あさお慶一郎(衆議院議員 神奈川4区)

湘南の風

あさお慶一郎 一貫する政策 「教育~格差をなくす“投資”」(総選挙2017)

2017年10月12日 (木)

Facebookページでも政策や活動報告などを掲載しています。 自民党が打ち出した「人づくり革命」には、子供たちの教育に積極的な支援を行うという内容があります。 ・20年度までに3~5歳はすべて、0~2歳は低所得世帯で無償化 ・所得が低い家庭に限り高等教育を無償化 ・年内に2兆円規模の政策パッケージ 特に、親の収入格差による教育機会の不公平が生じる状況は是正されねばなりません。 子... [ 続きを見る» ]

あさお慶一郎 一貫する政策 「経済政策~その具体策」(総選挙2017)

2017年10月12日 (木)

Facebookページでも政策や活動報告などを掲載しています。 「将来の為に前向きな政策を」という2011年3月の投稿があります。 当時の民主党政権が行っていた経済政策は、未来を見ないその場しのぎのものばかりでした。 たとえば雇用調整助成金の強化。あるいは売り上げが減少した企業を対象にした金融モラトリアム法案。 これらは未来永劫続けることが困難な、未来のない政策です。 私はそれに対し... [ 続きを見る» ]

あさお慶一郎 一貫する政策 「北朝鮮問題~18年前と今」(総選挙2017)

2017年10月12日 (木)

Facebookページでも政策や活動報告などを掲載しています。 北朝鮮に関してはこれまで私も多くの投稿をしてきました。最も古いものは平成11年に「月刊文藝春秋」に掲載された論考になります。自民党 山本一太参議院議員との共同寄稿です。 1998年10月、私は超党派の有志議員と共に「北朝鮮に対する戦略的外交を考える会」を立ち上げました。 そして1999年5月、有志を募り自費で韓国に向かいまし... [ 続きを見る» ]

あさお慶一郎 一貫する政策 「生産性の向上~豊かな生活」(総選挙2017)

2017年10月11日 (水)

Facebookページでも政策や活動報告などを掲載しています。 政府が少子高齢化対策として集中的に行おうとしている成長戦略の一つが「生産性革命」です。 私も過去、何度も生産性向上策を訴えてまいりました。 今、生産性向上政策を集中的に投下する必要があります。 それは、短期的には最低賃金の引き上げ、中長期的には最先端技術や基礎科学への投資になります。 2016年10月の記事でも生産性向... [ 続きを見る» ]

Facebookページでも政策や活動報告などを掲載しています(総選挙2017)

2017年10月10日 (火)

Facebookページでも政策や活動報告などを掲載しています。 今回は、『人で選ぶ選挙!』 この地から、本物の政治家を! 前衆議院議員 神奈川4区(横浜市栄区、鎌倉市、逗子市、葉山町) 浅尾慶一郎

「人で選ぶ選挙」活動レポート2017年10月特別号(総選挙2017)

2017年10月10日 (火)

予想されていなかった総選挙 大方の予想を裏切り、衆議院が解散されました。 慌てたメディアは「大義の不在」と総理の決断を批判しますが、そこには大きな視点が欠落しています。 それは、本来衆議院選挙は政権選択の選挙ですが、そうした報道が一切なされていないことに表れております。 多くの有権者・国民の皆さんは、10月22日の審判によって新しい政権が誕生するとは考えていないでしょう。 政権選択の... [ 続きを見る» ]

「人工光合成への一歩」活動レポート2017年9月号

2017年09月04日 (月)

人類の活動の源になる光合成 今月はちょっと夢のある話をしましょう。 私はかねてより、植物が行う光合成を人工的に行える様にすることが出来れば、我国の国力を高め、環境問題の解決にも寄与すると訴えて参りました。 植物は空気中や水中にある二酸化炭素と水を光のエネルギーだけを使って、ブドウ糖と酸素に変換しております。 太陽のエネルギーを貯めておく材料として、地球上にまんべんなく存在する二酸化炭素... [ 続きを見る» ]

「大学の定員管理厳格化の視点から見た獣医学部の新設」活動レポート2017年8月号

2017年08月01日 (火)

高まらない入学定員超過問題への関心 加計学園の獣医学部新設を巡る混乱が続いています。国会では閉会中審査も行われました。 メディアを中心に議論が沸騰する反面、文科省が昨年度から手掛けてきた入学定員超過問題にはなかなか関心が高まりません。 定員超過する私立大学への対抗措置として、経費補助率を段階的に厳しくしているという対策です。 従来、収容定員8000人以上の大規模大学であれば、学生数が定... [ 続きを見る» ]

国際シンポジウム・アカデミックリーダーセミナー「国際政治における核兵器の意義とは?」にパネリストとして参加

2017年07月31日 (月)

7月29日、早稲田大学SGU実証政治経済学拠点が主催するシンポジウム・アカデミックリーダーセミナーにパネリストとして参加いたしました。 「国際政治における核兵器の意義とは?」をテーマに、核兵器の脅威と日本及び東アジアの国際関係について語り合いました。 講演者: スタンフォード大学 ジェームス・フィアロン教授 パネリスト: 浅尾慶一郎(衆議院議員) 安藤優子氏(ジャーナリスト) ... [ 続きを見る» ]

「成長戦略としての働き方改革」活動レポート2017年7月号

2017年07月03日 (月)

国民負担割合を高めない為に必須の成長戦略 成長戦略の目的とは、何でしょうか。いうまでもなく日本のGDPを高めることです。 もうこれ以上成長しなくても良いという考えの方もいらっしゃいますが、私はこの考え方に与しません。 何故ならば、今後ますます増えることが予想される社会保障費用を賄うためにも、成長が必須だからです。 一人当たりの国民所得が増えて行かなければ、国民の負担は高まるばかりで... [ 続きを見る» ]

湘南の風 あさお慶一郎の日記

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ