あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2014年09月29日 (月)

超人大陸「日本の成長の鍵は高等教育のグローバル化」

インターネットTV「超人大陸」 9月29日号
「日本の成長の鍵は高等教育のグローバル化」

2014年09月27日 (土)

あさお慶一郎ミニ対談:河東 哲夫氏

「日本のヴィジョンを考える会」講演前の対談(2014年9月25日)

今回の勉強会はグロコム・フェロー、モスクワ大学ビジネス・スクール客員教授兼、早稲田大学商学科大学院非常勤講師の河東哲夫氏をお招きして『ウクライナ情勢に見る国際関係の構造変化、日本にとっての意味』と題して開催しました。
現在のウクライナ情勢は、国際関係におけるいくつかの活断層を露呈させています。
ソ連崩壊後、ロシアは米国との対立を初めて本格化させ、今後の世界システムの先行きを不透明なものにしています。しかし、ロシアから東ウクライナに入り込んだ「新露派」の中には、ロシア政府の指示には服さない国家主義的青年達がおり、プーチン大統領がすべてをコントロールできているわけでもありません。
他方、米国でも、オバマ大統領が対外軍事介入を忌避する一方で、人権問題のNGOあるいは共和党や民主党傘下の民主化支援NGOが活動先諸国の住民の不満を煽り、米国の介入を余儀なくさせる状況を作り出す場合が増えています。そしてイラク戦争を契機に米国で急増した民間傭兵会社は、近世以降当たり前のように存在してきた大型常備軍を過去のものとしてしまうかもしれません。
このような、国際関係におけるパラダイムの変化、それが日本に対して持ち得る意味をウクライナ情勢に即して、元外交官として大いに活躍された専門家にお話しして頂きました。

講師:河東 哲夫(かわとう あきお)氏
元在ウズベキスタン大使
グロコム・フェロー、モスクワ大学ビジネス・スクール客員教授 兼 早稲田大学商学科大学院非常勤講師

■略歴
1947年生まれ。東京大学教養学科卒、ハーバード大学院修士。
1970年外務省に入省し、ドイツ、ソ連(その後ロシア)、スウェーデン、米国に勤務。
東欧課長、文化交流部審議官、在ボストン総領事、在ロシア大使館公使、在ウズベキスタン・タジキスタン大使を歴任。
2004年9月より日本政策投資銀行設備投資研究所上席主任研究員。
2006年9月日本政策投資銀行を退職して独立し、日英中露語による国際ブログ”Japan-World Trends”を創立。雑誌執筆、テレビ出演多数。

■著書
ソ連崩壊を背景とした大河小説『遥かなる大地』(熊野洋の筆名、草思社)
『外交官の仕事』(草思社)
『米・中・ロシア―虚像に怯えるな』(草思社)等

 

 

2014年09月23日 (火)

9月23日(火・祝)22時~23時 BS日テレ「深層NEWS」生出演のお知らせ(終了致しました)

9月23日(火・祝)22時~23時 BS日テレ「深層NEWS」に生出演いたします。

是非ご視聴ください。

 

 

2014年09月22日 (月)

超人大陸「独立回避したイギリス 地理的観点から日本のケースを考える」


インターネットTV「超人大陸」 9月22日号

「独立回避したイギリス 地理的観点から日本のケースを考える」

2014年09月17日 (水)

9月17日(水)BSフジ 「プライムニュース」に生出演します(終了致しました)

9月17日(水)20:00-20:20 BSフジ 「プライムニュース」に生出演します。(20分間)
是非ご視聴ください。

2014年09月15日 (月)

超人大陸「みんなの党の姿勢は政権に対して常に是々非々で向き合っていく」

インターネットTV「超人大陸」 9月15日号

「みんなの党の姿勢は政権に対して常に是々非々で向き合っていく」

 

 

2014年09月10日 (水)

9月14日(日)NHK「日曜討論」出演のお知らせ(終了致しました)

9月14日(日曜日) 9:00~10:50 NHK 「日曜討論」(拡大版)に出演致します。
(総合テレビ・ラジオ第1)
皆様のご視聴・ご聴取をお願い致します。

 

2014年09月08日 (月)

超人大陸「国際カルテル摘発の背景には公正性がない?!」

インターネットTV「超人大陸」 9月8日号

「国際カルテル摘発の背景には公正性がない?!」

 

 

2014年09月05日 (金)

「今秋の最大の政治課題」 活動レポート9月号


みんなの党は将来の理想とする社会像を明らかにし、道筋を示します

みんなの党は、8月8日に結党5周年を迎えました。
この間、特定の団体や組織に依存せず、整合性のとれた政策を打ち出すことを活動の中心に据えて参りました。
もとより、個別の政策はあくまでも理想とする社会を樹立するための方策です。
それゆえ、遠い将来の理想とする社会像を明らかにし、そこに至る道筋を示す、『みんなの日本2050』というプロジェクトを立ち上げ、2050年の理想の日本の社会像を描くことにも取り組んでいます。


人口減少対策は生産性を向上させることです

2050年の社会を予測する上でかなりの確度で当たると言われている数値は人口推計です。
今後、わが国の人口が減少することはほぼ間違いのないことです。
人口が減っても、一人当たりの所得が増えれば、年金や医療等の社会保障の負担はなんとか耐えられます。
従って、今、取組むべきことは、一人当たりの所得を増やす政策です。

基本的には、生産性を向上させることが肝要です。
特に、現在、人口減少から労働力が不足しつつある時ですから、生産性向上による賃金上昇が望みやすくなっています。
生産性を向上させる上で効果のある政策は、思い切った規制改革、企業統合の推進、そして、基礎科学の振興です。
ただし、これらの政策が効果を発揮するには時間がかかります。


消費税再増税の前に生産性を向上させる政策を検討すべきです

こうした状況下で、今秋に、2015年10月に消費税を8%から10%に再び引き上げるか否かの判断をする必要が出てきます。
みんなの党はかねてより、増税の前にやるべきことがあると主張して参りましたが、ここにきて消費税増税後の今年の4月から6月までの経済指数が予想以上に悪いことが明らかになってきました。
実感的には、首都圏より地方部の方が悪いと思われます。
3%も所得が増えていない中での3%の増税と車が交通手段となっている地域でのガソリン価格の高騰が、地方で特に消費を落ち込ませています。

景気刺激策としての公共事業は、昨年度の補正予算と本年度の予算で22兆円が計上されているのに、まだ、そのうちの6.9%、1兆5千億円程度しか支出されていない事実を考えると、更なる公共事業の積み増しによる景気刺激効果は限定的だと思われます。
だから、生産性を上げることを前提に、どういう政策が望ましいかを真剣に検討して、消費税再増税の判断をすべきだと考えます。


衆議院議員 浅尾慶一郎

 

関連記事
関連動画

 

画像をクリックするとPDFファイルが開きます

 

2014年09月02日 (火)

Summary of Trip to the U.S.A by New Leadership of Your Party

Overview of the visit to Washington, D.C. July 21 to 23 July 21 (Monday)

<photograph>

● Luncheon meeting with Mr. William Breer (former Minister of U.S. Embassy in Japan)

● Meeting with Mr. John Hamre ( President and CEO of CSIS)

● Meeting with Mr. Kenichiro Sasae (Ambassador of Japan to the U.S.A.)

● Evening party hosted by Mr. Glen S. Fukushima

Present: Mr. Michael Schiffer (Senior Advisor/Counselor、United States Senate)

Mr. Ira Shapiro(President, IRA SHAPIROGLOBALSTRATEGIES, LLC.)

Mr. Bruce Stokes (Director, Pew Research Center)

Mr. Glen Fukushima (Senior Fellow, Center for American Progress)

 

July 22 (Tuesday)

● Breakfast meeting with Mr. Kenneth Weinstein (resident and CEO of Hudson Institute)

● Meeting with Mr. Richard Armitage (Former Deputy Secretary of State)

● Luncheon meeting with Japanese business executives

● Meeting with Mr. Mark Takano (Congressman)

●Meeting with Mr. Adam Posen (Director of Peterson Institute for International Economics)

● Seminar at Brookings Institution

● Meeting with Mr. George Holding (Congressman)

● Meeting with Mr. Joseph Kennedy III (Congressman)

● Meeting with Mr. Dana Rohrabacher (Congressman)

 

July 23 (Wednesday)

● Breakfast with Mr. James Zumwalt (Deputy Assistant Secretary of State)

● Meeting with Mr. Richard Bush (Director, Brookings Institution’s Center for East Asia Policy Studies)

 

Exchanges of opinions on pressing global issues

The New leader, Secretary-General and Chairman of the Policy Research Council, representing the new leadership of Your Party, visited the U.S.A. from July 21 to 23, and exchanged views with congressmen, government officials and key members from various think tanks.

The main purpose of the trip was to demonstrate our enthusiastic international spirit and the young age of the Your Party leadership, despite being a major political party. At the same time, we wanted to prove that Your Party is keen to reform in Japan while exchanging opinions on pressing issues concerning global security and economy. We held all our meetings without the assistance of an interpreter, so the meetings were short but rich in their content.

 

Issues concerning security

The main points raised about security were as follows:

(1)     If Japan were to open talks with Russia about the return of the Northern Territories at this juncture with rising tensions in Ukraine following the downing of the Malaysian airliner, the conclusion of any new economic ties with Russia would possibly be in direct contradiction to the international sanctions currently on Russia. Therefore, international community may not agree to Putin’s autumn visit to Japan, if the current situation continues.

(2)     Regarding the debate over exercising the right to collective defense, we learned that in certain corners there are those who follow Korea’s wishes because of the particularly powerful political influence of Americans of Korean descent on the Democrat Party. I explained that we considered it unthinkable that Japan would act independently of the U.S.A. in the event the right to collective defense would be exercised, and therefore nothing detrimental would occur Korea, a U.S. ally.

(3)     With regard to matters not directly related to the right to collective defense, it was agreed that there was a need for Japan and the U.S. to collaborate in strengthening their maritime policing capabilities in the southern parts of the South China Sea.

 

Issues concerning the economy

With regard to economic issues, we received support from key members who, when we explained that Your Party’s policy is to improve the productivity of tertiary industries, said that this is “the real growth strategy.”

On the subject of the TPP, we were concerned that support for it is lukewarm in Congress. In the background is the fact that the Democratic Party has historically been close to trade unions, and many Democrats are skeptical about free trade even though their strong inclination not declare their position before the autumn mid-term elections. The sentiment in the Republican Party is that they do not see why they should support President Obama who has not been able to persuade even his own party.

We feel that if this situation continues then it will be even harder than is currently thought in Japan for the U.S. to approve the TPP in the House. We realized that Japan needs to hammer out positive policies, and we relayed to key members our counter policies for doing so.

 

We will present all sorts of policies to the government as we put to full use the results of the trip.

 

Keiichiro Asao

Member of the House of the Representatives

 

 

 

 

 

お知らせ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ