あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2012年12月20日 (木)

大学の秋入学移行について

 

大学の秋入学移行が話題になっているかと思いますが、浅尾先生やみんなの党は賛成ですか?
私は大学の教員をやっているのですが、教員や学生からは否定的な声が多いように思えます。

しかしながら、上層部の人間が一方的に推し進めている上、自民党の政策にも”大学の9月入学推進”が明記されており、反対の声を無視して押し切られるのではないかと危惧しています。

提唱されているギャップタームは一部の意識の高い学生や金持ちの学生以外には、”半年間のゆとり休暇”になりかねないと思います。

重要なことは、アメリカに合わせて入学時期を変更する上っ面の改革でなく、英語の授業(海外との中継も可能かと思います)や海外大学への派遣といった国際化教育の中身を充実させることで、これらは現行のままでも十分対応可能かと思います。

今後の国会でこの問題が挙がった時に、上のような意見もあるということを思い出して話を進めていただければ幸いです。

(続きを読む…)

2012年12月19日 (水)

みのもんたのサタデーずばッと出演のお知らせ(放映終了致しました)

12月22日(土)午前5時45分から午前7時30分まで、TBSテレビ「みのもんたのサタデーずばッと」に出演致します。主なテーマは景気・原発・社会保障・憲法等です。ご視聴をお願い致します。

2012年12月18日 (火)

「第46回衆議院議員選挙 神奈川第4区開票結果」活動レポート号外

 

2012年12月16日 (日)

17日(月曜日) BS朝日「ごごいち!ニュースキャッチ」出演のお知らせ(放映終了いたしました)

12月17日(月曜日)の13時~13時55分 BS朝日の「ごごいち!ニュースキャッチ」に出演します。

是非ご視聴ください。

2012年12月16日 (日)

テレビ朝日「選挙ステーション第2部」出演のお知らせ(放映終了いたしました)

本日深夜24時30分からのテレビ朝日「選挙ステーション第2部」に出演します。

是非ご視聴ください。

 

2012年12月03日 (月)

「今回の衆議院選挙の意義」活動レポート号外



政界再編へ

11月16日に衆議院が解散し、12月4日公示、16日投票日の総選挙になりました。
3年前、「政権交代のその先へ」というキャッチフレーズを掲げ衆議院選挙に臨んだ私は、政権交代後の政党再編を目標にしておりました。
まずは、長く続いた自民党体制に一度終止符を打ち、その後に主義主張が合致した政治家同士で政党を形成し、決められる政治の実現を目指しました。
漸く、今回政界再編の息吹が感じられる様になりました。
世論調査において、選挙後に一番望ましい政権の枠組みは何かという質問に対して、「政界再編による新しい枠組み」が「民主党中心」、「自民党中心」、「民・自が参加する大連立」を抑えて第一位であることは、世論が政界再編を後押ししている証左です。


政界再編の理念

政界再編を行う上で大切なことは、どういう理念で政界を再編するか。
戦後の日本政治、特に高度経済成長を成し遂げた後の政治は、結果の平等に重きをおき、配分に力を入れて参りました。
国土の均衡ある発展という哲学の下、民間企業が受注する公共事業を通じて都市から地方へお金を配分する「自民党政治」であれ、子ども手当や高校無償化を通じて直接国民に国がお金を配分する「民主党政治」であれ、配分に力を入れる政治であるという意味では同じです。
配分に力を入れれば入れるほど、配る役割を担う官僚機構は肥大化します。
しかし、これだけ国の借金が増えた今、配分よりも活力に政治の力点をおくべきです。
「あれもやります、これもやります、結果として借金増やします、増税します」という政治から脱却しないといけません。
その為に、結果の平等よりも、機会の均等に力を入れる政党と結果の平等に力点を置く政党が時々で政権を争う様な状況に政界再編の行方をもっていきたいと考えております。
時々の状況に応じて有権者が、配分か活力か、結果の平等か機会の均等を選べる様にしていくべきです。
その息吹はあります。
何故なら、民主党にも自民党にも配分よりも活力に力点を置く政治家が少なからず存在するからです。
逆にそれぞれの党に両方の勢力が混在するから、例えばTPPの問題一つとっても党としての結論が出せないのです。


候補者の主張をよく知り投票へ

今回の選挙が、有権者にとってまだ分かりにくいのも事実です。
政党が多く乱立し、どの政党がどういう路線か分からないからです。
でも、選挙には必ず投票に行きましょう。
個々の候補者の主張を良く聞いて下さい。
「小泉チルドレン」、「小沢ガールズ」と言われる様な国会議員を誕生させない為に、各候補者の能力がどれ位あるか、どれ位強い信念の持ち主かも判断して投票をして下さい。
この基準で日本中で投票すれば、政界再編が進みます。
何故なら、自分の頭で考え、信念に従って行動出来る政治家が増えれば、理念に基づいた再編に必ずつながる状況だからです。


前衆議院議員 浅尾慶一郎



↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます。印刷もできます。

 

2012年12月03日 (月)

公示後のホームページ等の更新について

12月4日に衆議院議員総選挙が公示されます。
公職選挙法では、公示後のホームページやTwitterやFacebookなどSNSの更新も不可とされています。
あらかじめご了承ください。

なお、浅尾慶一郎ならびにみんなの党はこの古い法律を改めるべく法案を提出しています。今後もその実現に向けて働きかけます。
参考:

2012年12月03日 (月)

出陣式・マイク納めのお知らせ(終了致しました)

いよいよ衆議院議員選挙が明日12月4日(火)日に公示されます。あさお慶一郎候補も12月16日の投開票日まで全力でみんなの党の政策を訴えて参ります。また、明日4日(火)午前9時30分から事務所前(神奈川県鎌倉市大船1-23-11松岡ビル入り口)にて出陣式を執り行います。15日(土)には午後7時30分頃から同じく事務所前に於いてマイク納めを行います。

2012年12月03日 (月)

GLOBIS.JP 「堀義人が聞く」 より


グロービス経営大学院・学長の堀義人によるインタビューです。

 

1

お知らせ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ