あさお慶一郎(前衆議院議員 神奈川4区)

湘南の風

活動レポート2017年選挙特別号

2017年10月21日 (土)

今回は、『人で選ぶ選挙!』
この地から、本物の政治家を!


戦いに臨むにあたって


またも〝真価〟が問われる一戦に自らを追い込む

比例復活などという甘えた〝保険〟はありません。それが無所属での立候補です。
この選挙、私は、『人で選ぶ』選挙だと思っています。
人物本位で有権者から厳しく審査される選挙、つまり、国会議員として最も相応しい人物に一票が投じられる選挙です。
そんな選挙にそもそも比例復活など、相応しくありません。比例区の浮き輪など不要です。
私自身の22年間。神奈川4区における政治活動。国会を通じた政策の発信。
20年間の議員活動のすべてが、みなさまの審判にも十分耐え得るものだった。そう確信しています。


誰にでも何度でもチャンスのある社会を創る

最初に訴えたい政策は何か。『誰にでも何度でもチャンスのある社会を創る』です。
私の政治家としての原点であり、信念です。
チャンスが何度でも訪れる社会には希望があり、一人一人が希望を失わなければ社会も活気を維持できます。
その活気はめぐりめぐって再び国民に活力をもたらします。
一度ならずも二度、三度と人生にチャンスが巡ってくる社会には健全な競争が保たれ、硬直化を防ぎ、既得権益が蔓延することも防いでくれます。
この考え方は、一つひとつの政策に一々反映されるものではありませんが、どんな政策を考えるときにも必ずこの発想を失わず、行動に反映させることが大切なのです。
その点、私は自信をもって有権者の方々と向き合うことができるのです。
無所属という厳しい選択であっても、胸を張って人物本位の闘いに身を投じることができるのです。


8つの実績・政策

今回の選挙は、政権選択の選挙ではありません。
一方で、7月の東京都議会議員選挙で自民党が惨敗したことからも、政治への不信感も問われるでしょう。
だから、今回は、『人で選ぶ』選挙なのです。
有権者の皆様の判断資料として、裏面に、私の8つの実績・政策を載せております。
実績として、北朝鮮への送金停止を可能とする外為法改正案の成立、公務員の「有給」休息時間の廃止、政党交付金14億円の国庫への返還の3つを挙げています。
主な政策では、投資喚起の為の自由償却制度、転廃業支援の経済政策、中核都市の整備による合計特殊出生率を引き上げる少子化対策、GDPに占める教育の国庫支出を欧米並みに引き上げる教育政策の3つを訴えています。


体制内改革の実現を!

無所属で、どのように政策を実現するのかとの疑問もあるでしょうが、私は、9月27日付けで自由民主党に入党をしています。
政策を実現するという意味での環境を整えています。
体制の中から様々な改革政策を実現し、より良い日本を作る為に政策を曲げずに改革に取り組む所存です。
引き続き、あさお慶一郎へのご支援を賜りますようにお願い致します。

前衆議院議員 神奈川4区(横浜市栄区、鎌倉市、逗子市、葉山町)
浅尾慶一郎

 

↓画像をクリックするとPDFファイルが開きます

 

湘南の風 あさお慶一郎の日記

あさお慶一郎 公式SNSサイト

このページのトップへ