あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2013年05月31日 (金)

Need to focus on regulatory reform in the economic growth strategies

 

Whether our country will be on solid path of economic growth depends on the success of third arrow of Abenomics by Prime Minister Shinzo Abe, the first arrow is monetary policy, the second arrow is government spending, and the third arrow is economic growth strategies. The third arrow is most important in achieving long term growth.

Facilitate Private Sector’s creativity
You might associate an industrial policy at the era of high economic growth from “the economic growth strategies”.  What is needed now is to focus on regulatory reform in order to encourage private sectors to facilitate creativity. Previously the government deliberates policy to set the target on certain fields with priority.  However this policy is no longer the case.  The reason for this is that it is unpredictable for both politicians and government officials to see which field will grow, when the action was started. Potential growth can be judged only by consumers through competition in the market.

Promotion of policy of regulatory reform
Your Party, since its establishment, has been promoting a policy of regulatory reform in order to encourage private sectors to facilitate creativity.  Your Party has proposed a free depreciation tax system which enables companies freely to set depreciation period in terms of the tax code and recover their cost of investments by using their creativity.  There are many fields in our country which will exhibit growth potential by regulatory reform.

Discount call charge by regulatory reform
A call charge from Tokyo to Osaka was three hundred sixty yen per three minutes twenty five years ago.  Now the call charge was reduced to eighty yen by the opening of communication line previously monopolized by Nippon Telegraph and Telephone Corporation (NTT) together with an entry of other private firms into communication business.  Another benefit was seen that the number of employments at telecommunication industry has drastically increased.  Hardly anyone could predict twenty five years ago how widely uses of internet and mobile phone will be spread among people.  Regulatory reform will take time before any effect is seen and it is hardly known which field will become popular at the time of taking an action.

Driving force toward regulatory reform
The biggest area which requires regulatory reform is in the electricity industry.  Under the current system in which a same power company operates generation, transmission and distribution of electricity, radical innovation will not be born due to lack of competition.
Separating electric power production from power distribution and transmission as well as to have free access to infrastructure of power distribution grid, new kind of services might be created in twenty five years time from now.
I assume that there will be a wide range of resistance against such a large-scale reform.
We will be the strong driving force forwards implementing structural reform fighting against any resistance.

Keiichiro Asao
Member of the House of Representatives

 

 

 

2013年05月30日 (木)

6月1日テレビ出演のお知らせ(終了致しました)

6月1日(土)午前11時30分から午後0時05分までテレビ東京7チャンネル「田勢康弘の週刊ニュース新書」に出演致します。テーマは「参院選で野党は自民圧勝を止められるか?」です。皆様のご視聴をお願い致します。

2013年05月30日 (木)

見方を変えれば

今日の早朝の散歩は今にも雨が振出しそうだったので、いつものコースを変えてみた。今まで右周りだったものを左回りにしたり、なだらかな道だけだったのに急勾配なところを通ったりしてみた。ほんのちょっとの事なのに景色感がまるで違うことに気がついた。へえーこんな所に水路があって鳥が水遊びをしていることや小さな花園があり非常に綺麗な花が咲いていることなど小さな驚きだった。考えてみると仕事も同じだ。いつも一方の切り口からみての判断だ。そういえば国民の皆さんからの要望は、陳情はどうだろう。多方面から多角的に見る。一見やさしそうだが難しい限りだ。皆さんの期待に応えられるように心身とも切磋琢磨しなければと早朝から反省の一日だ。

2013年05月29日 (水)

着実な一歩を大切に

今日は早朝の横浜の会議以外は事務所にいる事が出来たので、昨日行われた別の会議の後処理をした。毎日、横浜・議員会館・新宿事務所の行き来をしているだけで一日が終わってしまっている現状では今日は仕事が捗った方だろう。明日も議員会館・横浜と出ずっぱりの仕事だ。落ち着いて考える時間は電車の中だけだが、ゆっくりと揺られると夢の中に引き込まれ悪夢が襲って来るがバラ色の夢が見られるようにもう一工夫が必要だ。ローマは一日にしてならず「こつこつと地道に着実に一歩一歩前進していこう」

2013年05月26日 (日)

大潮

体重の増加と共に成人病に関する検査数値が悪くなってきた。このままでは不味いので早朝の散歩を再開した。土曜と日曜日は朝5時に家を出て2時間30分程度歩く。行き先は海の公園を1周して来るコースで12~13Km程度である。その海の公園であるが2週間おきに人の混み具合が違う。因みに今日は混雑している週だ。そうなんですここは無料でアサリ堀りが出来る場所なので大潮の日は早朝から人が押し寄せ、海岸にテントを貼って潮の引くのを待っているのです。それが2週間おきに混雑する原因だったのです。皆様も海の公園に出掛けて見ませんか。潮のカレンダーがなくっても旧暦カレンダーがあれば大丈夫です。旧暦の11日と26日から潮が動き始めます。ここから5日目ぐらいが大潮になります。そして1年で今が一番干満の差が激しいのです。言い換えれば1年で一番潮が引くのです。次は2週間後ですので2週間後の早朝に海の公園でお会いいたしましょう。その頃には成人病の悪い数値が大潮のように過ぎ去り、スリムな体に変身しているかな。ムリだよなあーーーーー。

2013年05月24日 (金)

5月27日(月)「本格報道 INsideOUT」 (BS11)出演のお知らせ(終了)

5月27日(月)21:00-22:00、BS11の生放送番組「本格報道INsideOUT」に出演致します。

参議院選挙と野党共闘の行方など多岐にわたるテーマを予定しています。

みんなの党選挙対策委員長としてじっくりとお話致します。皆様のご視聴をお願い致します。

2013年05月23日 (木)

旅?

今日は新宿の徳広事務所への出張でした。大船から湘南新宿ラインで新宿まで、そして山手線に乗り換え高田馬場まで行き東西線で早稲田下車。帰りは議員会館に用事があったので早稲田から九段下まで行き半蔵門線に乗り換え永田町で下車し議員会館で一仕事。そして夜の会議で大船事務所へ帰るために有楽町線で国会議事堂前から東京駅を経由し東海道線で大船へ戻った。明日もこのパターンで東京での仕事が待っている。地元事務所での仕事はある程度分かっているが、東京での仕事は不慣れで精神的にも肉体的にも結構疲れる。早く平穏無事な次期が来ないかと心待ちにしている。

2013年05月22日 (水)

5月26日(日) NHK「日曜討論」出演のお知らせ(終了)

5月26日(日)午前9時から10時までNHK「日曜討論」に出演致します。
(総合テレビ・ラジオ第1)

主な内容は、
・日本経済の現状と課題について
・安倍政権の経済財政政策について
・日本経済の成長に何が必要か
などです。

皆様のご視聴をお願い致します。

 

 

2013年05月21日 (火)

忙しい

今晩設定された急な会議の手配や夏のインターン受け入れ準備の打ち合わせなどで今日の仕事も余裕がない。本来なら東京に行かなければならなかったが止めてしまった。と言いながらもそろそろ出かけなければならない。まだまだ今日は長いが自分より大変な仕事をしておられる方がいっぱいおられる。そういう方に負けないぐらい気合を入れて頑張ってみるか。

2013年05月21日 (火)

5月25日(土)読売テレビ「ウェークアップ!ぷらす」出演のお知らせ

5月25日(土) 8:00 ~ 9:25 読売テレビ(日本テレビ系列)「ウェークアップ!ぷらす」に生出演致します。

皆様のご視聴をお願い致します。

 

 

お知らせ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ