あさお慶一郎(衆議院議員 神奈川4区)

湘南の風

『海外子女教育』座談会に参加して

2004年09月03日 (金)

先日、「40歳になった帰国子女」というタイトルで月刊誌『海外子女教育』の座談会に参加した。海外子女教育振興財団(http://www.joes.or.jp/index.html)の発行の同誌は、現在海外にいるお子さんと海外から帰国されたお子さんの教育問題を中心に扱っている。当日は司会者の方も含め、参加した4人共小学校、中学校、高校までのいずれかの時期を海外で過ごした経験を有しており、それぞれの... [ 続きを見る» ]

財政金融委員長に就任

2004年08月01日 (日)

7月11日に参議院選挙が終わりお陰様で856,504票を頂き再選を果たすことが出来ました。考えられる選挙の争点は様々有りましたが、私は敢えて争点を年金問題に絞って訴えることにしました。理由は、私自身、厚生労働委員会でこの問題にずっと取り組み、そして国民的関心が高かったことはもちろんですが、あの法案成立の過程にこそ、現在の政治のその場しのぎで本格的な議論を避ける本質が隠されていると感じたからです... [ 続きを見る» ]

年金法案について

2004年06月06日 (日)

6月3日(木)より5日(土)未明まで年金法案の審議及び採決の為、国会に張り付きでした。私は、厚生労働委員会所属ですので3日の小泉総理出席の委員会審議も出席していました。テレビで御覧になった方もいらっしゃるかもしれませんが、まだ3名の委員の方の小泉総理への質疑を残しての強行採決でしたので、私もつい興奮して委員長席に駆け上がって抗議してしまいました。今回の法案による改正の重要な柱に、「マクロ経済ス... [ 続きを見る» ]

国民年金保険料徴収時効額 8兆円

2004年04月16日 (金)

先般、予算委員会で未納の国民年金保険料問題を取り上げ、その後、実情について内閣に対して質問趣意書を出しておいたが、本日その回答が来た。回答の中身は驚愕するものであった。時効で消滅してしまった年金保険料、つまり徴収出来なくなってしまった保険料は8兆円を超える。社会保険庁は、時効になった人はその分年金がもらえないから良いのだと言う様な説明をしているが、もしそれが通るなら給料から保険料が天引きがされ... [ 続きを見る» ]

年金制度の改革の前に取り組むべきこと

2004年04月03日 (土)

後半国会の最大の課題は年金法案だ。報道の通り、政府案では厚生年金や共済年金については本年10月から、国民年金については来年4月から各々2017年まで毎年、毎年保険の料率が14回あるいは13回に渡って引き上げられる。併せて年金の給付は段階的に引き下げられる。理由は少子高齢化が進展し、財源が不足したことにあるが、支払い免除を受けた方を除いても国民年金の未加入・未納者が4割に迫ろうとしていることも間... [ 続きを見る» ]

米国大統領選について

2004年03月02日 (火)

本年は私自身の改選の年ですが、先日ブッシュ大統領の選挙参謀の方の話を聞く機会がありましたので、今年同じく選挙が行なわれる米国大統領選挙についてまとめてみました。4年前の米国大統領選挙では、総得票数でゴア候補がブッシュ大統領の票数を上回る程の大接戦であり、最終的にはフロリダ州の結果でブッシュ氏が大統領に当選したことは既にご案内の通りです。今回も大変な接戦が予想されると共和党の選挙参謀も認めており... [ 続きを見る» ]

地方分権の目指す先

2004年02月04日 (水)

昨日、松沢神奈川県知事、中田横浜市長、木村剛Kfi社長をパネリストに、私がコーディネーターを勤めて、地方分権をテーマにしたシンポジウムを横浜で開催しました。その中の議論でも明らかになりましたが、中央政府から地方に財源と権限を移していくことの最大の利点は、責任の所在をはっきりさせることです。地域で集めた税金で地域のことを運営する様にすれば、様々な支出に対して住民の監視の目も行き渡るし、本当に必要... [ 続きを見る» ]

新年を迎えて

2004年01月04日 (日)

明けましておめでとうございます。既に報道されている通りですが、今年の政治は対外的にはイラクの問題や北朝鮮との関係を中心とした北東アジアの情勢が大きな課題となるでしょうし、国内的には特に若年層や中高年層の雇用の問題を中心とした景気・経済の問題が課題となるでしょう。その議論の中で、引き続き年金を中心とした社会保障についても、持続可能な制度の設計が求められるのは申すまでもありません。しかし、年頭の国... [ 続きを見る» ]

三位一体改革についての私見

2003年11月30日 (日)

イラクで我国外交官が殺害されたことについて、強い憤りを覚えると共に犠牲になられた方のご家族へ心からの哀悼を表したいと思います。そして、イラクへの自衛隊派遣についての私の考えについてはコラムを改めて触れていきたいと思います。予算編成の時期となりました。今回の予算編成において本来一番の柱となるべき点は地方自治体への税源の移譲、補助金の縮小・廃止、そして地方交付税の縮小といういわゆる三位一体の改革に... [ 続きを見る» ]

総選挙で問われるもの

2003年10月28日 (火)

本日、衆議院選挙が告示されました。申すまでもなく今回の選挙は様々な課題が問われる選挙ですが、一つ大切な視点は掲げた政策を如何に実現する制度を作れるかどうかではないでしょうか。私はその為に、各省の局長クラス以上については政治任用にし、時の政権が掲げる政策に賛成の人間を登用出来る制度に改めるべきだと思います。この制度にこだわる理由は改革を唱えても官僚機構の面従腹背で実現出来ない現状があります。小泉... [ 続きを見る» ]

湘南の風 あさお慶一郎の日記

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ