あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2013年11月30日 (土)

明日から12月

今日で11月も終わり明日から12月に突入だ。国会では12月6日が閉会の予定で重要法案が審議されている。現在は政党政治中心の政治が行われているが党が決めた法案に対する反対者や退席者がいる事に、私は呆れ返って言葉がでてこない。それに加えて自分を正当化しようとする弁解がまた悲しいのでこれ以上は論じない。さて、明日から年末だ「師は走る」の言葉通り大変忙しい時期がやって来た。昨年の今頃は衆議院選挙間近で大変忙しかった事を思い出した。早いものであれからもう1年が経過した。この1年間に何をして皆さんに何を提供出来たのだろうかと考えてみる。いつも言っている様に「昨日より今日が、そして今日よりも明日が一歩でも住み易い国になる」事が出来たのだろうか。これからも全力で走り続けよう。

2013年11月30日 (土)

Issues seen in questioning in the Lower House Budget Committee during the Extraordinary Diet session



Concern on the establishment of a Revenue Agency

I took part in the discussion at the Lower House Budget Committee held on October 22nd and delivered concrete policy recommendations focused primarily on domestic political issues.

To start, I questioned the backsliding since the beginning of the Abe government in establishing a Revenue Agency, which will integrate the collection functions of the National Tax Agency and the Japan Pension Service.  Under the administration of the Democratic Party of Japan, the establishment of Revenue Agency was included in the consumption tax increase bill as a supplemental provision, which stated that “in order to strengthen the function of public pension premium collection system, the government will, form a broad perspective, consider a revenue agency and also study the effectiveness of other policies, with the prospect for materialization.”

However, after the change of administration to the Liberal Democratic Party, which strongly reflects the intentions of the Ministry of Finance (which concerns the establishment of a revenue agency); it seems that there has been a drastic setback.

From the start, losses in pension and health insurance premium collection are attributed to the missing enrollments to the employees’ pension insurance and the Health Insurance Association.  According to my survey, a number of people missing enrollments are estimated at 11 million.  When I pointed this out, the Minister of Health, Labor and Welfare replied that the government believes it is 4 million, a considerably smaller number.  Even if the figure from the Ministry of Health, Labor and Welfare is correct, it is clear that there are enormous losses in collection.  The income tax and the social insurance premium are not collected properly if a revenue agency were established, it means that could check revenue collection in one place, this problem could be solved immediately.

Even the government’s own research recognizes that the cost of collection would be reduced, since companies withhold their employees’ income tax and social insurance premiums.  It is also good news for corporations performing tax withholding to be able to send revenue and documentation to one place after withholding

Concern about a newly created institution under regulatory reform

Next, I asked a question about the company proof exception system that the government sought to propose as a new method of regulatory reform.  Normally, regulatory reform should be carried out on nationwide uniform basis.  However, it is difficult for various reasons to remove existing social regulations uniformly nationwide.  Special economic zones exist as an advanced and trial measure.  Under the current circumstances, I asked why the government is creating a new system to grant only specific companies regulatory exceptions throughout the country apart from the special economic zone system.  Prime Minister Abe explained:“We will recognize those companies that can take alternative measures – we will recognize companies that con prove that they are capable of coping with a matter of concern by their own efforts.”

Listening to this, this can be taken as the kind of system that, exceptions will be given to companies with strong financial back ground so that the companies themselves will be able to cover compensation for any accidents.  It seems like a system to be completely against the original target why there is social regulation, so I will reconfirm it at the stage when the bill comes out.

 

A bright prospect on the repayment period of depreciation

In addition, regarding the public finance I asked a question about the inclusion of entertainment expenses in deductible expenses by large accompanies as tax deductible item to stimulate economic stimulus.  It is understandable from the perspective of aiming to boost the economy by increasing the amount of money moving around in the country.  But if this is allowed, I pointed out that the repayment period for the depreciation of assets which were acquired with funds like capital investment should be freely established.  To this point I drew a response that the government is moving in the direction of recognizing immediate depreciation during a distinct period.  Although it was not a perfect answer, I take pride in the fact that it was not a zero answer.

Other than these, I asked questions about a range of issues.  I will continue to takes every opportunity to introduce concrete policy proposals.  I appreciate your continued support and understanding.

Keiichiro Asao, Member of the House of Representatives

Past Newsletters

November 2013 Issue, No. 224 (Japanese)

Keiichiro Asao Profile

Video Library

2013年11月25日 (月)

一週間

早朝の駅頭は紅葉の色鮮やかに染められた北鎌倉駅からのスタートでした。本日は外回りの仕事があったり来客があったりと忙しい一日でした。今週はイベントが続いており忙しい週となりますが風邪などひかない様に頑張ります。特に明日も一日外出です。週末には大きな会議がありますが事務局として漏れがないようにしっかりとしなければなりません。その先の来週には一人きりの修行の場で伸び伸びと心の洗濯をしてこようと思っています。

2013年11月24日 (日)

お幸せに

昨日横浜市栄区選出の楠県議の秘書をしている志賀さんの結婚式に出席させて頂きました。式は冒頭に志賀さんがウエルカムスピーチをされこの上ない笑顔で始まりました。式場には志賀さんと奥様の人柄からか小学校や中学校時代の同級生やら後輩など若い方たちが沢山お集まりになっていました。当事務所からは浅尾議員を始め秘書も出席させて頂き、楽しい幸せなひと時をすごさせて頂きました。私も息子の結婚式をちょっと前にした記憶でしたが、あれからもう6、7年経つのかと思ったら時の経つスピードに驚くばかりです。その息子も今や同居しており私達夫婦に3人の孫をプレゼントしてくれています。何よりも何よりも大切な宝物です。志賀さんも是非ご両親に孫という素晴らしい宝物をプレゼントして頂きたいと思います。

2013年11月20日 (水)

膝のその後

便りを頂いた方から膝が悪いのが治りましたかと温かい励ましの言葉を頂きました。片足を引き摺りながら歩いていましたが、先週2回目のヒアルロンサンの注射をしたころから少しずつ痛みが引きはじめやっと普通に歩けるようになってきました。それでも動き始めの一歩に痛みがでるので、元通りになったと云う訳ではありません。今日3回目のヒアルロンサンを注射してもらい痛みがなくなったら軽い運動を始めようと思っています。内臓関係のお医者さんで太りすぎ、整体関係のお医者さんでも太りすぎと言われます。要するに肥満が身体を壊しているのです。お酒を止めてお菓子を止めて野菜と魚を食べればやせられますとお医者さんは仰いますが、それが出来ないからデブなのです。しかし本当に痩せなければならないところまで来ていますから本気で死んだつもりで努力しなければと思います。

2013年11月19日 (火)

11月24日(日)NHK「日曜討論」出演のお知らせ(終了致しました)

11月24日(日曜日) 9:00~10:00 NHK 「日曜討論」に出演致します。
(総合テレビ・ラジオ第1)

主な内容は、
・“1票の格差”を巡る最高裁判決について
・終盤国会にどう臨むのか
・重要課題について

皆様のご視聴・ご聴取をお願い致します。

 

 

 

2013年11月19日 (火)

重要法案

今日は大変遅れていた今月号の活動レポートを和田秘書にお手伝いをして頂きご支援者の皆様に届けて参りました。国会では与党とわが党と特定秘密保護法案で修正協議の内容が纏まるとの報道を受けてメールで賛否両論の意見が沢山寄せられています。しかし我が党の基本政策(アジェンダ2013)で戦略的な外交安全保障体制の構築のために情報漏洩防止策を強化しなければと言ってきています。ですから私たちは与党に擦り寄るわけでもなくいつも通り政策にブレずに自分たちの主張をして参ります。今後とも皆様方のみんなの党に対するご支援を宜しくお願い致します。

2013年11月18日 (月)

また関内?

金曜日に関内で会合、土曜日に関内で会合、そして今日も関内で会合とここ暫く関内へ行くことが多い。今は関内に行くことは減ったが十数年前は毎日(毎晩)のように関内で仕事をしていた。時間も経過すると昔あったお店は無くなっており月日の流れに感慨深いものがある。あの頃は元気はつらつで昼の仕事と夜の仕事の両方をこなしていたが今はただ昼の仕事をこなすのが精一杯である。横浜関内と言えば官庁街であり神奈川の重要な方針もここで決められてきた。昔そういう方々とも話をする機会があったが非常に緊張した記憶が残っている。関内に来るとそうした事を思い出し「初心わするべからず」と自分に言い聞かせている。

2013年11月17日 (日)

収穫祭

今日は栃木県足利市にあるココファームで収穫祭という催しがあり行って来ました。ここは障がい者の方々がワイン用のぶどうを育てているところです。洞爺湖サミットなどでもここのワインが使われたそうです。急な斜面にぶどうの木が立ち並び、その木の下で収穫されたワインを頂くものです。ここの農場では障がい者の方々の雇用とある程度の収入が確保されるように工夫をし数十年も掛けて今の形が出来たそうです。入り口付近でその方々が一生懸命私たちの出迎えをしてくれたり、受付をされたりと大活躍をされていました。ここで働く皆さんの顔が輝いていましたしこれが理想な社会だなと感じました。今日も良い社会勉強をさせて頂きました。明日からも頑張ります。

2013年11月15日 (金)

来月は師走

昨日は仕事帰りに散髪屋によった。髪も昔ほど伸びが早くないし、身体とは裏腹に毛の太さは細くなっていくばかりなので床屋への回数は極端に減ってきている。歳とはいえ悲しいものだと思う。さて、その床屋の主人は私と同い年であるので話の内容も理解出来、カット中もおしゃべりが止まらない。その時行き成り私離婚したんだよとの衝撃の発言があった。家庭事情はそれぞれ本人しか分からないので踏み込んで聞けないが、自分だったらこの歳で離婚に踏みきれるのだろうかと思った。まあ今週は結婚の話があり離婚の話があり色々考えさせられる一週間だったけどみんな幸せになってほしいものだ。こんな一週間を繰り返しながら振り返ってみたら来月は年末。皆で楽しかった一年だったねと言える年になってほしい。

お知らせ

カテゴリ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ