あさお慶一郎(衆議院議員 神奈川4区)

湘南の風

「パリのテロ事件に想うこと(世界の現実と理想)」活動レポート2015年12月号

2015年12月02日 (水)

パリでのIS(イスラム国)によるテロ事件の直後に、早稲田大学国際教養学部教授で、北朝鮮問題における著名な研究者である重村智計先生の“Japanese Politics and Statesman”という講座で講義をする機会をいただきました。国際教養学部の学生は各国から来ていますので、パリでのテロへの関心は高かったようです。 社会と適合できずに過激な行為に走る可能性がある 印象的だったのは、... [ 続きを見る» ]

「TPP大筋合意の意義について」活動レポート2015年11月号

2015年11月03日 (火)

  最大のメリットはサービス・投資の自由化の進展である 環太平洋パートナシップ(TPP)協定が大筋合意に達しました。 TPP参加国の世界のGDPに占める割合は、米国の22.3%、わが国の5.9%など2014年ベースで36.3%を占めます。 そして、アジア太平洋地域は今後も成長が見込める地域であることは間違いありません。 TPPによりわが国のFTAカバー率は、22.3... [ 続きを見る» ]

「国から8億円返還命令を受ける」 活動レポート2015年10月号

2015年10月02日 (金)

総務省から9月25日付で8億円を超えるみんなの党政党交付金に対する返還命令を受けました。正確には、825,999,942円です。この返還命令は突然来た訳ではなく、予定をしていたので、慌てることはありませんでしたが、私の名前でこれだけ大きな金額の支払いをするのは初めてですから、さすがに、その命令書を見た時には感慨を覚えました。 みんなの党は税金の無駄使いをなくすと訴えていました 昨年末に... [ 続きを見る» ]

「歴史から何を学ぶか」 活動レポート2015年9月号

2015年09月04日 (金)

今年は第二次世界大戦の教訓から何を学ぶかが政治家にとっても問われる年になりました。 そこで、日米戦争がなぜ起きたか、今後の国際政治をどのように動かせばよいのか考えてみました。 日米戦争がなぜ起きたか? 日米戦争(太平洋戦争)がなぜ起きたか、日米の国力の差が明確であったのになぜ米国と戦争を行うという決断を当時の指導者が下したのか。 このことを考える上でおさらいをしなければいけないのは、1... [ 続きを見る» ]

成長が期待される日本の新産業分野~元気で長生きできる国「日本」 活動レポート2015年8月号

2015年08月03日 (月)

「わが国が世界一であるものは何でしょうか」という問いでなかなか答えとして思い浮かばないものがあります。100歳以上の人口は現在、おそらく世界一でしょう。わが国は2013年に100歳以上の方が5万4397人でした。アメリカも同時点で5万人を超えていましたが、ここ数年の伸びを考えるとわが国が世界一のようです。また、新生児死亡率は、1000人中1人でアイスランドやシンガポールなどと並び世界最少です。... [ 続きを見る» ]

「安全保障法制を巡る論点」 活動レポート2015年7月号

2015年07月09日 (木)

安全保障に関わる法案を成立させることを念頭に、通常国会が9月まで大幅に延長されました。 この法案を巡っては以下のような国民的な論点が提示されています。 一つは、「日本が再び国策を誤る戦争をする国になるのではないか」ということであり、もう一つは、「集団的自衛権は従来内閣法制局が憲法違反としてきたので、今回の法制も憲法違反ではないか」というものです。 憲法違反か否かは歴史的な解釈が変... [ 続きを見る» ]

「社会保険制度を巡る課題」 活動レポート2015年6月号

2015年06月02日 (火)

公正な社会を構築するために もともと、大企業や役所にのみ存在していた年金や健康保険の制度を、国民すべてが加入する皆年金、皆保険に言わば増築をして構築した制度が現在の社会保障制度です。 働き方や働く場所の違いで異なる制度に加入する結果、誰もが収入に応じて同じ割合で保険料を負担する公正な制度になっていません。 こうした社会保障制度を公正な制度に改める必要があります。 社会保険制度の課題... [ 続きを見る» ]

「日本の抱える最大の課題」活動レポート2015年5月号

2015年05月22日 (金)

統一地方選挙ではわが国が抱える最大の課題についての議論が盛り上がりませんでした 統一地方選挙が終了しました。 この選挙では、わが国が抱える最大の課題について各地域でどのように対応するのかということについての議論が期待されていました。 しかしながら、この議論があまり盛り上がらなかったという印象を受けました。 従って、投票率も、一般的には、前回を下回りました。 そこで、もう一度、現在... [ 続きを見る» ]

「国際機関で働く日本人の支援体制と育成」 活動レポート2015年4月号

2015年04月07日 (火)

日本人が国際機関で働くための問題点を考えてみます 過日会議で、通商産業省(現 経済産業省)に入省し、その後、世界貿易機関(WTO)の事務局職員として転籍をした友人と会い、国際機関の事務局で働く日本人職員について意見交換をしました。 国際機関と言っても多種のものが存在しますが、WTOのように経済関係の機関は、特に、そこで働く日本人の数が少ないようです。 そこで、なぜ国際機関で働く日本人... [ 続きを見る» ]

「戦後70周年談話と他国の安全保障政策」 活動レポート2015年3月号

2015年03月09日 (月)

今年は、第二次世界大戦後70周年の年です。 そのため、わが国においては、戦後70周年にあたり、総理がいかなる談話を発表するかが一つの政治的な論点になっております。 そこで、戦後70周年における日本と他国の安全保障について考えてみたいと思います。 日本とウクライナの違いを考えてみます 島国である日本は幸いして、他国によって領土が分断されたり、明治維新後に獲得した領土を除いて国境線が変... [ 続きを見る» ]

湘南の風 あさお慶一郎の日記

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ