あさお慶一郎(衆議院議員 神奈川4区)

湘南の風

カントリーリスクを心配される日本

2003年04月17日 (木)

本日、興銀時代の同僚に久しぶりに会った。彼は今ある外資系の金融機関に転職しているが、彼の会社ではまじめに日本のカントリーリスクを心配しているという。彼は、国際部に所属しており日本担当であるが、直属の上司は国際部門のナンバー2で途上国担当とのこと。日本国のレーティングがボツアナ並みに引き下げられたとの報道がかつてなされたが、外資系金融機関で現実に我が国は途上国に属する扱いを受けていることを聞いたのは... [ 続きを見る» ]

SARSに関するヒアリング

2003年04月16日 (水)

今朝、民主党厚生労働部門で重症急性呼吸器症候群(SARS)についての対応状況を厚生労働省にヒアリングした。医療の実態について、全くの素人の私が感じたことをお知らせするのも、以外と参考になるかと思うので以下記します。15日の段階で、我が国国内における感染の可能性としては、まだ結論を得ていないケースが1件存在するのみとのこと。ちなみに、疑い例と可能性例があり、我が国における累計での報告はそれぞれ、36... [ 続きを見る» ]

求められる社会像と政策

2003年04月03日 (木)

マニュフェストという言葉が政界周辺ではやりだしている。具体的な意味は実現時期をも盛り込んだ政策集という風に考えれば良いと思う。きれいな環境の社会を作るとか、人に優しい福祉社会を目指すというのはスローガンで誰もが反対しないものであるが、具体的な政策とは言えない。そうしたものは実現されたかの検証が難しく、結果として公約実現の評価が出来ない。必要なのは理想とする社会像を示し、そこに至る道筋を掲げることで... [ 続きを見る» ]

アメリカ出張報告

2003年02月09日 (日)

7日に米国ワシントンから帰って参りました。2泊4日のスケジュールで結構慌ただしかったですが、イラク攻撃が報道される中で、米国の議員や研究者と本音の意見交換が出来たこと、ブッシュ大統領の演説をその場で聞けたこと等収穫は大きかったと思います。米国の議員との意見交換は日本、ノルウェー、アルバニア、コスタリカの議員が参加してイラク攻撃の問題について話しましたので二国間の議員の意見交換というよりも多国間の議... [ 続きを見る» ]

アメリカに行ってきます

2003年02月03日 (月)

明日4日から、7日まで米国ワシントンに出張してきます。国会開会中の国外出張は当然参議院の了承事項であり、基本的にはあまり出かけない様にしております。今回の出張の目的は年に一度米国大統領も列席のもと開催されるナショナルプレヤーズブレックファストに参加する為です。ちなみに、プレヤーズブレックファストとは、キリストの名の下にすべての宗教の者が相互理解や和解の為に話し合い、祈りを捧げる朝食会です。イラク攻... [ 続きを見る» ]

成人式に参加して

2003年01月15日 (水)

本日は成人の日。私もいくつかの成人式の式典に参加した。私が参加した式典では、多少の私語はあったものの全体的には落ち着いた雰囲気の中での成人式であった。そして、新成人の顔を見ながらふと、今日から20年後の日本はどうなるかについて考えてみた。20年後の日本を考える場合には、まず20年前の日本と現在を比較して、そこから20年後の日本を考察する手法が考えられる。20年前の人口が1億1,953万人、現在の人... [ 続きを見る» ]

湘南の風 あさお慶一郎の日記

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ