あさお慶一郎(衆議院議員 神奈川4区)

湘南の風

逗子アジェンダ2014

2014年03月17日 (月)

逗子アジェンダ2014 画像をクリックするとPDFファイル(2ページ)が開きます。  

「予算委員会での経済政策提案」活動レポート3月号

2014年03月02日 (日)

来年度の予算案について、衆議院予算委員会の冒頭の基本的質疑で『みんなの党』を代表して、いくつかの具体的な経済政策提案を行いました。その結果、前進した分野、そうでもない分野がありましたので、以下、報告を致します。 国債の保有額について まず、経済政策について具体的な提案や確認を致しました。 日本銀行の金融政策について、「従来、定額で増額してきた国債の保有額は、保有額の変化率で見ると、保... [ 続きを見る» ]

「今年の政策課題 『増税の前にやるべきこと』」活動レポート2月号

2014年02月07日 (金)

本年4月には、消費税が5%から8%へと引き上げられることが決定しています。 しかし、私どもはかねてより『増税の前にやるべきことがある』と申し上げ、今回の増税には反対の立場を貫いてきました。 そこで、我々が増税の前にやるべきこととして挙げている政策課題について改めて述べてみたいと思います。 景気の回復まで増税の凍結を 政策課題の第一はデフレから脱却して景気の本格的な回復を図ることです... [ 続きを見る» ]

「東京都知事選挙への思い」活動レポート新春号(その2)

2014年01月01日 (水)

東京知事選挙は政策重視で 猪瀬直樹氏が東京都知事を辞職したため、東京都知事選挙が行われることとなりました。残念なことは最近数回の都知事選において、誰が立候補するかという報道ばかりが先行していることです。知名度のみの競争における都知事選ではせっかく首都東京の顔を選ぶのに少しさびしい気がします。誰が出るのかではなく、どういう政策を打ち出す人が出るのかという点にマスコミの報道もシフトしてもらえれば... [ 続きを見る» ]

「謹賀新年」活動レポート新春号(その1)

2014年01月01日 (水)

  あけましておめでとうございます 昨年はみんなの党の離党騒動で皆様に大変ご心配をおかけしましたことを心よりお詫び申し上げます。本年は、残りました議員全員で一致結束して、私共が本来訴えていた政策を一切ぶれることなく実現に向けて活動する年にすることをお誓い致します。党運営の責任は幹事長にありますので、党を活性化して引き続き政策の実現を目指して参ります。みんなの党が結党以来訴えて... [ 続きを見る» ]

「中国の防空識別圏設置により惹起される集団的自衛権の議論」活動レポート12月号

2013年12月09日 (月)

わが国は中国に強く抗議した 中国が防空識別圏を沖縄県の尖閣諸島(中国名・釣魚島)を含む東シナ海上空の広い範囲に設置しました。 この防空識別圏はわが国のそれと違い、公海上の空域もあたかも中国の排他的な管轄権が及ぶ領域としている点で大きな問題を抱えています。 こうしたことに対して、わが国の政府として強い抗議を中国に行うのは当然のことです。 集団的自衛権をめぐる考え方 ここで問題になる... [ 続きを見る» ]

「臨時国会における予算委員会の質疑で見えてきたもの」活動レポート11月号

2013年11月05日 (火)

歳入庁設置の後退を危惧する10月22日の予算委員会の質疑に立ち、内政を中心として具体的な政策提言を行いました。(※予算委員会の模様はこちら)最初に、国税庁と日本年金機構の徴収部門の機能の統合による歳入庁設置が安倍政権になってからかなり後ろ向きになっているのでこの点について質しました。歳入庁設置は民主党政権下の消費税増税法案に、「年金保険料徴収体制強化等について、歳入庁その他の方策の有... [ 続きを見る» ]

「歳入庁設置の議論を粘り強く展開する」活動レポート10月号

2013年10月05日 (土)

  不公平の是正のために 臨時国会の開会前に安倍総理が消費税引き上げの決断をしました。 今回の消費税増税は税と社会保障改革のためという理由で行われますが、社会保障の重要な財源である保険料収入については不公平の是正もなされず、徴収の非効率も放置されたままです。 不公平の是正のためには、国税庁と日本年金機構の徴収部門の機能の統合が不可避であり、そのための法案を参議院議員選... [ 続きを見る» ]

「政治家の使命」 活動レポート9月号

2013年09月07日 (土)

政治家の使命は政策の実現である 政治家の使命とはなんでしょうか?私は政策の実現だと考えております。政治家は政策の実現を通じてより良い世の中を形成し、実現したことに対して結果責任を負います。そして、間接民主主義の制度の下では、政治家一人一人の力では政策の実現が難しいので、特に国政においては、政党を通じての政策実現が一般的な有り様となっております。つまり、政党は政策実現のための器ということに... [ 続きを見る» ]

「参議院議員選挙の結果と今後の進むべき道」活動レポート8月号

2013年08月05日 (月)

訴えは徹底した規制改革中心の成長戦略 参議院議員選挙が終わりました。私も、みんなの党の政調会長兼選挙対策委員長として全国20都道府県を応援演説で回りましたが、各地で温かいご声援を頂きましたことに心より感謝申し上げたいと思います。私が選挙で主に訴えましたのは、経済の活性化のためには徹底した規制改革中心の成長戦略が必要で、そして、その実現のためには既得権の打破が必要だということでした。 選... [ 続きを見る» ]

湘南の風 あさお慶一郎の日記

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ