可能性も指摘されています。
そうだとすると、国際機関で上層部に上がれるような人を育てるために、例えば、大臣や大使などに迎えて箔付けすることも効果的だと思います。
それにしても、最近特に国際機関の日本人職員に対する支援体制と育成が弱くなっているようですので、戦略的な視点に立って、そうした面を強化すべきであると主張して参りたいと思います。



衆議院議員 浅尾慶一郎


↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます




 

1

お知らせ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ