あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

2009年07月17日 (金)

あさがおの花

夏に咲く花の代表にあさがおの花がある。今年の春に知人からあさがおの種をもらい育ててきた。特に今年は暑い夏だ。大きな、大きな「あさがおの花」を咲かせよう。  田村

2009年07月16日 (木)

 夏祭り

各地で夏祭りが盛んに行われている。私の故郷でももうすぐ夏祭りだ。あの子供の頃のわくわくした思い出が蘇って来る。だが現実は余りの繁忙に祭りは暫らくお預けだ。今年の夏は暑くなる。 田村

2009年07月14日 (火)

小さな駅での駅頭

今朝は江ノ電の駅でのご挨拶。驚いた事に朝6時半ごろにパンフレットを持った観光客の人が下車して来た。こんな早くから何を見に来たのかなあ?と考えてしまう。考えるといえば麻生総理が来週に衆議院を解散するという。与野党で重要法案とぃっていた法案も審議せずに流れてしまうとか? 深く考えると夜も眠れない。田村

2009年07月07日 (火)

へんな天気

本日の駅頭時は晴れと思っていたら突然の雨、そして直ぐに止んでしまう、そしてまた雨。題名通りへんな天気。まるで民主党と自民党の支持率調査のように目まぐるしい。世の中一寸先は闇、何が起こるか分からない。何事にも全力で頑張ろう。 田村

2009年07月06日 (月)

政治家としての資質


最近、ビックリするニュースが発生する頻度が高まっている様な気がします。時代が連続性の高い時代から不連続の時代へと変化している表れだと思います。確かだと思われたもの、確実だと思われたものが、ある日突然そうではなくなっていることに気づく時代になりました。そうした時代に相応しい政治家の資質とはどういうものでしょうか。

どんな状況にあっても自分の信念からモノが言え、その実現に向け言葉だけではなく行動する政治家です。特定の団体や企業だけでなく、地域に住んでいる人に支えられた政治家なら可能です。地域の有権者と心と心でつながって、信頼に支えられていればこそ、政治家は、理論・理屈だけでは超えられない世界にも、迷わず踏み込んでいけるはずです。逆境の中でも地域に支えられた政治家は常にブレずに自分の発言を守っていけるはずです。

逆に言えば、自分が発言したことを守るためにあえて難しい道を選択する政治家の行動は不確実な時代に確かなモノを求める有権者の心を打つはずです。政策の方向性は、正反対ですが郵政民営化を押し通した
小泉元総理大臣と信念を通して復党をこばんだ平沼元経済産業大臣が評価されるのはブレない姿勢があるからではないでしょうか?

私自身、十三年前に初めて衆議院の選挙に出馬した時から、「一人一人が夢に挑戦する社会を作りたい」と申し上げてきました。従って、私自身も夢をかかげて、ブレずに行動することでみなさんとの「信頼の証」としていきたいと思っております。併せて、今回の選挙を単なる政権交代だけで終わらせずに、「政権交代のその先にある世界」まで突き詰めることを目指したいと思います。「浅尾に提言」を含め、国全体で物事を決める仕組みを作り直すことに挑んで参ります。

2009年07月03日 (金)

テレビ生出演

太田総理・・・秘書田中に生出演しています。各党の話も当然ながら政局の話が中心です。本来は政策を語らなければならないはずです。巷ではボーナスカットや不支給など生活の厳しさを訴える人が増えています。一刻も早い経済対策をしなければならないと考えます。田村

2009年07月01日 (水)

学習塾

この時間帯に小学生が大きな声で話しながら歩いて来る。何かあったのかと心配したが塾帰りで友達となにやら熱中しながら会話している。私達の頃にも塾は有ったがこんなに遅くまではしていなかったと記憶している。毎日の勉強は大変だけど努力は人を裏切らない。将来ある子供たちよ頑張ってね!! 田村

1

お知らせ

カテゴリ

バックナンバー

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ