あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2013年08月31日 (土)

The result of the last Upper House election and our path to take


Appeal on a drastic regulatory reform in the economic growth strategies

The Upper House election was over. I visited twenty prefectures throughout Japan as a chairman of Policy Research Council and head of Election Strategy Headquarter.  I would like to express my appreciation from bottom of my heart for all the warm supports which I received in each region.  What I mainly appealed during the election was that the economic growth strategies should be focused on a drastic regulatory reform to make the economy activate.  It was important to break down vested interests for its realization.

The election resulted in an increase of 5 seats

As a result of the last election, Liberal Democratic Party (L.D.P.) and the New Komeito drastically increased their seats.  We, Your Party, gained 5 seats from the previous numbers which were 4 seats of the electoral districts, 4 seats of the proportional representation constituency and 3 seats up for re-election.  Our result was not the level which we proudly say to be significant breakthrough with confidence.  Although I think that the result can be well compared to that of the Japanese Communist Party, which increased from three to eight, the media reported it as an impressive result.

Raise our policy and present our roadmap

Your Party’s share of the vote in the proportional-representation constituency at the Lower House election last year was 8.72%.  This time it edged up slightly to 8.90% at the last Upper House election.  I think that we stayed well under the situation in which the Democratic Party of Japan (D.P.J.) decreased their share from 16% to 13.40% and the Japan Restoration Party from 20.38% to 11.90%.  In contrast, the L.D.P. and the New Komeito increased each their shares in all over the country, the L.D.P. from 27.62% to 34.70% and the New Komeito from 11.83% to 14.20%.  This figure shows that the L.D.P. and the New Komeito have taken over from the D.P.J. and the Japan Restoration Party, we have to study seriously this fact.  We will stress the need strongly to appeal to the public and to present roadmap.

Work toward National Administrative Reform

Your Party is concerned the media reports that the Party goes into a confusion after the last election.  Now Your Party is a center of attention as a core partner of opposition parties when the reorganization takes place.  It is regrettable that such media reports were published.  We will carefully examine the result of the Upper House election and necessary issues to revise within the party.  Then we will unite firmly ourselves under the same principle and philosophy.  We appreciate your continued support and encouragement.

Keiichiro Asao

Member of the House of Representatives

 

 

2013年08月31日 (土)

あさお慶一郎ミニ対談:松田 喬和氏

「日本のヴィジョンを考える会」講演後の対談(2013年8月28日)
※講演の全模様は「あさお慶一郎君を応援する会」(通称 あさお会)の特別賛助会員に向けて、USTREAMで無料生中継されました。

今回は、毎日新聞社論説室専門編集委員、松田喬和氏をお招きして、『安倍政権の行方と野党再編の動き』と題して開催しました。


■講師プロフィール
〈松田 喬和(まつだたかかず)〉
1969年 3月 早稲田大学卒
4月 毎日新聞入社、東京本社福島支局に配属
1973年 4月 東京本社社会部に配属
1974年 4月 政治部に転属、田中首相番に
1991年 2月 政治部デスク
1995年 7月 横浜支局長
1998年 4月 広告局企画開発本部長
1999年10月  論説委員
2004年 4月 論説室専門編集委員
2009年 9月 『松田喬和の首相番日誌』連載開始
2012年11月 『番日誌』終了
2013年 4月 政治コラム『一樹百穫』連載開始
■著書
『中曽根内閣史』(95年 共著 中央公論社)
『現代日本政党史録』(04年 共著 第一法規)
■テレビ
BS11「インサイドアウト」コメンテーター(月、木曜日 22:00~)

 

2013年08月21日 (水)

8月30日(金曜深夜)テレビ朝日「朝まで生テレビ!」出演のお知らせ(終了致しました)

8月30日(金曜深夜)2525~2825 (正確には31日土曜日01:25~04:25)
テレビ朝日「朝まで生テレビ!」に生出演します。
皆さまのご視聴をお願いいたします。

●テーマ 「激論!ド~する消費増税とアベノミクス」(仮)

 

2013年08月21日 (水)

8月24日(土)TBS「サタデーずばっと」出演のお知らせ(放映終了致しました)

8月24日(土) 午前6:45~7:30 TBS「サタデーずばっと」に生出演します。
皆さまのご視聴をお願いいたします。

●テーマ「消費税を増税すべきか?スペシャル」(仮)

 

 

2013年08月05日 (月)

「参議院議員選挙の結果と今後の進むべき道」活動レポート8月号

訴えは徹底した規制改革中心の成長戦略

参議院議員選挙が終わりました。私も、みんなの党の政調会長兼選挙対策委員長として全国20都道府県を応援演説で回りましたが、各地で温かいご声援を頂きましたことに心より感謝申し上げたいと思います。私が選挙で主に訴えましたのは、経済の活性化のためには徹底した規制改革中心の成長戦略が必要で、そして、その実現のためには既得権の打破が必要だということでした。


選挙の結果は5議席増

選挙の結果は自民党、公明党が大きく議席を伸ばすものとなりました。私ども、みんなの党は選挙区4議席、比例区4議席と改選3議席から5議席増の結果でした。胸を大きく張って大躍進とよべるレベルではないにせよ、躍進と報じられている共産党が3議席から8議席に伸ばしたのと同じ議席増であることは評価できるものだと思います。


政策をアピールし、ロードマップを示していく

みんなの党の全国比例区における得票率は去年の衆議院議員選挙では8.72%でしたが、今回の参議院議員選挙では8.90%と微増いたしました。この結果は民主党が16.0%から13.40%へ、日本維新の会が20.38%から11.90%へと、それぞれ得票率を減らす中で、よく踏みとどまったと言えるでしょう。自民党、公明党はそれぞれ、27.62%から34.70%へ、11.83%から14.20%へと、全国でかなり得票率を伸ばしました。従って、民主党、日本維新の会の減少分を自公に取られてしまったことは反省しなければなりません。今後は、さらに、しっかりと政策をアピールし、その実現のロードマップを示していく必要性があります。


国政改革に邁進する

そうした中、選挙後にみんなの党が混乱しているかのような報道が出たことについて率直に皆様方にお詫びを申しあげたいと思っています。せっかく、小さいながらも躍進して、これから野党再編の核としてみんなの党に注目が集まる中で、こうした報道が出ることははなはだ遺憾であります。参議院議員選挙の総括をしっかりと行った上で、党の中で糺すべきところは糺し、一致結束して同じ理念、哲学の下、今後の国政改革に邁進したいと考えております。今後ともご支援やご鞭撻をよろしくお願いいたします。


衆議院議員 浅尾慶一郎

↓クリックするとPDFファイルが開きます

1

お知らせ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ